• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 青森
  • 青森公立大学
  • 奨学金

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
(1)家計の経済状況に関する要件
[1]収入基準
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯の学生
※収入基準については、日本学生支援機構ホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」 で、世帯構成で収入基準に該当するかより具体的に確認できますので、ぜひご活用ください。
≪区分≫
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること。
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること。
※詳細は、文部科学省ホームページをご覧ください。
[2]資産基準
本人および生計維持者(2人)の資産額の合計が2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。
※資産とは、現金やこれに準ずるもの(投資用資産として保有する金・銀等、預貯金、有価証券の合計額を指し、土地等の不動産は含みません)。
(2)学業成績・学修意欲に関する要件
[1]在学生
以下のいずれかに該当する必要があります。
1.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること。
2.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること。
[2]新入学生
以下のいずれかに該当する必要があります。
1.高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること。
2.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること。
3.将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること。
減免額
授業料等(入学料、授業料)の免除または減額

給付奨学金支給額<月額>
第Ⅰ区分 66,700円
第Ⅱ区分 44,500円
第Ⅲ区分 22,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
(1)家計の経済状況に関する要件
[1]収入基準
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯の学生
※収入基準については、日本学生支援機構ホームページに掲載している「進学資金シミュレーター」 で、世帯構成で収入基準に該当するかより具体的に確認できますので、ぜひご活用ください。
≪区分≫
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること。
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること。
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること。
※詳細は、文部科学省ホームページをご覧ください。
[2]資産基準
本人および生計維持者(2人)の資産額の合計が2,000万円未満(生計維持者が1人のときは1,250万円未満)であること。
※資産とは、現金やこれに準ずるもの(投資用資産として保有する金・銀等、預貯金、有価証券の合計額を指し、土地等の不動産は含みません)。
(2)学業成績・学修意欲に関する要件
[1]在学生
以下のいずれかに該当する必要があります。
1.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること。
2.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること。
[2]新入学生
以下のいずれかに該当する必要があります。
1.高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること。
2.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること。
3.将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること。
減免額
授業料等(入学料、授業料)の免除または減額

給付奨学金支給額<月額>
第Ⅰ区分 29,200円 (33,300円)
第Ⅱ区分 19,500円 (22,200円)
第Ⅲ区分 9,800円 (11,100円)
※生活保護世帯(扶助の種類を問いません。)を受けている生計維持者と同居している人及び児童養護施設等から通学する人は、カッコ内の金額となります。
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】青森公立大学大学院特待奨学生制度 学内進学特待生(全学部共通)

対象
学内推薦選抜を経て大学院生(博士前期課程)となる方で、学業成績・人物優秀な方
※学業成績要件:特待奨学生申請時点の直近の累積 GPA が 3.00 以上
減免額
標準修業年限期間の授業料の半額
募集時期
学内推薦選抜受付時

【減免型】青森公立大学大学院特待奨学生制度 社会人特待奨学生(全学部共通)

対象
社会人選抜(推薦・選考)を経て、入学する年の 3 月1日時点で以下の地域に所在する企業又は団体に勤務しながら大学院生となる方で、成績・人物優秀な方
東青地域(青森市、平内町、外ヶ浜町、今別町又は蓬田村)以外の青森県内に所在する企業又は団体
学種
大学院
減免額
授業料3割
標準修業年限期間
募集時期
入学する年の3月末日

【減免型】青森公立大学大学院特待奨学生制度 社会人特待奨学生(全学部共通)

対象
社会人選抜(推薦・選考)を経て、入学する年の 3 月1日時点で以下の地域に所在する企業又は団体に勤務しながら大学院生となる方で、成績・人物優秀な方
東青地域(青森市、平内町、外ヶ浜町、今別町又は蓬田村)に所在する企業又は団体
学種
大学院
減免額
授業料半額
標準修業年限期間
募集時期
入学する年の3月末日

【貸与型】青森市奨学金(青森市出身)(全学部共通)

貸与(月額)
33,000円

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
博士前期課程:月額 50,000円又は88,000円
博士後期課程:月額 80,000円又は122,000円
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業困難で学業・人物ともに優秀な学生
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
30,000 円又は45,000 円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
入学から修業年限の終期(入学から4年間)
募集時期
年1回、4月(掲示等により出願説明会の開催をお知らせします)
備考
緊急・応急採用について
主たる家計支持者の失職、死亡または火災等の家計急変や災害等のため緊急に奨学金の貸与の必要が生じた場合は、緊急採用と応急採用の制度がありますので、事務局(教務・学生チーム)に相談してください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業困難で学業・人物ともに優秀な学生
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
30,000 円又は51,000 円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
入学から修業年限の終期(入学から4年間)
募集時期
年1回、4月(掲示等により出願説明会の開催をお知らせします)
備考
緊急・応急採用について
主たる家計支持者の失職、死亡または火災等の家計急変や災害等のため緊急に奨学金の貸与の必要が生じた場合は、緊急採用と応急採用の制度がありますので、事務局(教務・学生チーム)に相談してください。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修業困難で学業・人物ともに優秀な学生
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
希望する奨学金の月額を次の中から選ぶことができます。
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円
利子
利子
貸与期間
入学から修業年限の終期(入学から4年間)
募集時期
年1回、4月(掲示等により出願説明会の開催をお知らせします)
備考
緊急・応急採用について
主たる家計支持者の失職、死亡または火災等の家計急変や災害等のため緊急に奨学金の貸与の必要が生じた場合は、緊急採用と応急採用の制度がありますので、事務局(教務・学生チーム)に相談してください。
学費(初年度納入金)
青森公立大学/奨学金