• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 織田きもの専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 上田 伽羅(きあら)さん(きもの科/きものアドバイザー)

東京都認可/専修学校/東京

オダキモノセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

きものアドバイザー  として働く  上田 伽羅(きあら)さん  にインタビュー!

  • サービス業界
  • 美容・ファッション業界
  • 販売職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

一緒に選び抜いた花嫁衣裳で、ご婚礼当日を迎えたお客様。私も、幸せいっぱいです!

この仕事の魅力・やりがい

伝統ある結婚式場・明治記念館の衣裳スタッフとして、ご婚礼を挙げるご新郎・ご新婦様の衣裳決めから式当日の衣裳まわりのお手伝いまで、幅広く担当しています。お客様の大切な一日を彩る重要な仕事といえるでしょう。格式高い花嫁衣裳「白無垢」や、お色直しの衣裳「色打掛」など、いずれも300着以上ご用意していることから、ご新婦様の衣裳選びでは多くの皆様が悩まれます。1度、2度とご来館いただく中で、着物の柄一つひとつに込められた意味をご説明したり、ご試着で確かめていただいたり。こうして10着、20着から始まったものが、選びに選び抜いた1着に決まり「ありがとう」と言って頂けた時は、本当に大きなやりがいを実感しますね。

きものアドバイザーとして働く上田 伽羅(きあら)さん

最もご満足いただける一着を、お客様と一緒に選びます

きものアドバイザーとして働く上田 伽羅(きあら)さん
私の学生時代!

色打掛には当館を代表する「金鶏(キンケイ)柄」も!

私の学生時代!

専攻科3年次のヨーロッパ研修では、オランダで開催されたジャパン・フェスティバルに参加しました。日蘭の文化交流を目的とするこのイベントで、私たち織田の学生は教会を会場に自らデザイン・染色したきものを一堂にまとい、ファッションショーを開催したのです。ショー当日はリハーサルから見学者が押し寄せるほどの盛況ぶりで、たくさんの拍手をいただきました。また、学内コンテスト「ODA Fashion Design Competition」では、自らデザインしたきものを発表。私の作品を着たプロモデルがランウェイを歩く姿を見た時は、嬉しかったですね。国内外で日本の伝統文化「きもの」を発信する機会にも恵まれた、充実の学生生活でしたよ。

これからかなえたい夢・目標

明治建築として名高い本館前には、庭園が広がります

これからかなえたい夢・目標

日々新たな知識や技術を得ることに追われ、入社一年目はあっという間に過ぎました。研修を経て本格的な接客を秋からスタート。これまでに担当したお客様は20組を超えます。ブライダル衣裳のプロとして、学ばなければらないことはまだ山ほどあります。それでも、和裁や着付けの技術はもちろん、きものの文様や技法、織りに関する知識など、織田で学んだことが仕事をする上で大きなベースになっていると実感しますね。今年の新年は、きもので初詣に参拝しました。きものを着ると一段と気が引き締まり、自分の原点に戻るような気持ちになります。そのような「きもの」の素晴らしさをブライダルを通じて、より多くの皆様にお伝えしていきたいです。

プロフィール

上田 伽羅(きあら)さん のプロフィール

明治記念館 商品開発部衣裳営業課/きもの専攻科/2015年3月卒/子どもの頃からバレエを習っていた上田さん。高校時代はバレエ衣裳「チュチュ」の作り手になりたいと考え、当初はファッションの道へ進むことを考えていたという。しかし、偶然参加した織田きもの専門学校のオープンキャンパスが転機となる。先輩や先生たちに囲まれた和やかな雰囲気のもとすっかり「きもの」の美に魅せられ、織田きもの専門学校への入学を決意したと明かす。「国際的なイベントの開催を続々と控えて日本に注目が集まる今、あらためて日本の伝統文化を学ぶことは、とても大切だと思います。織田は日本の伝統文化としての『きもの』を、しっかり学べる環境ですよ」。

この先輩が卒業したのは…

織田きもの専門学校 きもの科

学校イメージ

伝統的なきものを「トータルに学ぶ」ことができるのが、きもの科の特長です。1年次は被服構成、着付け、スタイル画を始めとする基礎のほか、カラー、意匠図案、日本刺繍、ヘアメイク・ネイルなど、きものに関するあらゆる知識と技術を学びます。2年次はきものをより「早く、美しく、正確に」仕立てる高度な応用技術を習得。その上で染色、意匠図案、ヘアメイク・ネイルなど、コーディネートコースとテクニカルコースに分かれてより専門的なノウハウを学んでいきます。さらに上を目指したいという学生は、きもの専攻科(昼間部・1年制)に進みます。それまでに身につけた技術・知識をベースに、毎日の実習で高度な和裁技術を修得していきます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
織田きもの専門学校(専修学校/東京)