• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 京都医療科学大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木下 尚哉さん(医療科学部 放射線技術学科/診療放射線技師)

先輩の仕事紹介

患者さんの負担が少ない治療と、診断の決め手になるような撮影を目指しています。

診療放射線技師
医療科学部 放射線技術学科/2017年卒
木下 尚哉さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

診療放射線技師としてレントゲン撮影やCT、MRIなどの撮影に加え、現在は放射線治療も行っています。医師の依頼に対してどのように撮影すれば診たい部位が見えやすいのか、どれくらいの線量を出せば最も被曝の影響を抑えられるのを考えながら撮影をしています。治療分野では医師のプランを確認しながら放射線治療を行います。癌細胞を殺傷するほどの放射線を扱うので、一つ一つの治療内容を確かめていくのも、私たちの大切な役割だと思っています。撮影や治療の時には、患者さんがどこの部位を痛がっていて、どう動かすと痛いかなど、会話やコミュニケーションを取りながら、患者さんの負担が少しでも少なくなる撮影や治療を心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子供の頃にスポーツをしていましたが、怪我をしてしまうことが多く整形外科に通っていました。そのころからレントゲンやMRI検査を頻繁に受けており、体の中を無傷で診ることのできる検査や装置に興味を持つようになりました。高校生になって具体的な進路を考えるようになり、大学に進学するなら学んだことを働いても生かせる職種に就きたいと思いました。そこで、医療系の仕事の中でも特に興味があった「診療放射線技師」になろうと決意しました。

学校で学んだこと・学生時代

京都医療科学大学の実習では、市民病院、大学病院、民間病院など様々な種類の病院で実習に行くことができます。これは他の大学に比べても珍しく、京都医療科学大学の強みだと思います。また、国家試験対策では、各分野の先生が国家試験で必要な知識やポイントを凝縮して教えてくれるので、模試での得点にも結びつきやすいと思いました。模試のあとには、自分の苦手な分野や問題の傾向を分析してくれるので、要点を押さえた勉強できます。京都医療科学大学では卒業生が多く、入職試験などの就職情報が豊富だと思います。就職活動では、面接練習や小論文の添削など手厚くサポートしていただきました。

分野選びの視点・アドバイス

診療放射線技師を目指せる大学の中で最も歴史があり、卒業生の数も多いことが京都医療科学大学を選んだ決め手です。単科大学だからこそ、同じ目標をもった仲間たちと学びお互いを高め合えると思います。大学を卒業してからも繋がりが続く事が多く、大学で出来た友人たちが生涯の友になるのだと思います。診療放射線技師は努力すれば必ずなれる職業だと思っています。大学という学びの場でキャンパスライフを楽しみながら、地道な努力を重ねて頑張ってください。大学で学んだことは就職してからも自分を助けてくれると思います。

木下 尚哉さん

滋賀県立総合病院 放射線部/医療科学部 放射線技術学科/2017年卒/診療放射線技師としてレントゲン撮影やCT、MRIなどの撮影に加え、現在は放射線治療などの業務に従事。撮影や治療では、過剰な放射線被ばくが無いか、本当に今の条件が最適かどうかなど、患者さんの負担を減すことを大切にしています。様々なモダリティの垣根を越え、他分野で学んだ技術や方法を業務に取り入れながら、患者さんに有益な医療を提供できる放射線技師になることが今後の目標。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

京都医療科学大学(私立大学/京都)
RECRUIT