イベント・ニュース

筑波大学、科学×アートの祭典、「つくばメディアアートフェスティバル2018」開催

2018年7月28日(土)から8月5日(日)の期間、「つくばメディアアートフェスティバル2018」(主催:つくば市、共催:筑波大学工学・芸術連携リサーチユニット)が、茨城県つくば美術館で開催される。

 

「つくばメディアアートフェスティバル」は、科学技術を使って生み出された芸術作品・メディアアートの展示会。「科学のまちつくば」の特色を生かした、つくばならではの文化の発信を目指し、平成26年度にスタート。今回で4回めの開催を迎える。

 

筑波大学工学・芸術連携リサーチユニットは、メディアアートの分野で世界でもトップクラスの実績を誇る。工学系から芸術系まで分野を超えて連携し、科学技術と文化芸術が融合した新たな学問の開拓を目指している。期間中は、同大学が生んだ世界的なアーティストやクリエイターを目指す学生ら、さらに海外から特別にアーティストを招き、総勢17組の作品を展示する。最先端の研究成果やおもしろい発想の数々を、見て、体験して、学ぶことができる。

 

【概要】
●期間:2018年7月28日(土)から8月5日(日)まで(休館日:月曜日)
●時間:9:30~17:00(初日は11:00開館、最終日は13:00閉館、入場は閉館の30分前まで)
●場所:茨城県つくば美術館(つくば市吾妻2丁目8)
●申し込み:不要
●入場:無料
●主催:つくば市
●共催:筑波大学工学・芸術連携リサーチユニット

 

詳細リンク先

 

スタディサプリ進路ニュース

スタディサプリ進路ニュース

ページのトップへ