• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ル・トーア東亜美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川村 賀美さん(美容学科/美容師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

ル・トーアトウアビヨウセンモンガッコウ

技術はもちろん、気配りや思いやりが大切な仕事です

先輩の仕事紹介

美容師は、心から人に感謝して、人から感謝の気持ちをいただける、温かい仕事です。

美容師
美容学科/2006年3月卒
川村 賀美さん

この仕事の魅力・やりがい

何年か前に、サロンの引越しがありました。数駅離れたところに移動したのですが、常連のお客さまは、お店が遠くなっても来てくださいました。「おかげで行動範囲が広がったわ」と言ってくださる方もおられて、本当にありがたかったです。素敵なお客さまに恵まれて、幸せだと思いました。私は、日頃から「お客さまのためにできることは、全部やるぞ」という気持ちを、忘れないように心がけています。最近はコンクールへの参加にも力を入れていますが、それも基本はお客さまのため。コンクールで得た知識や経験は、全てサービスに活かすつもりでがんばっています。一生懸命自分を磨いて、もっとお客さまに喜んでいただける美容師になりたいです。

学校で学んだこと・学生時代

ル・トーアを選んだ理由は、厳しそうなイメージがあったからです(笑)。美容師として社会に出ることを考えたら、知識や技術をしっかり教えてもらえる学校が良いと思って。入学したら、ファッションへの意識が高い学生が多くて驚きました。同級生には、刺激や影響を受けることが多かったですね。印象的な授業は、お客さまを相手にサロンワークを行う「サロン実習」。初日は緊張しすぎて、何もできずに泣いてしまった覚えがあります。でも、回を重ねるごとに慣れてきて、楽しく接客できるようになりました。学生のうちに、サロンの雰囲気や接客を体験できたのは、良かったですね。厳しいだけでなく、楽しいこともたくさんあった学生時代でした。

一流のスタイリストをめざし、ひたすら努力を重ねます

これからかなえたい夢・目標

昨年、ル・トーアの校内に本部がある「CAT日本」のコンクールで優勝しました。優勝者はイタリアでの世界大会に出場できるので、今は準備を進めています。幼い頃から、なんとなく海外に憧れていましたが、この挑戦がきっかけで、「美容師として海外へ行き、力を試したい」と考えるようになりました。世界大会をステップにして、その夢をかなえられたらと思います。美容師は、成長するのもしないのも、すべて自分の努力次第。「自分との戦い」という側面が強いですが、その分、成長への手ごたえが感じられます。さらに、努力の成果でお客さまをキレイにできたら、もっと大きな喜びが得られます。人に感謝して感謝される、温かい仕事だと思います。

お客さまと自分のために、いろんなことに挑戦したい

【人の役に立つ】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

川村 賀美さん

ル・サロン 福島店 勤務 店長/美容学科/2006年3月卒/幼い頃から髪をアレンジするのが好きだった。中学生のときに職業体験で美容室へ行き、地域の人と仲良く会話をする店主を見て、美容師になる決意を固めた。高校生のときにさまざまな専門学校を見学し、「シンプルできっちりしている」という印象のル・トーアを進学先に選ぶ。学生時代の忘れられない思い出の一つは、技術研修合宿。「ひたすらワインディングをするなど、厳しい研修内容でしたが、友だちと一緒に乗りこえて、達成感が得られました」と振り返る。このほか、ヘアショーに参加したり、子どものヘアセットをするアルバイトをしたりと、課外活動にも力を入れていた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

ル・トーア東亜美容専門学校(専修学校/大阪)