• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 青山学院大学
  • 奨学金

青山学院大学の奨学金

【給付型】青山学院スカラーシップ(冠奨学金)(全学部共通)

給付額
(年額)150,000円~2,000,000円

【給付型】青山学院国際交流奨学金(全学部共通)

給付額
(年額)200,000円

【給付型】青山学院大学 経済援助給付奨学金(全学部共通)

対象
学部4年次の学生のうち、学費等の支弁が困難となった学生
給付額
(年額) 500,000円

【給付型】青山学院大学 経済支援給付奨学金(全学部共通)

対象
成業が見込める者で、経済的理由により学費支弁が困難な学生
給付額
年間学費相当額限度
備考
緊急不測の事態等により学費等の支弁が困難となった学生に対して、随時申請可能な制度もあります。

【給付型】青山学院大学 産学合同外国人留学生グローバル奨学金(全学部共通)

対象
学業成績優秀者
給付額
(年額)300,000円または500,000円
※年度の予算を超過する場合にはひとりあたりの給付額を一律に減額して調整

【給付型】青山学院大学 産学合同万代外国留学奨励奨学金(全学部共通)

対象
海外留学を志す本学学生
給付額
①協定校留学奨励奨学金500,000円
②認定校留学奨励奨学金800,000~1,000,000円
③世界トップレベル大学奨励奨学金
①②に追加して500,000~1,000,000円
※①②③とも半期留学の場合は、半額

【給付型】青山学院大学学業成績優秀者表彰(全学部共通)

対象
本学に在籍する2年生以上の学生で、在籍する年次の前年度において学業成績が優秀と認められる者
給付額
最優秀賞(学部・大学院):20万円
優秀賞(学部):10万円
奨励賞(学部):5万円

【給付型】青山学院大学入学前予約型給付奨学金「地の塩、世の光奨学金」(全学部共通)

対象
一般入学試験または大学入学共通テストにより入学する首都圏(1都3県)以外の出身者で、家計基準等の条件を満たした者
給付額
年額50万円
給付期間:原則4年間の継続給付(毎年継続審査あり)
人数
約350名

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

給付額
第1区分:38,300円
第2区分:25,600円
第3区分:12,800円
自宅・自宅外の別
自宅
備考
併せて、授業料の減免を受けることができます。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

給付額
第1区分:75,800円
第2区分:50,600円
第3区分:25,300円
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
併せて、授業料の減免を受けることができます。

【給付型】日本学生支援機構奨学金〈海外留学支援制度・協定派遣〉(全学部共通)

対象
協定校留学者
給付額
(月額)60,000円~100,000円を留学月数分
※金額は留学地域による

【給付型】日本学生支援機構奨学金〈留学生受入れ促進プログラム〉(全学部共通)

対象
私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、経済的理由により修学が困難である者
給付額
(月額)48,000円

【減免型】外国人留学生兵役休学者学費免除制度(全学部共通)

対象
留学の在留資格を持ち、国籍を有する母国において徴兵されて兵役につくことを理由に休学する学部生及び大学院生
減免額
学費のうち授業料、施設設備料及び実験実習料を免除
在学中に1回限りの申請が可能。
免除期間はこれを申請する外国人留学生の希望する期間とするが、連続した2年間を上限とする。

【減免型】国による高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

減免額
入学金(減免額)
第Ⅰ区分:200,000円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
授業料(減免額)
第Ⅰ区分:700,000円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
給付奨学金
第Ⅰ区分:909,600円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
※年度中に区分が変わった場合、減免額・給付額が変更となります。
※入学金の減免は、入学時の申請のみ有効です。
※第Ⅰ区分~第Ⅲ区分は、世帯の所得金額に基づく区分となります。

【減免型】国による高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

減免額
入学金(減免額)
第Ⅰ区分:200,000円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
授業料(減免額)
第Ⅰ区分:700,000円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
給付奨学金
第Ⅰ区分:459,600円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の3分の1の額
自宅・自宅外の別
自宅
備考
※年度中に区分が変わった場合、減免額・給付額が変更となります。
※入学金の減免は、入学時の申請のみ有効です。
※第Ⅰ区分~第Ⅲ区分は、世帯の所得金額に基づく区分となります。

【減免型】国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所との協定による難民を対象とする推薦入学試験(全学部共通)

対象
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所との協定による難民を対象とする推薦入学試験により入学した学部生。
減免額
入学検定料、入学金、学費及び諸会費を全額免除
学費及び諸会費免除期間は原則4年間。
別途、難民学生支援奨学金制度(月額10万円、支給期間原則4年間)もあり。
人数
毎年1名

【減免型】全国児童養護施設推薦入学試験(全学部共通)

対象
全国児童養護施設推薦入学試験により入学した学部生
減免額
入学検定料、入学金、学費及び諸会費を全額免除
学費及び諸会費免除期間は原則4年間。
別途、三粒の種奨学金制度(月額10万円、支給期間原則4年間)もあり。

【貸与型】青山学院万代奨学金(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、経済的理由により修学が困難な者
博士前期・後期課程・専門職学位課程
学種
大学院
貸与(月額)
85,000円
利子
無利子

【貸与型】青山学院万代奨学金(全学部共通)

対象
学業・人物ともに優秀で、経済的理由により修学が困難な者
学種
大学
貸与(月額)
61,000円
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
緊急不測の事態等により学費の支弁が困難となった場合
奨学金の種類
第ニ種

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
緊急不測の事態等により学費の支弁が困難となった場合
奨学金の種類
第一種

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
修士・博士前期課程/専門職学位課程:50,000円もしくは88,000円
博士・博士後期課程:80,000円もしくは122,000円
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000・30,000・40,000・54,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000・30,000・40,000・50,000・64,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者
奨学金の種類
第ニ種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000・80,000・100,000・130,000・150,000円より選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者
奨学金の種類
第ニ種
学種
大学
貸与(月額)
20,000~120,000円(10,000円単位)より選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種短期留学奨学金(全学部共通)

対象
留学を希望する学生
奨学金の種類
第ニ種
学費(初年度納入金)
青山学院大学/奨学金
RECRUIT