• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 福井
  • 福井県立大学
  • 奨学金

公立大学/福井

フクイケンリツダイガク

【給付型】日本教育文化財団(全学部共通)

対象
以下の(1)~(6)のすべてに該当する者。
(1)日本国籍を有すること
(2)国内の大学に進学した新一年生であること
(3)募集年度4月1日現在で年齢25才以下であること
(4)経済的な理由により学費の支弁が困難であること
(5)学業優秀且つ品行方正であること
(6)就学状況及び生活状況について適正に報告できること
給付額
月額20,000円(年額240,000円)
正規の最短修業年限の終期まで
人数
毎年10名程度
募集時期
毎年4月1日~6月30日

【貸与型】滑川市奨学資金(全学部共通)

対象
・大学(短大を含む)、高等専門学校、専修学校(専門課程に限る)高等学校の専攻科に在学する者
・滑川市に住所を有する世帯に属する者
・学費の支払いが困難である者
・修学の意欲がある者
・健康かつ品行方正で学業成績が優秀である者
・出身学校長または在学する学校長の推薦がある者
貸与(月額)
40,000円
返還詳細
返還期間:卒業した年から10年間で分割均等返還をしていただきます。
利子
無利子
貸与期間
正規の修学期間
募集時期
平成30年6月1日(金)から平成30年6月15日(金)まで

【貸与型】石川県育英資金(緊急採用)(全学部共通)

対象
次の(1)~(3)のすべての要件を満たしていること。
なお、東日本大震災により石川県に避難してきた生徒にあっては、(1)と(3)の要件を満たしていること
(1)保設者等が石川県内に現に引き続き3年以上居住しており(ただし、高等学校及び専修学校高等程の生徒については、保護耆等が石川県内に現に居住していること。)、高等学校、大学、高等専門学校及び専修学校に在学する学生・生徒にあって、次のいすれかに該当すること。
ア 在学する学校における学業成績が、平均水準以上であること。
イ 特定の分野において特に優れた資質・能力を有すること。
ウ 在学する学校における勉学に意欲があり、学業を確実に修了する見込みがあること。
(2)家計が急変した者で、次のいずれかに該当すること。
ア 主たる家計支持者が会社等の倒産等により解雇され、又は早期退職した場合。又、再就職したが収人が著しく減少している場合。
イ 主たる家計支特者が死亡又は離別した場合。
ウ 主たる家計支特者が破産した場合。
エ 病気、事故、会社倒産、経営不振、その他家計急変の事情により、申込者の属する世帯の家計の支出が著しく増大又は収入が減少した場合。
オ 火災、風水害、震災等の災害により火災救助法、天災融資法の適用を受ける著しい被害又はこれらの災害に準ずる程度の被害を受けたことにより、申請者の属する世帯の家計の支出が著しく増大又は収入が減少した場合。
(3)独立行政法人日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けていない者であること。
貸与(月額)
44,000円
返還詳細
返還期間:貸与終了の1年後(途中辞退者は6ヶ月経過後)から始まり、原則「口座振替」となります。
返還期間は最長20年以内(貸与総額等により異なる)
人数
5名以内
貸与期間
採用を決定したときから採用年度末まで
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構 応急採用(第二種奨学金)(全学部共通)

対象
以下の事由に該当する場合、随時申込みを受け付けます。
・家計支持者が失職・退職した場合
・家計支持者が死亡または離別(離婚・失踪等)した場合
・家計支持者が破産した場合 ・病気、事故、会社倒産、経営不振、その他家計急変の事由により、主たる家計支持者について著しく支出が増大、若しくは収入が減少した場合
手続き
申込み希望者は、学生カウンター(永平寺キャンパス)、企画サービス室(小浜キャンパス)までお越しください。

【貸与型】日本学生支援機構 緊急採用(第一種奨学金)(全学部共通)

対象
以下の事由に該当する場合、随時申込みを受け付けます。
・家計支持者が失職・退職した場合
・家計支持者が死亡または離別(離婚・失踪等)した場合
・家計支持者が破産した場合 ・病気、事故、会社倒産、経営不振、その他家計急変の事由により、主たる家計支持者について著しく支出が増大、若しくは収入が減少した場合
手続き
申込み希望者は、学生カウンター(永平寺キャンパス)、企画サービス室(小浜キャンパス)までお越しください。

【貸与型】日本学生支援機構 第二種奨学金(短期留学)(全学部共通)

対象
本学に在籍のまま、2018年度中に海外の大学・大学院・短期大学に短期留学をする方
手続き
申込み希望者は、学生カウンター(永平寺キャンパス)、企画サービス室(小浜キャンパス)までお越しください。
募集時期
書類提出・申込み入力期限
~2018年1月22日(留学開始月2018年4月~7月)
~2018年5月22日(留学開始月2018年8月~11月)
~2018年9月21日(留学開始月2018年12月~2019年3月)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
・人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な場合は、無利子で奨学金の貸与が受けられます。
・平成24年度から、低所得世帯の生徒等を対象とし、無利子奨学金(第一種奨学金)の貸与を受けた本人が、貸与終了後に一定の収入を得るまでの間は返還期限を猶予する所得連動返済型無利子奨学金制度が新設されています。 第一種奨学生として採用された者の申請データに基づき日本学生支援機構が判定を行います。
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
平成29年以前に入学
自宅外 30,000円、51,000円
の何れかを選択
平成30年以降に入学
自宅外 20,000円、30,000円、40,000円、51,000円
の何れかを選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
日本学生支援機構が定める貸与開始の月から卒業までの最短修業年限の最終月
手続き
希望者は学生カウンター(管理棟1階)で必要書類を受け取り、記入漏れや提出書類に不備がないことを確認の上、所定の期日までに提出してください。さらに、インターネットでの入力手続きを行ってください。
その後、大学から日本学生支援機構に奨学生の推薦を行うことになりますが、推薦にあたっては、出願者の人物、健康、学力、家庭の経済状況などについて審査します。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
・人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な場合は、無利子で奨学金の貸与が受けられます。
・平成24年度から、低所得世帯の生徒等を対象とし、無利子奨学金(第一種奨学金)の貸与を受けた本人が、貸与終了後に一定の収入を得るまでの間は返還期限を猶予する所得連動返済型無利子奨学金制度が新設されています。 第一種奨学生として採用された者の申請データに基づき日本学生支援機構が判定を行います。
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
平成29年以前に入学
自宅 30,000円、45,000円
の何れかを選択
平成30年以降に入学
自宅 20,000円、30,000円、45,000円
の何れかを選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
日本学生支援機構が定める貸与開始の月から卒業までの最短修業年限の最終月
手続き
希望者は学生カウンター(管理棟1階)で必要書類を受け取り、記入漏れや提出書類に不備がないことを確認の上、所定の期日までに提出してください。さらに、インターネットでの入力手続きを行ってください。
その後、大学から日本学生支援機構に奨学生の推薦を行うことになりますが、推薦にあたっては、出願者の人物、健康、学力、家庭の経済状況などについて審査します。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
・人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学困難な場合は、有利子で奨学金の貸与が受けられます。
・第一種奨学金の貸与を受けることによっても、なお修学を維持することが困難であると認められる者は、第二種奨学金も合わせて申込みもできます。
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
平成30年4月以降の月額
20,000円~120,000円(1万円単位)から選択
利子
利子
貸与期間
日本学生支援機構が定める貸与開始の月から卒業までの最短修業年限の最終月
手続き
希望者は学生カウンター(管理棟1階)で必要書類を受け取り、記入漏れや提出書類に不備がないことを確認の上、所定の期日までに提出してください。さらに、インターネットでの入力手続きを行ってください。
その後、大学から日本学生支援機構に奨学生の推薦を行うことになりますが、推薦にあたっては、出願者の人物、健康、学力、家庭の経済状況などについて審査します。

交通遺児育英会

三重県保健師助産師看護師等修学資金

清流の国ぎふ大学生等奨学金

北九州市奨学金返還支援事業

和歌山市奨学金返還助成制度(看護福祉学部)

森記念奨学金(生物資源学部)

森記念奨学金(海洋生物資源学部)

学費(初年度納入金)
福井県立大学/奨学金