• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 京都華頂大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中辻 舞佳さん(現代家政学部 現代家政学科児童学専攻/保育士)

私立大学/京都

キョウトカチョウダイガク

日々変化する子どもたちと一緒に過ごせる幸せ

先輩の仕事紹介

子どもの声に耳を傾けながら、日々の成長を見守る仕事です

保育士
現代家政学部 現代家政学科 児童学コース(現 児童学専攻)/2016年卒
中辻 舞佳さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働いている一乗寺保育園は、近くの山々の豊かな自然の変化を感じられる保育所です。その中で私は保育士として、毎日子どもたちとふれあい、成長を見守っています。この仕事で、大きなやりがいを感じられるのは、子どもたちと信頼関係を築けた時。そのために、私がいつも心がけているのは、まず子どもの気持ちを受け入れるということです。喜びは共有し、間違った行動をした時は、叱るのではなく、「どうしてそうしたの?」と子どもの話を聞くようにしています。子どもの生活全般を支える保育士の声かけ一つで、驚くほど子どもの行動は大きく変わるので、常に意識をしていますね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私が保育士をめざしたのは、小さい頃通っていた保育園の担任の先生に憧れたのがきっかけです。小さい頃は、先生のまねをして兄弟や近所の子どもたちと一緒に遊ぶのが好きでしたね。それだけその先生が大好きで、憧れを抱いていました。その憧れは、高校時代も続き、保育士になるために保育・幼児教育が学べる大学に進学することを決意しました。京都華頂大学には、免許・資格が取れることが進学のきっかけでしたが、実際にオープンキャンパスに参加してみると、少人数でアットホームな雰囲気が自分に合っていると感じました。先生や一緒に保育士をめざす仲間と良い関係を築きながら学べると感じて入学しました。

子どもの声を聞くことを大切に働く毎日

学校で学んだこと・学生時代

京都華頂大学では、保育に関する専門的なことを数多く学びました。好きなこと、自分が学びたいことだったとはいえ、難しくて、時には分からないこともありましたが、先生との距離が近く、すぐに質問できる環境だったので、確実に前に進むことができました。特に、卒業論文では、慣れない文章の構成や物事を深く探究することに苦労しましたが、先生にみっちり教わりながら書き終えることができました。親身に最後までつきあっていただいた先生には、本当に感謝しています。また、同じ夢、同じ考えや思いを持つ仲間と出会い、就職してからも続く深い関係を築けたことは、私の財産になっています。

学生時代の出会いが今の仕事につながっています

中辻 舞佳さん

一乗寺保育園勤務/現代家政学部 現代家政学科 児童学コース(現 児童学専攻)/2016年卒/自身が通っていた保育園の先生のようになりたい、という憧れをずっと持ち続け、京都華頂大学へ進学。保育・幼児教育分野について積極的に学び、資格取得にも取り組んだ。現在はその夢を実現し、一乗寺保育園で保育士として活躍中。何よりも子どもたちの気持ちを大切に、まず受け入れることを第一に考え、子どもたちとの信頼関係づくりに取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都華頂大学(私立大学/京都)