• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 北海道
  • 函館大谷短期大学
  • 奨学金

【給付型】自宅外通学助成給付金(全学部共通)

対象
アパート・下宿で生活している学生
給付額
月額10,000円

【給付型】東本願寺奨学金(全学部共通)

対象
奨学生願書及びレポートの内容から総合的に判定
給付額
80万円/年
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写し・レポートを提出

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付(全学部共通)

【給付型】函館大谷短期大学学業優秀学生奨学金(全学部共通)

対象
1学年次の成績上位者で、人物的に優れ他の学生の模範となる者
給付額
10万円/年
手続き
申請は不要で、各学科で決定

【給付型】函館大谷短期大学特別奨学金(全学部共通)

対象
学力が学習成績の状況(評定平均値)4.0以上
収入が基準額以下
給付額
46万5000 円/年
2年間
人数
各学科若干名
手続き
奨学生願書・源泉徴収票や確定申告(控)の写しを提出

【減免型】一般特待生制度(全学部共通)

対象
コミュニティ総合学科、こども学科
学校推薦型選抜第Ⅰ期の合格者
高等学校を2021年3月卒業見込みの者で、学習成績の状況(評定平均値)が3.7以上であり、出身高等学校長から推薦された者で、特待生希望の申し出があった者。さらに各学科の「入学者受入れの方針」を理解した者
減免額
特待生A:入学金全額免除および授業料30万円免除(2年間)
特待生B:入学金全額免除および授業料15万円免除(2年間)
特待生C:入学金全額免除
人数
特待生A コミュニティ総合学科:1名、こども学科:1名
特待生B コミュニティ総合学科:2名、こども学科:4名
特待生C コミュニティ総合学科:3名、こども学科:7名

【減免型】高等教育の修学支援制度(全学部共通)

減免額
入学金減免額
第Ⅰ区分:220,000円
第Ⅱ区分:区分Ⅰの2/3
第Ⅲ区分:区分Ⅰの1/3
授業料減免額(年額)
第Ⅰ区分:620,000円
第Ⅱ区分:区分Ⅰの2/3
第Ⅲ区分:区分Ⅰの1/3
給付奨学金(月額)
第Ⅰ区分:38,300円
第Ⅱ区分:25,600円
第Ⅲ区分:12,800円
自宅・自宅外の別
自宅

【減免型】高等教育の修学支援制度(全学部共通)

減免額
入学金減免額
第Ⅰ区分:220,000円
第Ⅱ区分:区分Ⅰの2/3
第Ⅲ区分:区分Ⅰの1/3
授業料減免額(年額)
第Ⅰ区分:620,000円
第Ⅱ区分:区分Ⅰの2/3
第Ⅲ区分:区分Ⅰの1/3
給付奨学金(月額)
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】宗門推薦特待生制度(全学部共通)

対象
真宗大谷派寺院住職による推薦があった者
減免額
入学金半額

【減免型】附属園卒園特待生制度(全学部共通)

対象
本学附属園を卒園した者
減免額
入学金半額

【貸与型】生活福祉資金貸付(全学部共通)

対象
低所得世帯
貸与(月額)
教育支援60,000円以内
貸与(総額)
修学支度費500,000円以内
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
月額最高60,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
月額最高53,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000~120,000円で10,000円刻みの月額の中から希望する額を選ぶ。
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

貸与(総額)
100,000~500,000円まで選択
利子
利子

【貸与型】母子父子寡婦福祉資金貸付金(全学部共通)

対象
ひとり親家庭
貸与(月額)
90,000円以内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
学費(初年度納入金)
函館大谷短期大学/奨学金
RECRUIT