• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 兵庫
  • 神戸教育短期大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 澤根 加苗さん(こども学科/保育教諭)

いつも子どもとしっかり話をするよう心がけています

先輩の仕事紹介

子ども一人ひとりの個性を尊重していく保育を、大切にしています!

保育教諭
こども学科/2015年卒
澤根 加苗さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

保育教諭として、5歳児クラスの担任をしています。はっとこども園は、クラス担任以外の保育者はもちろん、栄養士、事務員、看護師など、みんなで子どもたちをみていこうという理念を大切にしています。また各クラスと異年齢グループの横と縦のつながりも持ちながら、子ども主体の保育をおこなっています。毎日の保育のなかで、子どもたちの日々の成長を感じるときに、この仕事にやりがいを感じます。いつも心がけているのは、深い思考力を持ち、物事をその背景まで含めてとらえることです。子ども一人ひとりの個性を尊重して、固定概念にとらわれずに子どもの能力や考えや発想を大切にしたいからです。

学校で学んだこと・学生時代

在学中の一番の思い出は、地域の方々と関われるサークルを友達と協力して立ち上げたことです。将来子どもに携わる仕事に就くために学んでいたので、子どもたちと触れ合うイベントを積極的に企画しました。設立当初は知名度も何もなかったので、みんなでチラシを作ってポスティングをしました。この時の活動は本当に印象に残っています。実習も大変だったけれど、友達と励ましあいながら乗り越えることができたことが、今の保育づくりにもつながっています。毎日友達と一緒に、自分の興味のある授業を受けることができて、とても充実していたなと思います。

授業での体験は、今の保育現場でも大変役立っています

分野選びの視点・アドバイス

保育の現場では、子どもと同じ目線で向き合うことのできる人や、柔軟に対応できる人が求められています。ピアノは私も苦手ですが、苦手だけど頑張ってやってみようと思う気持ちが大切です。私は母と一緒にいろいろな大学のオープンキャンパスに行きました。直接大学の学生や先生からお話を聞くことで、大学生活はもちろん、一人暮らしってどんなのかな?などキャンパスライフのイメージを膨らませることができました。進路を決める前に、その学部(学科)でどんなことが学べるのか、どんな資格を取得できるのかをしっかり把握しておく必要があると思います。

職場の職員からも、安心してもらえる保育者になりたい

澤根 加苗さん

社会福祉法人種の会 幼保連携型認定こども園はっとこども園/こども学科/2015年卒/澤根さんが保育教諭の仕事に就きたいと思ったきっかけは、ご自身が保育園に通っていた頃に出会った先生との思い出だそうです。「保育園に通っている時に、うまくなじめずにいた私を担任の先生や園長先生が優しくしてくれていました。そのことが印象に残っていて、ずっと憧れていました。神戸教育短期大学で出会い、同じ夢を叶えた友達とは、今でも保育の相談をしあっています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸教育短期大学(私立短期大学/兵庫)
RECRUIT