• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 北海道
  • 函館大谷短期大学
  • 奨学金

【給付型】東本願寺奨学金(全学部共通)

対象
奨学生願書及びレポートの内容から総合的に判定
給付額
80万円/年
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写し・レポートを提出

【給付型】函館大谷短期大学学業優秀学生奨学金(全学部共通)

対象
1学年次の成績上位者で、人物的に優れ他の学生の模範となる者
給付額
10万円/年
手続き
申請は不要で、各科で決定

【給付型】函館大谷短期大学特別奨学金(全学部共通)

対象
学力が平均評定値4.0以上
収入が基準額以下(※1)
※1給与所得者:659万円、給与所得以外:287万円(4人世帯の収入・所得の上限額の目安)
給付額
46万5000 円/年
2年間
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しを提出

【減免型】特待生制度(A.入学金全額免除)(全学部共通)

対象
学校推薦入学またはAO入学志願者中、成績評定平均値3.7以上を有する者。
減免額
入学金全額免除
手続き
申込書・エントリーカード・推薦書などを提出してください。

【減免型】特待生制度(B.入学金半額免除Ⅰ)(全学部共通)

対象
学校推薦入学またはAO入学志願者中、成績評定平均値3.5以上を有する者。
減免額
入学金半額免除

【減免型】特待生制度(C.入学金半額免除Ⅱ)(全学部共通)

対象
自己推薦入学または試験入学志願者中、成績評定平均値3.5以上を有する者で、特待生希望の申し出があった者の中から選考。
減免額
入学金半額免除

【減免型】特待生制度(D.入学金全額または半額免除、あるいは授業料一部免除)(全学部共通)

対象
「学科の求める学生像」と合致すると判断された者、あるいは文化・スポーツ・社会活動が地域に高く評価されていると判断された者の中から選考。
減免額
入学金全額または半額免除、あるいは授業料一部免除
備考
※A.B.C.Eと併願可

【減免型】特待生制度(E.入学金半額免除Ⅲ)(全学部共通)

対象
①本学附属幼稚園を卒園した者。
②宗門推薦を受けた者。
③同窓生推薦を受けた者。
④二親等以内の親族が本学に在籍している者。
減免額
入学金半額免除
備考
※B.C.Dと併願可

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
学力が平均水準以上
収入が基準額以下(※2)
※2給与所得者:1,081万円、給与所得以外:673万円(4人世帯の収入・所得の上限の目安)
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
2万円~12万円
利子
利子
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しor申告内容確認票の写しを提出
備考
※第一種と第二種は併用可

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
学力が平均評定値3.5以上
収入が基準額以下(※1)
※1給与所得者:659万円 給与所得以外:287万円
(4人世帯の収入・所得の上限額の目安)
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円~5万3000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しor申告内容確認票の写しを提出
備考
※第一種と第二種は併用可

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
学力が平均評定値3.5以上
収入が基準額以下(※1)
※1給与所得者:659万円 給与所得以外:287万円
(4人世帯の収入・所得の上限額の目安)
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
2万円~6万円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しor申告内容確認票の写しを提出
備考
※第一種と第二種は併用可

【貸与型】函館大谷学園貸与奨学金(全学部共通)

対象
収入が基準額以下(※1)
※1給与所得者:659万円、給与所得以外:287万円(4人世帯の収入・所得の上限額の目安)
貸与(総額)
93万円~46万5000円/年
貸与期間
2年間
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しを提出
学費(初年度納入金)
函館大谷短期大学/奨学金