やりたいことを見つけよう!

柔道整復師

柔道整復師

打撲・捻挫などに対して回復処置をする

柔道整復師は、打撲・捻挫・脱臼や、骨折に対して、回復をはかるための処置をする。現代病といわれる運動器疾患やスポーツ障害などにも対処する。ただし、外科手術や薬品投与などは禁止されている。スポーツトレーナーとして活躍するケースもある。

柔道整復師のやりがい

自分の治療や指導によって、患者さんの具合がよくなったり、体の機能が回復したりすることが柔道整復師にとって一番のよろこび。手術や投薬を行わないので、回復には時間がかかることも多く、患者さんとは長い付き合いになることもある。それだけに、患者さんとの間に築かれる信頼関係が大切で、回復した暁には直接よろこびを分かち合うことができるのも魅力だ。また、資格があれば独立開業も可能なので、自分の技術で食べていきたい人にとってはその点もやりがいにつながる。

柔道整復師の働く場所

主な就職先は、整骨院・接骨院、病院、整形外科クリニックなど。経験を積めば独立開業することも可能だ。最近では、高齢者介護施設や訪問介護、訪問リハビリなどの福祉分野、さらに選手のコンディショニングなどスポーツの分野で活躍する柔道整復師も増えている。整骨院などに就職した場合も、有資格者は技術職として尊重されることが多く、若くして患者さんの治療を任されることも多い。

  • 接骨院

柔道整復師に求められる力

柔道整復師を名乗って仕事をするには、資格取得が必須。柔道整復師は診察の際に、レントゲンなどの医療機器を使用することができず、問診や触診を通して患者さんの体の状態を把握する必要がある。そのため、解剖学や生理学、運動学などに関するしっかりとした知識に加えて、患者さんの心を開かせるコミュニケーション能力も重要になる。もちろん自分の手で患者さんを治療するので体力や技術も大切。ちなみに柔道はできなくてもOK。

柔道整復師になるには

柔道整復師の受験資格を得るためには、文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設を卒業する必要がある。柔道整復師を目指せるのは、4年制の大学、3年制の短大・専門学校がある(2年制はない)。これらの学校で、解剖学・生理学などの基礎医学や脱臼などの検査方法、テーピングの技術などを習得する。柔道整復師国家試験の合格率は例年70%前後。

柔道整復師の将来展望

柔道整復師の活躍の場は、整骨院・接骨院や整形外科でのケガの治療以外にも広がってきている。最近では高齢者福祉施設で働く柔道整復師も増加。また、基礎医学の知識や手技、テーピングの技術を生かして、スポーツトレーナーとして活躍するケースも目立っている。

柔道整復師の学校選びはココをチェック

4年制大学で学ぶか、3年制の短大・専門学校で学ぶかが選択ポイント。3年制は早く資格取得できる点、学費の総額が安く抑えられる点がメリット。4年制は余裕をもってじっくり学ぶことができる点がメリットのひとつ。また、学校によっては、柔道整復師の資格取得だけでなく、スポーツ分野で活躍することを想定した教育を行っているところもあるので、将来の働き方まで考えたうえでカリキュラムをチェックしよう。

柔道整復師<国>

打撲、捻挫などの施術を行う、接骨師やスポーツトレーナーとしてなじみの職種

柔道整復とは、柔道の治療術を起源とし、東洋・西洋の医学技術を組み入れながら発展してきた伝統的な治療術。一般には、骨つぎ、接骨師、整骨師などとしても知られ、捻挫、打撲や、脱臼、骨折などの応急処置など、日常的に起こるケガや障害の身近な対処先として地域住民になじみも深い。柔道整復の歴史は長いが、1993年に第1回柔道整復師試験(国家試験)が行われ、厚生労働大臣認定の資格となった。

柔道整復師<国>の就職先

接骨院や病院などの施術所で柔道整復師としての腕を磨きながら、独立開業をめざす場合も多い。スポーツ人口の増加に伴いスポーツトレーナーとして活動したり、高齢化に伴い老人福祉施設などで機能訓練指導を行うなど、活躍の場も広がっている。

柔道整復師<国>をとるには

柔道整復師<国>の受験資格

柔道整復師試験の受験資格は、大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設において3年以上、柔道整復師として必要な知識および技能を修得した者など。

柔道整復師<国>の合格率・難易度

合格率
68.20%
※2012年度(第21回)

資格団体

厚生労働省
電話:(財)柔道整復研修試験財団03-3280-9720
URL:http://www.zaijusei.com/

柔道整復師に関連する学問

柔道整復師を目指せる学校を探すならリクナビ進学