• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪医科薬科大学(仮称)
  • 奨学金

【給付型】学校法人 大阪医科薬科大学 伊藤奨学基金(全学部共通)

対象
医学部
給付額
年額60万円

【給付型】学校法人 大阪医科薬科大学 鈎奨学基金(全学部共通)

対象
医学部
女子学生のみ
給付額
年額50万円

【給付型】看護学部給付奨学金(全学部共通)

対象
看護学部
成績・人物ともに優秀であって、経済的事由があるもの
(2年生~4年生)
給付額
年額50万円
人数
各学年4名

【給付型】大阪医科薬科大学大学院薬学研究科奨学金(全学部共通)

対象
大学院生(博士後期課程)(博士課程)
社会人学生を除く
学会発表(筆頭発表者として口頭発表又はポスター発表)を行ったことがあり、研究に専念する者であること。
学種
大学院
給付額
50,000円又は 100,000円

【給付型】大阪医科薬科大学大学院薬学研究科奨学金(全学部共通)

対象
大学院生
社会人学生対象
学会発表(筆頭発表者として口頭発表又はポスター発表)を行ったことがあり、研究に専念する者であること。
学種
大学院
給付額
10,000円又は 30,000円

【給付型】大阪医科薬科大学大学院薬学研究科奨学金(全学部共通)

対象
大学院生(博士前期課程)
社会人学生を除く
学会発表(筆頭発表者として口頭発表又はポスター発表)を行ったことがあり、研究に専念する者であること。
学種
大学院
給付額
30,000円又は 50,000円

【給付型】特待奨学金(全学部共通)

対象
学業、研究に優れた学部学生、大学院生
特に成績優秀な者、または有望な研究を行っていると認められる者
学種
大学院
給付額
200,000円
人数
若干名
備考
※毎年の選考において、繰り返し特待奨学生となることができます。

【給付型】入学時特待生制度(全学部共通)

対象
看護学部
一般入試 成績上位者4名
給付額
50万円

【給付型】一般奨学金(薬学部)

対象
経済的事情で学業の継続に支障を来している学部学生
給付額
月額30,000円
期間は1年
人数
各年次20名程度
備考
※期間は1年ですが、毎年の審査を経て繰り返し奨学生となることができます。
※本学特別奨学金及び高等教育の修学支援制度と同時に受給することはできません。

【給付型】特待奨学金(薬学部)

対象
学業、研究に優れた学部学生、大学院生
学種
大学
給付額
最優秀者:300,000円
特別優秀者:200,000円
優秀者:100,000円
人数
最優秀者:1名
特別優秀者:2名
優秀者:4名
備考
※毎年の選考において、繰り返し特待奨学生となることができます。

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
次の(1)学力基準と(2)家計基準 の両方を満たす必要があります。
(1)学力基準
①新入生: 次の1~3のいずれかに該当すること
1.高等学校等における評定平均値が、3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
2.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
3.将来、社会で自立し、活躍する目標をもって学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
②在学生:次の1または2のいずれかに該当すること
1.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位2分の1の範囲に属すること
2.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
(2)家計基準(収入基準・資産基準)
本人と生計維持者が、次の「収入基準」及び「資産基準」のいずれにも該当する必要があります。
1.収入基準
「進学資金シミュレーター」にて、対象になるかの目安を調べることができます。
2.資産要件
本人および生計維持者(原則父母)の資産(預貯金、有価証券、現金等)の合計額が基準額未満であること
生計維持者が2人の場合:2,000万円未満
生計維持者が1人の場合:1,250万円未満
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること。
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること。
減免額
給付奨学金(月額)
第Ⅰ区分(満額):75,800円
第Ⅱ区分(2/3):50,600円
第Ⅲ区分(1/3):25,300円
授業料(年額)
第Ⅰ区分(満額):700,000円
第Ⅱ区分(2/3):466,700円
第Ⅲ区分(1/3):233,400円
入学金
第Ⅰ区分(満額):260,000円
第Ⅱ区分(2/3):173,400円
第Ⅲ区分(1/3):86,700円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
次の(1)学力基準と(2)家計基準 の両方を満たす必要があります。
(1)学力基準
①新入生: 次の1~3のいずれかに該当すること
1.高等学校等における評定平均値が、3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位2分の1の範囲に属すること
2.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
3.将来、社会で自立し、活躍する目標をもって学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
②在学生:次の1または2のいずれかに該当すること
1.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位2分の1の範囲に属すること
2.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること
(2)家計基準(収入基準・資産基準)
本人と生計維持者が、次の「収入基準」及び「資産基準」のいずれにも該当する必要があります。
1.収入基準
「進学資金シミュレーター」にて、対象になるかの目安を調べることができます。
2.資産要件
本人および生計維持者(原則父母)の資産(預貯金、有価証券、現金等)の合計額が基準額未満であること
生計維持者が2人の場合:2,000万円未満
生計維持者が1人の場合:1,250万円未満
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること。
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること。
減免額
給付奨学金(月額)
第Ⅰ区分(満額):38,300円
第Ⅱ区分(2/3):25,600円
第Ⅲ区分(1/3):12,800円
授業料(年額)
第Ⅰ区分(満額):700,000円
第Ⅱ区分(2/3):466,700円
第Ⅲ区分(1/3):233,400円
入学金
第Ⅰ区分(満額):260,000円
第Ⅱ区分(2/3):173,400円
第Ⅲ区分(1/3):86,700円
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】入学時特待生制度(全学部共通)

対象
医学部
一般入学試験の前期1次試験合格者上位100名以内、且つ当該入学試験で入学される方
減免額
入学時納付金が242万円減免

【貸与型】大阪医科大学医学部奨学金(全学部共通)

対象
医学部
人物、成績共に優秀、且つ健康で、経済的理由により修学が困難な方
貸与(総額)
年額およそ1,700,000円
返還詳細
返還期間:貸与額によって異なりますが、年額90万円弱を12年以内
利子
無利子
人数
30名以内
貸与期間
1年間(ただし、次年度以降も再出願できます。)
備考
卒業後、返還猶予・免除される条件があります。(本学附属病院での研修医期間・本学大学院在学期間・本学基礎系講座在籍期間)

【貸与型】大阪医科大学仁泉会奨学金(同窓会)(全学部共通)

対象
医学部
貸与(総額)
年額およそ600,000円程度(当該年度の学納金に充当予定)
返還詳細
返還期間:年額6万円を下回らない金額で、10年以内
利子
無利子
人数
5~7人程度
貸与期間
1年間(ただし、次年度以降も再出願できます。)

【貸与型】大阪医科薬科大学薬学部PA会学費融資制度(全学部共通)

対象
在学中に家計急変等により学費納入が困難となり、退学を余儀なくされる状況に陥った学生
貸与(総額)
融資限度額は、原則として3年分の学費相当額

【貸与型】大阪医科薬科大学薬学部PA会奨学金(全学部共通)

対象
学部学生
大学院生
貸与(月額)
40,000円又は80,000円
利子
無利子
人数
40,000円を一口として20口
備考
※期間は1年ですが、毎年の審査を経て繰り返し奨学生となることができます。

【貸与型】特別奨学ローン制度(全学部共通)

対象
本学に入学した者および在学生の保護者

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円(何れかを選択)
※但し、最高月額は併用基準を満たした者のみ
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
卒業までの最短修業年限

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円(何れかを選択)
※但し、最高月額は併用基準を満たした者のみ
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
卒業までの最短修業年限

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円の中から希望月額を選択、120,000円を選択した場合、さらに20,000円の増額が可能です。
利子
利子
貸与期間
卒業までの最短修業年限

【貸与型】特別奨学金(薬学部)

対象
経済的事情で学業の継続に著しく支障を来している学部学生
貸与(月額)
(貸与)35,000円+(給付)15,000円
利子
無利子
人数
1年次生15名程度
他は補充分
貸与期間
卒業までの最短修業年限
備考
※本学一般奨学金及び高等教育の修学支援制度と同時に受給することはできません。
大阪医科薬科大学(仮称)/奨学金
RECRUIT