• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 女子栄養大学
  • 学校の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

一人ひとり異なるアプローチで“栄養学”を追究します

創立以来、食と栄養と健康をテーマに、実践的な栄養学と保健学の教育と研究に取り組んできた本学。時代のニーズに合わせてきめ細かくカリキュラム改革を行い、資格取得を万全にするための教育体制を整えています。また、栄養学を基礎としながらも資格にとらわれず広く食の世界での活躍を目指す食文化栄養学科には、栄養士養成施設とは異なる視点からの多彩な科目が開講されています。将来の希望、学びのスタイル、興味や関心など、学生一人ひとりが自分にあった“栄養学”を見つけられるよう学科・専攻を用意しています。学校の特長1

施設・設備が充実

最新の施設・設備で技術と知識を確かなものに

医師である本学園創立者、香川昇三と香川綾の提唱した「予防医学」の考えは脈々と受け継がれ、現在もさまざまな研究施設で栄養学の可能性を広げる研究を推進しています。遺伝子医学をはじめ高度なバイオテクノロジーを生活習慣病の一次予防に役立てることを目的とする「生活習慣病研究センター」や、栄養教育プログラムの開発と栄養指導を行う「栄養クリニック」などがあります。また学生の施設としては、衛生管理の国際的な基準であるHACCPに準拠した給食実習施設「給食経営管理実習室」と実習食堂、メニュー開発やカフェ運営の実習ができる食文化キッチン・ラボなどがあり、実践力を養う場となっています。学校の特長2

資格取得に有利

資格取得に向けた万全のサポート。資格試験・採用試験合格率の高さがその証です

2019年3月に実施された『管理栄養士』国家試験では受験者232名全員が合格。7年連続で合格者数全国第1位を達成しました。また、『臨床検査技師』国家試験も高い新卒者合格率を誇ります(2019年は受験者31名中28名が合格し、合格率90.3%を達成)。在学生対象の試験対策指導システム、特論授業など、バックアップ体制は万全。養護教諭1種免許状〈国〉、中学・高等学校教諭1種免許状[家庭]〈国〉を取得した卒業生も採用枠の少ない難関を続々突破しています。学校の特長3
女子栄養大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る