• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 福岡ベルエポック美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 池野 佑里恵さん(ブライダルコーディネーター科/ウェディングプランナー)

福岡県認可/専修学校/福岡

フクオカベルエポックビヨウセンモンガッコウ

ウエディングプランナーは、新郎新婦様とゲストのキラキラした笑顔があふれて、本当に素敵な仕事です

先輩の仕事紹介

親しみやすい笑顔と接客で、新郎新婦様の結婚式の当日まで寄り添い、支える。とてもやりがいがあります!

ウェディングプランナー
ブライダル科(2020年4月より ブライダルコーディネーター科へ名称変更)/2018年3月卒
池野 佑里恵さん

この仕事の魅力・やりがい

Ritz5 はリーズナブルに結婚式を挙げられるため、20代のお客様が多い式場です。私は現在、インフォメーション担当として式場の案内役を任されているので、言ってみれば式場の “顔” のような立場で、お客様との第一接点を担当しています。ホテルのように敷居の高い雰囲気ではなく、和やかさや親しみやすさを心がけて接客をしているため、打合せなどで何度もご来店されるうちに、名前を覚えて話しかけてくださるお客様も増えていきます。そんなときが本当にうれしいな!と感じる瞬間です。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代、進路に悩んでいた時、好きなものはなにかな?と考えてみました。私の場合、動物、美容、ブライダルの3つだったので、どの分野が一番自分に合っているのかなと模索するようになり、その過程でたまたまご縁のあったホテルの結婚式場でサービススタッフとしてアルバイトをする機会に恵まれました。会場セッティングの美しさや、新郎新婦様、ゲストのキラキラした笑顔、とても素敵な空間だなと思い、そんな場所で働きたい、と思ったのがブライダル業界に進んだきっかけです。就職してからも働いているスタッフ一人ひとりが明るくて “お客様のために” と思っている人ばかり。大変なこともありますが、大きなやりがいを感じています。

学生時代にはホテルの式場でサービススタッフとしてアルバイトをしました。その経験も活きています!

学校で学んだこと・学生時代

学生時代に好きだったのは、フラワーや音響の授業。学んでいくうちに、ドレスコーディネートよりもどちらかというと、会場コーディネートやプランニングの方への興味が大きくなって、専門的に学んでいきました。学内のハロウィンイベントでは副リーダーとして、クラス劇の構成を考えましたし、実際のカップルの方の結婚式を学生たちでプランニングする「リアルウエディング実習」では、サプライズ演出を担当しました。そういう経験を積んでいくうちに、わたしはやっぱり全体の構成を考えて、ゼロから結婚式を創り上げ、完成まで責任を持って担当するのが好きなんだなって。プランナーになりたい!という意思が強まりましたね。

スタッフ同士、意見を出し合いながら、より素敵な式場づくりに励んでいます!

これからかなえたい夢・目標

Ritz5 は社風が自由で、社員が忌憚なく意見を発信できる職場なんです。月1回の社員研修では、式場全体のコーディネートなどについても提案でき、実行に向けて進んでいくことも多いのでやりがいを感じています。こんな時、クラスメイトと一緒に意見を出し合いながら、様々なイベントを完成までやりぬいた経験が活きているなと思いますね。来年からはプランナーとして、お客様お一人お一人に向き合う機会も増えてくると思いますので、心を込めて対応していきたいと思っています。

館内ディスプレイの考案も担当。壁一面の黒板ボードを活用して、私が手書きで描いたチョークアートも自信作です♪

池野 佑里恵さん

株式会社ラック(Ritz5)勤務/ブライダル科(2020年4月より ブライダルコーディネーター科へ名称変更)/2018年3月卒/福岡県立福岡中央高校出身。高校時代、ブライダル分野へ進むと決めて学校選びのためにオープンキャンパスへ。「福岡ベルは在校生が対応してくれて、年が近くて話しやすいし良い雰囲気だな」というのが第一印象だった。入学の決め手は、ブライダルのコーディネートを中心に教える学校が多い中、美容学校だからこそ「美容」を本格的に学べるという点。「ブライダル科」の授業の中でもメイクやネイルなどのレッスンもあり、自分磨きにとても役に立ったのだそう。同校卒業後は、福岡市内の結婚式場 Ritz5 へ就職を決めた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

福岡ベルエポック美容専門学校(専修学校/福岡)