• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 福祉
  • 福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカー

福祉レクリエーション・ワーカー

社会福祉や医療・保健分野などで、レクリエーションの専門家として活動

心身に障害を持つ人や高齢者などが、レクリエーションを通じて、自己実現の喜びや生きがいを見出すことができるように手助けする仕事。具体的には、福祉施設などにおいて実施される「レクリエーションタイム」を楽しく提供できるよう、その企画・準備・運営を担当する。また、地域と福祉活動の連携が図れるイベントの企画や運営、さらにはボランティアスタッフの養成やコーディネートも行う。

福祉レクリエーション・ワーカーの就職先

資格取得後は、日本レクリエーション協会の公認指導者として、地元のレクリエーション協会に所属し、地域の福祉活動に貢献する。資格取得者の傾向としては、実際に福祉や医療関係の仕事に携わっている人、なかでも、老人福祉施設勤務者が多い。

福祉レクリエーション・ワーカーをとるには

福祉レクリエーション・ワーカーの受験資格

受講開始日に満18歳以上であり、レクリエーション・インストラクター学習課程を修了した方、またはレクリエーション・インストラクターの学習を始めた方。 成講座(201時間)受講後、資格認定審査に合格すると、申請・登録することができる。

福祉レクリエーション・ワーカーの合格率・難易度

合格率
約80%
※累計平均

資格団体

(財)日本レクリエーション協会 公認指導者養成機関チーム
電話:03-3265-1369
URL:http://www.recreation.or.jp/
福祉レクリエーション・ワーカーを目指せる資格

福祉レクリエーション・ワーカーに関連する学問

福祉レクリエーション・ワーカーを目指せる学校を探すならリクナビ進学