• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石田 武志さん(建設エンジニア学科/土木施工管理技士)

今日の仕事に何が必要かをまとめ手順を考えていきます

先輩の仕事紹介

土木の魅力は仕事のスケール!1日1日、変化を続ける現場を楽しんでいます

土木施工管理技士
建設エンジニア学科 卒/2019年卒
石田 武志さん

この仕事の魅力・やりがい

私の勤める宮本組は全国の土木工事を請け負っており、中でも土工事を得意とする会社です。土木施工管理職として日々の安全管理や品質、工程管理を任される中で、意識するのは同僚や関係者とのコミュニケーション。多くの人と打ち合わせを重ね、想いをひとつにして力を合わせながら、大規模な工事を円滑に進められることを心掛けています。1日1日、変化を積み重ねる土木の現場は、昨日と同じ状況が続くことはありません。だから常に新鮮な気持ちで仕事に臨めますし、その一つひとつの役割の意味を大切に思えるんです。今後も「わからないことはすぐに学び、解決する」という姿勢を忘れず、ひとつ先を見据えた仕事にこだわっていきます。

学校で学んだこと・学生時代

修成の魅力は現場やものづくりを体験できる多彩な実践の場。学んだ知識が仕事にどう活かされるのかを理解できるため、座学にも精力的に取り組めました。充実したサポート体制のもと次々に意欲が高まり、プロの活躍に不可欠な資格取得にも積極的にチャレンジ。努力を重ねて得た知識と数々の資格は、大きな自信となって今の私を支えてくれています。もうひとつ感謝したいのは、あらゆる建設の専門分野をカバーした学習フィールド。キャンパス内での活発な交流を通して、建築や造園など他分野の知識に触れることができ、今の仕事に役立つ幅広い視野を養えました。この恵まれた環境は建設の総合校である修成ならではだと思います。

在学中に養われたスキルの数々が今を支えるチカラに

分野選びの視点・アドバイス

工事現場で数多くの人と関わるのが施工管理職の役割ならば、お客様と意見を交わして条件に合った提案を行うのが設計職の役割。つまり建設業をめざすのであれば、職種を問わずコミュ二ケーション能力は不可欠です。そのチカラを在学中にどれだけ養えるか…が、学校選びの大きなポイントになると言えるでしょう。また、現場全体を見る施工管理職は業界での経験が問われる仕事です。2年という短期間で実践力を養え、いち早くプロの現場に飛び込める専門学校は、魅力的な選択肢だと私は思います。目標に即した学科を見極めるためにも、習得できるスキルを知るためにも、オープンキャンパスで学びの雰囲気を確かめることをオススメします。

信頼関係を築くうえでもコミュニケーションは不可欠!

石田 武志さん

株式会社宮本組 勤務/建設エンジニア学科 卒/2019年卒/石田さんが土木の道に進むきっかけとなったのは、ものづくりに対する興味から。高校2年生の時にはすでに“なりたい自分”を明確に描き出していたという。「ものづくりに関する仕事の中でも、建設の魅力は自分の携わった仕事が目に見える形として長く残ること。現在の職場を選んだ理由も、全国で大規模な工事を請け負うスケール感に魅かれたからなんです」。憧れの舞台でプロとなって1年目。今後、石田さんが手掛けるであろう数多くの“作品”が楽しみだ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
修成建設専門学校(専修学校/大阪)