• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 野田 知哉先生(CGデザイナー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカジョウホウコンピュータセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

デザインの出発点となる発想力を伸ばしてくれる先生

CGデザイナー
デザイン・Web系(2・3年制) 
野田 知哉先生
先生の取組み内容

デザインは、プログラムを覚えるといったハードルがない分、とっつきやすい分野だと思います。しかし、グラフィックデザインにしても、イラストレーションにしても、つきつめると結構奥が深く、やればやるほどその面白さにはまっていくことでしょう。デザイン全般に共通して言えますが、モノづくりは自由な発想から生まれます。デッサン、色彩、レイアウト等々の技術も必要ですが、いくら技術があってもアイデアを生み出すチカラが弱いと面白いモノはつくれません。発想力を磨くには、実際にいろんな人と話をしたり、いろんな経験をしたり、日々何かに感動することが大事です。絵がヘタだから自分には無理と短絡的に考える人がいますが、そんなことはありません。誰もが持っているアイデアを生み出すチカラを伸ばすのが、私の役割だと思っています。

クラスの仲間はもちろん、部活などを通してたくさんの人と関わり、切磋琢磨してほしいです。

授業・ゼミの雰囲気

プロジェクト型のデザイン制作を行う授業で、仕事をトータルかつリアルに知る

最近の具体例としては、洋菓子店の広告制作が挙げられる。これは先生の知り合いが経営している洋菓子店の広告を実際につくり、売上増を達成するというもの。新商品、売れ筋商品をどのように訴求すればより売れるか考え、デザインはもちろん、イラスト、コピー、写真も全て学生たちで考えた。途中段階ではクライアントから厳しい意見ももらったが、改良して仕上がったチラシにより、売上やリピーターの拡大に成功した。「実際の仕事に近い経験をすることで、デザインの仕事の難しさや楽しさを知ってほしい」と野田先生は語る。

分からず困っている状況を学生の表情からくみとり、どんな小さなことでも丁寧に教えてくれる野田先生。

キミへのメッセージ

OICに入ったら、他分野の学生たちとも積極的につながりましょう

デザイン分野の仕事は、まわりの人たちと協力しなければ成功しません。OICには様々な職種をめざす学生がたくさんいます。そうした学生間の多彩なつながりは、将来仕事をしていく上できっと生きるはずです。

物腰は穏やかだが、中学から高校までロックバンドを組んで活動していたことがある。

野田 知哉先生

専門:グラフィックデザイン、イラストレーション、Webデザイン
略歴:大阪市出身。広告デザイン制作会社で、デザイナー兼イラストレーターとして出版・広告デザイン・イラスト制作を担当。1996年、デザインの見聞を広げるためアメリカ・LAに留学。帰国後フリーランスで活動する。大手テーマパークのプロジェクト、企業キャラクター制作、広告イラストなどを数多く手がける。個展歴多数。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪情報コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)