• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 山口
  • 山口コ・メディカル学院
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 言語聴覚学科

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科

定員数:
20人

県内唯一の言語聴覚士の養成課程。音声・言語・聴覚と障がいの幅広い分野を、教員が豊富な経験を活かして指導します。

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 言語聴覚士

    「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリのスペシャリスト

    言語聴覚士は、1997年に国家資格となった比較的新しいリハビリテーション専門職です。脳卒中や事故の後遺症による障がい、生まれつきの障がいにより、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」といった面に不自由さを抱えている人のリハビリテーション(リハビリ)を手助けするのが主な役割。言語聴覚障がいに加え、医学や歯科学、心理学にも精通したリハビリの専門家として、医療施設、高齢者介護・福祉施設、子どもの福祉・療育施設など、さまざまな分野で活躍しています。言語聴覚士として働くためには、まずは国家資格を取得するのが一般的。高校卒業後、大学や専門学校などの言語聴覚士養成施設で3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格を得ることができます。合格率は60~70%台で推移しており、作業療法士などほかのリハビリ職種に比べると少し合格率が低くなっています。とはいえ、養成施設の卒業後すぐに受験をする新卒者の合格率は例年80%を超えていることから考えると、養成施設でのカリキュラムをしっかりこなし、卒業年次に受験することが合格への近道と言えるでしょう。

初年度納入金:2021年度納入金 140万円  (入学金40万円を含む)(教科書代、実習着衣代、教材費、自治会費等が別途必要。初年度は約18万円)
年限:4年制

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の学科の特長

言語聴覚学科の学ぶ内容

音声・言語・聴覚に障がいがある方に対して、豊かな心で生活できるよう支援する言語聴覚士に
山口県で唯一、言語聴覚士を目指せる学科です。音声、言語、聴覚、摂食・嚥下(食べること・飲み込むこと)に障がいのある方に対して、それらの器官の構造を理解し、どのように治療・訓練・指導・支援をするかなどについて、演習や実習を通して学びます。

言語聴覚学科の授業

音声・言語・聴覚の障がいについての療法を習得。様々なコミュニケーション技術も学ぶ
聴覚障がいや発声障がい、失語症をはじめとする言語障がいなど障がいに応じたリハビリを行うため器官の構造、障がいの診断方法や療法などを実習で学びます。手話、盲ろう者リハビリの触手話などのコミュニケーション技術についても勉強するほか、音声を視覚的に見る機器を使って自分の声の分析をする授業もあります。

言語聴覚学科の先生

看護師と言語聴覚士両方の視点から指導しています
言語聴覚士は、仕事を通して多くの方と知り合うことができたり、人間の不思議の科学に触れられるなど、素晴らしいことがたくさんある職業です。看護師の経験を活かし、言語聴覚士と両方の視点で長く患者様をサポートしてきた知識を、後輩の成長に役立てたいと思っています。(倉品房代学科長)

言語聴覚学科の学生

学生の声:垣田 奈帆子さん(サビエル高等学校出身)
私自身、食べることや人と話すことが大好きです。だからこそ、食べることやコミュニケーションを取ることに悩みや障がいを抱え、辛い思いをしている方のサポートをしたいと思いこの道を目指しました。学校での学びは大変なことも多々ありますが、クラス全体で同じ夢に向かって協力しながら頑張っています。

言語聴覚学科の卒業後

指導・援助対象は乳幼児から高齢者まで。医療・福祉・教育など様々な分野での活躍が期待できる
言語聴覚士は、言語訓練だけでなく「飲み込み」に障がいのある人々に対してもサポートを行う職業です。発声・嚥下という口腔内の複雑な動作を訓練する分野のため、対象は乳幼児から高齢者まで様々。全国的に言語聴覚士の絶対数は足りないと言われる中、卒業後は病院や福祉施設、教育機関など幅広い活躍が期待されています。

言語聴覚学科の資格

1クラス20人以下の少人数制。日本全国から招く著名な医師や言語聴覚士の講義もしっかり聞ける
本学院は1クラス20人以下の少人数制。講義や施設見学、実習でも十分なサポートが受けられます。また、日本全国から各分野で著名な医師、言語聴覚士、その他の専門家を講師に招いた授業も開講しています。教科書には載っていないような最新の療法や現場事情をいち早く学ぶことができ、国家試験や就職現場で活かせます。

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の学べる学問

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の目指せる仕事

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の資格 

言語聴覚学科の受験資格が得られる資格

  • 言語聴覚士<国>

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の就職率・卒業後の進路 

言語聴覚学科の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者数54名※ )

言語聴覚学科の主な就職先/内定先

    山口県立総合医療センター、美祢市立病院、美祢市立美東病院、いしい記念病院、山口平成病院、周南記念病院、徳山中央病院、徳山リハビリテーション病院、泉原病院、徳山病院、防府リハビリテーション病院、老人保健施設 尚歯堂、山口県済生会山口地域ケアセンター、山口リハビリテーション病院、小郡第一総合病院、仁保病院、柴田病院、小郡まきはら病院、阿知須共立病院、宇部西リハビリテーション病院、山口労災病院、昭和病院、王司病院、長門一ノ宮病院、重本病院、長門総合病院、岡田病院、都志見病院、広島共立病院、五日市記念病院、脳神経センター大田記念病院、誠愛リハビリテーション病院、大西脳神経外科病院 ほか

※ 2019年3月卒業生実績 (学校全体)

※は2019年3月時点の内定実績

山口コ・メディカル学院 言語聴覚学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒753-0054 山口市富田原町2番24号
TEL 083-933-0550
E-mail info@ptotst.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
山口県山口市富田原町2-24 JR山口線「湯田温泉」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

山口コ・メディカル学院(専修学校/山口)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る