• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 名古屋未来工科専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 安藤 貴博さん(機械・自動車工学科/自動車整備士)

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤミライコウカセンモンガッコウ

旧校名 名古屋デジタル工科専門学校 2020年4月名称変更

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

先輩の仕事紹介

お客様からの「ありがとう」を増やしたい!信頼していただける整備士を目指しています

自動車整備士
機械・自動車工学科 卒/2015年卒
安藤 貴博さん

この仕事の魅力・やりがい

主な仕事は、点検・修理です。点検と言っても、半年点検、12ヶ月点検、車検、一般整備とたくさんあります。お客様が車の不調に不安になっていることを聞き、それをどうやって修理するか考え、説明をして納得していただく。この流れがスムーズに運び、お客様に「ありがとう」の言葉をいただくと嬉しく、やりがいにつながります。お客様への説明時に心がけていることは、なるべく専門用語は使わずに例えを出してわかりやすく説明することです。技術や知識を求められるのはもちろんですが、サービス業でもあるのでお客様とのコミュニケーションも大切だと感じています。車を長く愛用していただくために、信頼できる整備士として力になりたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

自動車について元々興味があり、漠然と「自動車業界で働きたい」と思っていました。専門学校で自動車業界について学べる学校を探した時に名古屋デジタル工科専門学校に出会いました。体験入学に参加した時に、CADや自動車整備の体験もできて楽しかったことを覚えています。何校か検討しましたが、自宅から通いやすく、学費もリーズナブルだったこともあり入学を決めました。入学後、機械設計やメカトロニクスなどを学びモノづくりについての知識が身につきました。その中でも、自動車整備の授業が特におもしろいと感じ関心が深まり整備士として働きたいと思うようになりました。就職活動は大変でしたが、相談できる先生もいて励まされました。

整備、点検後には点検記録簿を記入し、記録を残します

これからかなえたい夢・目標

働き始めた頃は、先輩について仕事を教えてもらい補助しながら覚えていきました。現場スキルも少ないため、とにかくたくさんの車を扱うことで知識と技術を身につけてきたという感じですね。将来の目標としていることは、フォルクスワーゲンが認定したテクニシャンの「テクニカルマイスター」を取得することです。取得している先輩の仕事ぶりを見ると、部品の外し方や作業のやり方などとてもスムーズで自分も早くそんな風になりたいと思います。整備・点検する時間は限られているので、その中でいかに早く正確に丁寧にできるかが問われます。頑張って、少しでも早く先輩に追いつきたいです。

必要な工具は入社してから自分で買い揃えました

安藤 貴博さん

ネッツトヨタ東名古屋株式会社 フォルクスワーゲン みよし中央店勤務/機械・自動車工学科 卒/2015年卒/「この仕事をしていると、普段から自動車のことについて自分で出来ることが増えますね」と話してくれた安藤さん。オイル交換や洗車、タイヤ交換などやれそうでできなかったことが自分でたくさんできるようになったという。時々、友だちの車を見てあげることもあるそうだ。学校の思い出を聞いてみると、「名古屋デジタル工科専門学校は親しみやすい先生ばかりで、わからないことも質問しやすいです。クラスみんなが仲良く楽しかったです」と答えてくれた。休みの日は車から離れて、大好きな古着巡りをして過ごしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

名古屋未来工科専門学校(専修学校/愛知)