イベント・ニュース

大正大学、「慈悲」をテーマに展覧会1/12スタート

大正大学は2018年1月12日(金)より、同大学キャンパス内のアートスペース「ESPACE KUU 空(エスパス空)」にて、展覧会「眠れる慈悲 ― 21世紀の仏教を考える 僕たちの視線、私たちの視界」をスタートする。期間は4月8日(日)まで。誰でも無料で入場できる。

 

同展は、仏教学科国際教養コースの学生たちが授業の一環で被写体の決定から写真家の手配、写真の選定、展覧会の広報・運営などを行い開催するもの。

 

テーマは「慈悲」。学生の視点で「慈悲」とは何かを考え、固定概念にとらわれない斬新なアイデアとアプローチで仏教を表現する。

 

京都の蓮華王院三十三間堂に安置されている重要文化財の「千手観音立像」の画像データを特別に提供してもらい展覧。学生と写真家によるギャラリートークも複数回開催する予定。

 

【概要】
●会期:2018年1月12日(金)~4月8日(日)
●開場時間:10:00~19:00
●会場:ESPACE KUU 空(5号館1階) 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
●入場料:無料

 

詳細リンク先

 

スタディサプリ進路ニュース

スタディサプリ進路ニュース

ページのトップへ