• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園専門学校

東京都認可/専修学校/東京

東放学園専門学校

トウホウガクエンセンモンガッコウ

テレビ局のTBS教育事業本部を前身として誕生した学校で番組スタッフをめざそう!

TBS(東京放送)が設立した学校を前身として、創設された東放学園グループ。以来、テレビ・ラジオ・照明・美術・音声・アニメ音響などの業界で活躍するスタッフを、多数送り出しています。

東放学園専門学校の特長

学校の特長1

放送局さながらのデジタルHDスタジオを完備。プロの現場と同等の環境で学べます!

1階と2階を吹き抜け構造にした高さ7メートル、面積約160平方メートルの本格的なテレビジョンBスタジオは、映像機材のすべてがフルHD・フルデジタル。しかも、機材・設備のすべては、放送局と同じレベルです。教育機関では他に類を見ない、世界最高水準の液晶テレビモニターや映像システム、特別注文を施したテレビカメラ・ズームレンズなどを数多く導入しています。また、テレビジョンAスタジオや照明専用のCスタジオ、ラジオスタジオ、映像編集室、美術実習室、機材室も完備。学生は自由に機材・設備をレンタルすることができます。

学校の特長2

放送業界と強いつながりのある東放学園。充実した就職サポートが受けられます。

就職総合窓口「キャリアサポートセンター」が各企業から寄せられる求人情報を学生に提供したり、就職活動や入社試験などのポイントを実践方式で身につける授業「就職講座」も開催しています。また、プロの仕事の現場を実際に体験できる「企業研修」を行い、在学中に仕事のイメージをつかむ機会を設けています。研修での成果が認められてそのまま就職内定につながるケースも!そのほか、同窓会組織〈TOHO会〉事務局には、業界で活躍中の卒業生が提供する求人情報が集まり、これも就職の強い味方になっています。

学校の特長3

人気番組のスタッフの多くは、本校の卒業生!在校生もアルバイトで多数参加!!

現在多くの本校卒業生がテレビやラジオ業界の第一線で活躍しています。ひとつの番組にたくさんの職種で本校卒業生が関わっており、たとえばTBS系で放送中の『櫻井有吉アブナイ夜会』では、ディレクターの田中孝之さん(91年卒)、タイムキーパーの福田美由紀さん(07年卒)、カメラマンの中島文章さん(91年卒)や間島啓輔さん(07年卒)、照明の加藤由美子さん(91年卒)や清水朝彦さん(98年卒)、音声の清宮拓さん(11年卒)、衣裳の岩崎孝典さん(08年卒)ほか、若手からベテランまで多くの卒業生が関わっています。

学校の特長1

放送局さながらのデジタルHDスタジオを完備。プロの現場と同等の環境で学べます!

1階と2階を吹き抜け構造にした高さ7メートル、面積約160平方メートルの本格的なテレビジョンBスタジオは、映像機材のすべてがフルHD・フルデジタル。しかも、機材・設備のすべては、放送局と同じレベルです。教育機関では他に類を見ない、世界最高水準の液晶テレビモニターや映像システム、特別注文を施したテレビカメラ・ズームレンズなどを数多く導入しています。また、テレビジョンAスタジオや照明専用のCスタジオ、ラジオスタジオ、映像編集室、美術実習室、機材室も完備。学生は自由に機材・設備をレンタルすることができます。

学校の特長2

放送業界と強いつながりのある東放学園。充実した就職サポートが受けられます。

就職総合窓口「キャリアサポートセンター」が各企業から寄せられる求人情報を学生に提供したり、就職活動や入社試験などのポイントを実践方式で身につける授業「就職講座」も開催しています。また、プロの仕事の現場を実際に体験できる「企業研修」を行い、在学中に仕事のイメージをつかむ機会を設けています。研修での成果が認められてそのまま就職内定につながるケースも!そのほか、同窓会組織〈TOHO会〉事務局には、業界で活躍中の卒業生が提供する求人情報が集まり、これも就職の強い味方になっています。

学校の特長3

人気番組のスタッフの多くは、本校の卒業生!在校生もアルバイトで多数参加!!

現在多くの本校卒業生がテレビやラジオ業界の第一線で活躍しています。ひとつの番組にたくさんの職種で本校卒業生が関わっており、たとえばTBS系で放送中の『櫻井有吉アブナイ夜会』では、ディレクターの田中孝之さん(91年卒)、タイムキーパーの福田美由紀さん(07年卒)、カメラマンの中島文章さん(91年卒)や間島啓輔さん(07年卒)、照明の加藤由美子さん(91年卒)や清水朝彦さん(98年卒)、音声の清宮拓さん(11年卒)、衣裳の岩崎孝典さん(08年卒)ほか、若手からベテランまで多くの卒業生が関わっています。

学校の特長1

放送局さながらのデジタルHDスタジオを完備。プロの現場と同等の環境で学べます!

1階と2階を吹き抜け構造にした高さ7メートル、面積約160平方メートルの本格的なテレビジョンBスタジオは、映像機材のすべてがフルHD・フルデジタル。しかも、機材・設備のすべては、放送局と同じレベルです。教育機関では他に類を見ない、世界最高水準の液晶テレビモニターや映像システム、特別注文を施したテレビカメラ・ズームレンズなどを数多く導入しています。また、テレビジョンAスタジオや照明専用のCスタジオ、ラジオスタジオ、映像編集室、美術実習室、機材室も完備。学生は自由に機材・設備をレンタルすることができます。

学校の特長2

放送業界と強いつながりのある東放学園。充実した就職サポートが受けられます。

就職総合窓口「キャリアサポートセンター」が各企業から寄せられる求人情報を学生に提供したり、就職活動や入社試験などのポイントを実践方式で身につける授業「就職講座」も開催しています。また、プロの仕事の現場を実際に体験できる「企業研修」を行い、在学中に仕事のイメージをつかむ機会を設けています。研修での成果が認められてそのまま就職内定につながるケースも!そのほか、同窓会組織〈TOHO会〉事務局には、業界で活躍中の卒業生が提供する求人情報が集まり、これも就職の強い味方になっています。

学校の特長3

人気番組のスタッフの多くは、本校の卒業生!在校生もアルバイトで多数参加!!

現在多くの本校卒業生がテレビやラジオ業界の第一線で活躍しています。ひとつの番組にたくさんの職種で本校卒業生が関わっており、たとえばTBS系で放送中の『櫻井有吉アブナイ夜会』では、ディレクターの田中孝之さん(91年卒)、タイムキーパーの福田美由紀さん(07年卒)、カメラマンの中島文章さん(91年卒)や間島啓輔さん(07年卒)、照明の加藤由美子さん(91年卒)や清水朝彦さん(98年卒)、音声の清宮拓さん(11年卒)、衣裳の岩崎孝典さん(08年卒)ほか、若手からベテランまで多くの卒業生が関わっています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』を使ったアニメ音響体験

放送音響科

人気TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』の素材を使ったミキシングが体験できます。実際にテレビでオンエア…

続きを見る

体験入学-エンタメ-オープンキャンパス

放送芸術科、放送技術科、照明クリエイティブ科、テレビ美術科、放送音響科

本格的なテレビスタジオやラジオスタジオで行う実習が体験できる東放学園専門学校の「体験入学」。仕事内容…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

東放学園専門学校からのメッセージ

学校法人東放学園では、2017年4月入学生の入学願書受付中です。
出願受付期間は以下をご確認ください。

■AO入学
新卒者・既卒者 ~12月22日(木)
※事前エントリーが必要です。エントリー締め切りは10月5日(水)
■推薦入学
新卒者 10月1日(土)~3月14日(火)
既卒者 9月1日(木)~3月14日(火)
■一般入学
新卒者 11月1日(火)~3月17日(金)
既卒者 9月1日(木)~3月17日(金)

(9/10更新)

東放学園専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

照明スタッフ

三宅 佳範さん

本番直前まで修正を繰り返し、ベストなライティングを追求していきます

他の卒業生一覧を見る

学費(初年度納入金)

2016年度納入金 138万3610円
(その他、教科書・教材費など)

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

TBSの教育事業本部が設立。TV・ラジオスタッフ育成のパイオニア

TBSが設立した学校を前身に、1972年にスタートした東放学園グループ。以来、テレビ・ラジオ・照明・美術・音声などの業界で活躍するスタッフを多数送り出しています。校内には放送局さながらのデジタルHDスタジオを完備し、プロの現場と同等の環境で学ぶことが可能。就職総合窓口「キャリアサポートセンター」は、エンタメ業界と強いつながりを活かし、就職はもちろん卒業後のキャリアアップもサポートします。

保護者の方へ

東放学園専門学校の教育理念

バラエティ番組・音楽番組・ドラマ… テレビやラジオが大好きな業界スタッフを育成

東放学園専門学校の教育理念を見る

問い合わせ先・所在地・アクセス

学校法人東放学園 入学相談室

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-5-2
TEL:0120-343-261 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都杉並区和泉2-4-1 京王線「代田橋」駅から徒歩 5分
京王線・京王井ノ頭線「明大前」駅から徒歩 9分

地図

 

路線案内

東放学園専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ