• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鶴田 颯河さん(保育士コース/保育士)

東京都認可/専修学校/東京

オオハラボキコウムインイリョウフクシホイクセンモンガッコウタチカワコウ

他のクラスの子どもたちとも交流できる環境です

先輩の仕事紹介

自分の経験や強みを活かし、子どもたちの成長に寄り添っていきたい

保育士
保育士コース/2018年3月卒
鶴田 颯河さん

この仕事の魅力・やりがい

当園は、子どもたちが自由に、のびのびと豊かな経験ができるような教育が特徴です。僕はここで2歳児クラスの担任をしています。2歳といっても4月生まれと3月生まれでは成長の度合いも異なるので、子どもの月齢やそれぞれの発達に合わせながら寄り添った保育をするようにしています。異年齢で過ごすことも多いので1歳クラスや他のクラスと関わる機会もあり、園のほぼ全員の名前を覚え、常に交流ができるところも魅力ですね。力を必要とする仕事はもちろん、外でおもいっきり子どもたちと走り回ったりすることも得意なので、そういった自分の強みを活かしながら子どもたちと過ごす毎日は本当に充実しています。

学校で学んだこと・学生時代

大原での2年間はとても濃いものでした。オペレッタや制作などみんなで創り上げ、チームワークを高められるような授業も多かったですし、オープンキャンパスの際に高校生や保護者の方をご案内するスタッフを担当したこともいい思い出です。保育科はクラス20数名中男子が5人いたので、その面でも心強かったですね。授業の中で唯一苦手意識を持っていたのがピアノ。入学当時は楽譜も読めず、人差し指一本で弾くレベルでした…。でも先生が本当に熱心に一人ひとりに教えてくださり、その気持ちにこたえるために一生懸命個人練習も行いました。その成果で、今では朝や帰りの歌など楽譜を見ないで弾くことができる曲もあります!

大原で練習したおかげで、楽譜なしで弾ける曲も

これからかなえたい夢・目標

保育士になったのは、僕自身4人兄弟の3番目で毎日にぎやかに過ごしていたことや、子どもが好きなことが大きな理由です。加えて、実は小さな頃から抱えている持病があり、保育や福祉といった分野で子どもたちの発達や成長に関わりたいと考え、そのために保育士の国家資格を得たいと思いました。まだ社会人1年目で覚えることばかりですが、高校までの部活動で得た「体を動かす楽しさ」、大原で学んだ「保育の仕事の基礎知識や魅力」、そしてこれまでの人生で培ってきた挨拶や礼儀の大切さといったところを子どもたちに伝えられるよう、保育士としてもっともっと成長していきたいと思います。

連絡帳に「鶴田先生」と名前があると嬉しくなります

鶴田 颯河さん

社会福祉法人諏訪ノ森保育園勤務/保育士コース/2018年3月卒/埼玉県立 深谷高等学校出身。高校時代はラグビー部に所属し、全国高等学校ラグビーフットボール大会の出場メンバーとして活躍するなどスポーツを得意とする。高校卒業後は他分野の専門学校に進学するも、保育士への夢を叶えるため大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校へ。在学中はオープンキャンパスのスタッフとして、さらに現在働く諏訪ノ森保育園で週に1日アルバイトをするなど精力的に過ごし、希望が叶って就職。2歳児クラス22名の担任として充実した日々を送っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大原簿記公務員医療福祉保育専門学校立川校(専修学校/東京)