• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岐阜
  • 朝日大学
  • 奨学金

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅰ種(経営学部)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者又は経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の全国大会若しくは都道府県大会等において特に優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の100%
68.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅱ種(経営学部)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者または経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の都道府県大会等において優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅰ種(経営学部)

対象
一般入試:
一般入試において総点の80%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
大学入試センター試験利用入試:
大学入試センター試験利用入試において総点の70%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
給付額
授業料の100%
68.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅱ種(経営学部)

対象
指定校推薦入試・一般推薦入試・信長(AO)入試:
高等学校の全体の評定平均値が3.5以上の者
一般入試:
一般入試において総点の65%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.2以上の者
大学入学センター試験利用入試:
大学入学センター試験利用入試において総点の60%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における評定平均値が3.2以上の者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】修学支援奨学金(経営学部)

対象
全ての入試:
前年の父母の合算所得が400万円未満の場合(学業奨励奨学金、会計奨励奨学金、吹奏楽奨励奨学金、スポーツ奨励奨学金の受給者を除く)
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※修学支援奨学金受給者の2年次以降の継続については、所定の所得基準に該当する者は申請できます。

【給付型】吹奏楽奨励奨学金(経営学部)

対象
吹奏楽推薦入試:
吹奏楽の全国大会出場にコンクールメンバーとして出場した実績のある者で、入学後は本学吹奏楽部に所属し、活動と学業を両立できる者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※吹奏楽奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のクラブ活動実績と学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】会計奨励奨学金 Ⅰ種(経営学部/経営学科)

対象
会計推薦入試:
出願時において、日商簿記検定1級又は全国経理教育協会簿記能力試験上級に合格しており、出身高等学校長から推薦された者
給付額
授業料の100%
68.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
(入学後に経営学科「会計・ファイナンス領域」で学ぶ者が対象)
※会計奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】会計奨励奨学金 Ⅱ種(経営学部/経営学科)

対象
会計推薦入試・一般推薦入試・信長(AO)入試:
出願時において、日商簿記検定2級に合格しており、出身高等学校長から推薦された者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
(入学後に経営学科「会計・ファイナンス領域」で学ぶ者が対象)
※会計奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学資借入支援奨学金制度(歯学部)

対象
学費支弁者の前年度の課税所得が2,000万円以下の方
給付額
本学が別に定める奨学金給付額の算定の基礎となる基準に、本学が別に定める奨学金給付率を乗じて算定

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅰ種(法学部)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者又は経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の全国大会若しくは都道府県大会等において特に優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の100%
68.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅱ種(法学部)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者または経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の都道府県大会等において優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅰ種(法学部)

対象
一般入試:
一般入試において総点の80%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
大学入試センター試験利用入試:
大学入試センター試験利用入試において総点の70%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
給付額
授業料の100%
68.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅱ種(法学部)

対象
指定校推薦入試・一般推薦入試・信長(AO)入試:高等学校の全体の評定平均値が3.5以上の者
一般入試:
一般入試において総点の65%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.2以上の者
大学入学センター試験利用入試:
大学入学センター試験利用入試において総点の60%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における評定平均値が3.2以上の者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】修学支援奨学金(法学部)

対象
全ての入試:
前年の父母の合算所得が400万円未満の場合(学業奨励奨学金、会計奨励奨学金、吹奏楽奨励奨学金、スポーツ奨励奨学金の受給者を除く)
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※修学支援奨学金受給者の2年次以降の継続については、所定の所得基準に該当する者は申請できます。

【給付型】吹奏楽奨励奨学金(法学部)

対象
吹奏楽推薦入試:
吹奏楽の全国大会出場にコンクールメンバーとして出場した実績のある者で、入学後は本学吹奏楽部に所属し、活動と学業を両立できる者
給付額
授業料の50%相当
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※吹奏楽奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のクラブ活動実績と学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】看護学科特別奨学金 Ⅰ種(保健医療学部/看護学科)

対象
一般入試Ⅰ期・大学入試センター試験利用入試Ⅰ期の合格者のうち成績上位の者
給付額
授業料の100%
72.5万円/年
最高4年間継続
人数
5名
備考
※一般入試Ⅰ期・大学入試センター試験利用入試Ⅰ期の合格発表と同時に奨学金給付の結果を発表(合格通知に同封)します。
※2年次以降は学業成績により給付を決定します。

【給付型】看護学科特別奨学金 Ⅱ種(保健医療学部/看護学科)

対象
一般入試Ⅰ期・大学入試センター試験利用入試Ⅰ期の合格者のうちⅠ種の対象者5名を除く成績上位の者
給付額
授業料の50%相当
36万円/年
最高4年間継続
人数
15名
備考
※一般入試Ⅰ期・大学入試センター試験利用入試Ⅰ期の合格発表と同時に奨学金給付の結果を発表(合格通知に同封)します。
※2年次以降は学業成績により給付を決定します。

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅰ種(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者又は経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の全国大会若しくは都道府県大会等において特に優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の100%
72.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】スポーツ奨励奨学金 Ⅱ種(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
スポーツ推薦入試:
勉学意欲が高く人物良好な者または経済的支援を必要とする者であって、本学が指定するスポーツ競技の都道府県大会等において優れた競技実績をおさめた者又は所属クラブの運営に大いに貢献した者
給付額
授業料の50%相当
36万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※スポーツ奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のスポーツ活動実績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅰ種(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
一般入試:
一般入試において総点の80%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
大学入試センター試験利用入試:
大学入試センター試験利用入試において総点の70%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.5以上の者
給付額
授業料の100%
72.5万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】学業奨励奨学金 Ⅱ種(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
指定校推薦入試・一般推薦入試・信長(AO)入試:高等学校の全体の評定平均値が3.5以上の者
一般入試:
一般入試において総点の65%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における全体の評定平均値が3.2以上の者
大学入学センター試験利用入試:
大学入学センター試験利用入試において総点の60%以上を取得した合格者のうち出願時の高等学校における評定平均値が3.2以上の者
給付額
授業料の50%相当
36万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※高卒程度認定試験合格者、大検合格者及び高校卒業後複数年が経過し調査書の提出が困難な者については、奨学金の給付対象から除外します。
※学業奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度の学業成績等を審査のうえ決定します。

【給付型】修学支援奨学金(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
全ての入試:
前年の父母の合算所得が400万円未満の場合(学業奨励奨学金、会計奨励奨学金、吹奏楽奨励奨学金、スポーツ奨励奨学金の受給者を除く)
給付額
授業料の50%相当
36万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※修学支援奨学金受給者の2年次以降の継続については、所定の所得基準に該当する者は申請できます。

【給付型】吹奏楽奨励奨学金(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
吹奏楽推薦入試:
吹奏楽の全国大会出場にコンクールメンバーとして出場した実績のある者で、入学後は本学吹奏楽部に所属し、活動と学業を両立できる者
給付額
授業料の約50%
34万円/年
最高4年間継続
人数
有資格者は全員
備考
※吹奏楽奨励奨学金受給者の2年次以降の継続については、前年度のクラブ活動実績と学業成績等を審査のうえ決定します。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的理由により就学に困難がある者
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的理由により就学に困難がある者
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
優れた学生で経済的理由により就学に困難がある者
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円から120,000円までの10,000円単位の金額から選択
利子
利子

【貸与型】朝日大学・みずほ銀行提携奨学融資制度(経営学部)

対象
◆年収基準:前年度500万円以上
◆完済時年齢:71歳未満
◆連帯保証人:原則1名※学生の連帯保証は必須(成人後)
◆団体信用生命保険:加入必須※保険会社により加入が認められる方
貸与(総額)
融資限度額:3,680,000円
返還詳細
返還期間:最長30年
募集時期
・新入生:願書出願最終日より30日前
・在学生:前期⇒1/31後期⇒7/31
備考
◎有担保扱い/無担保扱いの2種類があります。
◎在学中は利息のみの支払い(元金据置)も選択できます。
◎朝日大学学資借入支援奨学金制度(利子補給制度)と併せて利用することで就学中の経済負担が軽減することも可能です。

【貸与型】朝日大学・みずほ銀行提携奨学融資制度(歯学部)

対象
◆年収基準:前年度500万円以上
◆完済時年齢:71歳未満
◆連帯保証人:原則1名※学生の連帯保証は必須(成人後)
◆団体信用生命保険:加入必須※保険会社により加入が認められる方
貸与(総額)
融資限度額:18,480,000円
返還詳細
返還期間:最長30年
募集時期
・新入生:願書出願最終日より30日前
・在学生:前期⇒1/31後期⇒7/31
備考
◎有担保扱い/無担保扱いの2種類があります。
◎在学中は利息のみの支払い(元金据置)も選択できます。
◎朝日大学学資借入支援奨学金制度(利子補給制度)と併せて利用することで就学中の経済負担が軽減することも可能です。

【貸与型】朝日大学・みずほ銀行提携奨学融資制度(法学部)

対象
◆年収基準:前年度500万円以上
◆完済時年齢:71歳未満
◆連帯保証人:原則1名※学生の連帯保証は必須(成人後)
◆団体信用生命保険:加入必須※保険会社により加入が認められる方
貸与(総額)
融資限度額:3,680,000円
返還詳細
返還期間:最長30年
募集時期
・新入生:願書出願最終日より30日前
・在学生:前期⇒1/31後期⇒7/31
備考
◎有担保扱い/無担保扱いの2種類があります。
◎在学中は利息のみの支払い(元金据置)も選択できます。
◎朝日大学学資借入支援奨学金制度(利子補給制度)と併せて利用することで就学中の経済負担が軽減することも可能です。

【貸与型】朝日大学・みずほ銀行提携奨学融資制度(保健医療学部/看護学科)

対象
◆年収基準:前年度500万円以上
◆完済時年齢:71歳未満
◆連帯保証人:原則1名※学生の連帯保証は必須(成人後)
◆団体信用生命保険:加入必須※保険会社により加入が認められる方
貸与(総額)
融資限度額:5,680,000円
返還詳細
返還期間:最長30年
募集時期
・新入生:願書出願最終日より30日前
・在学生:前期⇒1/31後期⇒7/31
備考
◎有担保扱い/無担保扱いの2種類があります。
◎在学中は利息のみの支払い(元金据置)も選択できます。
◎朝日大学学資借入支援奨学金制度(利子補給制度)と併せて利用することで就学中の経済負担が軽減することも可能です。

【貸与型】朝日大学病院 看護師奨学金(学校法人朝日大学 看護師奨学金)(保健医療学部/看護学科)

対象
保健医療学部看護学科に入学し、朝日大学病院に勤務を希望する方
貸与(月額)
50,000円
貸与期間
最長4年間
備考
卒業後、貸与期間と同等期間を勤務することで奨学金の返還を免除します。

【貸与型】朝日大学・みずほ銀行提携奨学融資制度(保健医療学部/健康スポーツ科学科)

対象
◆年収基準:前年度500万円以上
◆完済時年齢:71歳未満
◆連帯保証人:原則1名※学生の連帯保証は必須(成人後)
◆団体信用生命保険:加入必須※保険会社により加入が認められる方
貸与(総額)
融資限度額:4,000,000円
返還詳細
返還期間:最長30年
募集時期
・新入生:願書出願最終日より30日前
・在学生:前期⇒1/31後期⇒7/31
備考
◎有担保扱い/無担保扱いの2種類があります。
◎在学中は利息のみの支払い(元金据置)も選択できます。
◎朝日大学学資借入支援奨学金制度(利子補給制度)と併せて利用することで就学中の経済負担が軽減することも可能です。
学費(初年度納入金)
朝日大学/奨学金