• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • リハビリ・マッサージ・心理
  • 言語聴覚士

言語聴覚士

言語聴覚士

病気などによって言葉の障害をもつ人たちのリハビリ専門家

音声機能、言語機能、聴覚に障害を持つ人の機能向上のためのリハビリ指導をする仕事。医師や歯科医師の指示のもとで、診療の補助を行う。音声・言語・聴覚機能障害には、身体的な面だけでなく事故や病気による精神面や環境面での要因が絡んでいるケースが多いため、家庭環境なども調べながら根気よく訓練を介助する。

言語聴覚士のやりがい

自分が支援したことにより、例えば失語症に陥っていた人が少しずつ話せるようになったり、発達障害児がコミュニケーションをとれるようになったりしたときが、言語聴覚士にとって最もやりがいを感じるとき。また、言語聴覚士の支援方法は呼吸法や口の体操などの肉体的なアプローチもあれば、絵などを使った心理的なアプローチもある。個々の対象者に最適な支援プログラムを考えるのは大変だが、それだけに成果が上がったときにはよろこびも大きい。

言語聴覚士の就職先・働く場所

言語聴覚士の仕事は、言語的コミュニケーションに問題がある人への支援、食事がとりづらくなっているお年寄りへの支援、言語の発達が遅れている子どもへの支援などさまざま。そのため、就職先も医療関係、保健関係、教育関係、福祉関係と多岐にわたる。病院一つをとっても、リハビリテーション科や脳外科、耳鼻科、神経内科、小児科など幅広い科でニーズがある。そのほかでは、保健所、特別支援学校、障害者福祉施設、老人保健施設などが主な就職先だ。

  • リハビリセンター
  • 病院
  • 障害者福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 学校

言語聴覚士の将来の展望

同じリハビリテーションの専門職である理学療法士や作業療法士と比べるとまだまだ求人が少ないのが現状。ただし、国家資格となったのが1999年とまだ歴史が浅いため、言語聴覚士自体もまだまだ少ない。言語聴覚士によるリハビリを必要としている人はたくさんいるので、今後もニーズはじわじわと増えていくはずだ。

言語聴覚士になるには

言語聴覚士を目指しているのであれば、言語聴覚士の養成課程がある大学・短大・専門学校で3年以上学んで受験資格を得るのが王道。言語聴覚士国家試験に合格し、医療機関や福祉施設などの採用試験を受ける。非常勤職員として働き始めるケースも多い。

言語聴覚士の適性・求められる力

病気などで言語によるコミュニケーションに問題を抱えた人、言語の発達が遅れている子ども、寝たきりのお年寄りなどさまざまな人と接する仕事なので、相手を思いやる心や柔軟なコミュニケーション能力は必須。また、リハビリテーションはすぐには結果が表れにくいため、言語聴覚士自身にも粘り強さが求められる。さらに、ちょっとした発音や口の動きから対象者の状態を分析するため、観察力や注意深さも重要な仕事だ。

言語聴覚士の学校の選び方

3年制の短大・専門学校で学ぶか、4年制の大学・専門学校で学ぶかが最初のチェックポイント。言語聴覚士は仕事の領域が広いため、幅広い専門知識と豊富な実習経験を重ねておきたいなら4年制、できるだけ早く資格を取得して仕事に就きたいなら3年制が候補となる。学費の総額も3年制のほうが安い。また、言語聴覚士試験は合格率が50%台の年もあり、決して甘くない。そのため、学校選びの際には卒業生の合格率もしっかりチェックしておきたい。

言語聴覚士<国>

音声機能、言語機能に障害を抱える人の機能回復を支援

「話す」「聞く」といったコミュニケーション機能に問題を抱える人に対してリハビリテーションを行う専門職。高齢化や交通事故の多発、疾病構造の変化にともない、失語症、発声障害、吃音などの音声機能・言語機能障害者が増えてきている。また先天的難聴などの聴覚機能障害者に対するリハビリテーションの必要性と重要性が高まっているなかで、重要な役割を果たしている。厚生労働大臣が認定する国家資格。

言語聴覚士<国>の就職先

病院やリハビリセンター、各種福祉関連施設、学校などにおいて、音声機能、言語機能、聴覚に関するリハビリテーションを行う。

言語聴覚士<国>をとるには

言語聴覚士<国>の受験資格

言語聴覚士国家試験の受験資格は、大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の言語聴覚士養成所において3年以上、言語聴覚士として必要な知識および技能を修得した者。また、大学などにおいて指定科目を修めたうえで2年(あるいは1年)以上修業し、かつ上記の学校・養成所で1年(あるいは2年)以上学んだ者。あるいは大学で指定科目を修めて卒業した者など。

言語聴覚士<国>の合格率・難易度

合格率
74.1%
※2014年2月実施(第16回)

資格団体

厚生労働省
電話:(財)医療研修推進財団03-3501-6515
URL:http://www.pmet.or.jp/
  • パンフ・願書請求キャンペーン

言語聴覚士に関連する仕事・資格

言語聴覚士に関連する学問

言語聴覚士を目指せる学校を探すならリクナビ進学
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

専門学校 日本聴能言語福祉学院 - 【義肢装具学科】短下肢装具の採型をしてみよう!!! - 2016/12/18 - 愛知県名古屋市中村区若宮町2-14
専門学校 日本聴能言語福祉学院 - 【義肢装具学科】短下肢装具の採型をしてみよう! - 2016/12/18 - 愛知県名古屋市中村区若宮町2-14
大阪医療技術学園専門学校 - \高2のための!オープンキャンパス/ - 2016/12/23 - 大阪府大阪市北区東天満2-1-30