• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 嘉悦大学
  • 奨学金

【給付型】後援会家計急変に伴う緊急奨学金(全学部共通)

対象
本学の正規学生で入学後、学費負担者が病気、死亡、失職(定年退職、自己都合退職を除く)、自己破産等の事由による家計の急変などにより、学業の継続に支障を生じた者。なお、次の各号にあげる者は、給付を申請できません。
(1)当該年度に特待生及び奨学生として学費の給付・減免を受けている者。
(2)当該年度に、嘉悦大学修学支援授業料減免の給付を受けた者。
(3)当該年度に、嘉悦大学私費留学生授業料減免の給付を受けた者。
(4)学内外の機関、団体から給付型の奨学金等を受けている者。
給付額
年間授業料の2分の1以内とし、在学中に1回限り
手続き
所定の家計急変に伴う緊急奨学金申請書に、次の書類を添えて学生支援センターに提出してください。
・家計急変状況を証する書類
・その他、大学が必要と認めた書類等

【給付型】後援会学修奨励費奨学金(全学部共通)

対象
嘉悦大学に在学する2年次以上の学生で、次の各号に該当する者。
(1)給付対象者は前年度終了時の通算GPAが各学部、各学年で最も優れていて取得済単位数が2年次36単位、3年次72単位、4年次108単位以上の者。
通算GPAが同じ該当者がいる場合には取得済単位数が多いもの優先する。
(2)嘉悦大学及び他機関の奨学金を給付されていない者
給付額
年間授業料の2分の1相当額
人数
各学部、各学年1名

【給付型】後援会奨学金制度(全学部共通)

対象
嘉悦大学に在学する2年次以上の学生で、次の各号に該当する者。
(1)人物良好で嘉悦大学に貢献した者
(2)嘉悦大学及び他機関の奨学金を給付されていない者
給付額
年額授業料の2分の1相当額
人数
各年次4名以内
手続き
奨学金給付申請書に教員の推薦書を添付し、学生支援センターに提出して下さい。
募集時期
6月

【給付型】短期派遣留学生補助金制度(全学部共通)

対象
本学と提携している武漢大学に短期派遣留学学生として認められた者
(申請時GPA2.2以上で長期派遣留学を希望している)
給付額
8万円
人数
決定後援会役員会において、提出された留学補助金申請書に基づき予算内で決定する。(上限3名)
手続き
保証人連署の留学補助金申請書を出発日の1ヵ月前までに学生支援センターに提出して下さい。

【給付型】長期派遣留学生補助金制度(全学部共通)

対象
本学と提携している海外の大学に派遣留学学生として認められた者
給付額
10万円
人数
後援会役員会において、提出された留学補助金申請書に基づき予算内で決定する。(上限7名)
手続き
保証人連署の留学補助金申請書を出発日の1ヵ月前までに学生支援センターに提出して下さい。

【給付型】報奨金制度(全学部共通)

対象
規程に基づき資格等を取得した学生
給付額
300,000円、100,000円、10,000円、5,000円
手続き
報奨金の申請は、1つの資格に対して在学中1回限りとします。報奨金の申請は、特別の理由がある場合を除き、その事由が発生してから6ヶ月以内とします。

【減免型】授業料減免制度(私費外国人留学生のみ)(全学部共通)

対象
「留学」の在留資格を有する者
毎学期履修登録を行い、定期試験(追試験含む)を受験している者
授業の出席状況が良好であること
2年次生以上は日本語能力試験(JLPT)のN1またはN2を有していること
学費減免の申請手続時までに、設置の全ての日本語科目を修得し、その単位を含め、原則として次の単位数を修得しているものとする。
※年次別に要求された単位数を満たさない場合は減免できません。
1年次生10単位以上
2年次生44単位以上
3年次生72単位以上
4年次生100単位以上
なお、日本語科目の履修にあたっては、特に授業の出席を重視して80%以上の出席率でなければならないなど、日本語能力向上の支援とセットで制度設計されているのが特徴です。
減免額
各学部の年間授業料の20%または30%

【減免型】修学支援授業料減免制度(全学部共通)

対象
経済的理由により就学が困難な学生
減免額
年間授業料の15%から30%の範囲で免除
募集時期
毎年9月頃に申請手続き等をお知らせします。

【減免型】特待生奨学制度(全学部共通)

対象
大学入試時の成績により、奨学金給付基準に達し、特待生として入学を許可された学生
減免額
授業料全額、半額相当額あるいは入学金の納付を免除
備考
第2学年以降特待生としての資格を継続するためには、前年度の学業成績が春学期と秋学期を通算して、経営経済学部もしくはビジネス創造学部の学年上位10分の1以内である必要があります。(入学金免除者は除く)

【貸与型】後援会奨学金貸与制度(全学部共通)

対象
嘉悦大学4年に在学する学生で、次の各号に該当する者。
(1)経済的理由により修学困難であると認定された者
(2)成績、素行の不良でない者
貸与(総額)
学費(授業料・設備費・教育充実費・環境衛生暖房費)に相当する金額
返還詳細
返還期間:正規の修学期間の終了した月の翌月から返還を開始する。
貸与期間
貸与を決定した学期~正規の修学期間が終了する学期
手続き
保証人連署の奨学金貸与申請書を学生支援センターに提出して下さい。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業成績に優れ、経済的理由により著しく修学困難な学生
大学院博士前期課程
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円または88,000円から選択
利子
無利子
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業成績に優れ、経済的理由により著しく修学困難な学生
経営経済学部・ビジネス創造学部
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円または64,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業成績に優れ、経済的理由により著しく修学困難な学生
経営経済学部・ビジネス創造学部
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円または54,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業成績に優れ、経済的理由により著しく修学困難な学生
大学院博士後期課程
学種
大学院
貸与(月額)
80,000円または122,000円から選択
利子
無利子
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
第一種奨学金より緩やかな基準によって選考された学生(経営経済学部)
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円(1万円単位で選択)
利子
利子
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
第一種奨学金より緩やかな基準によって選考された学生(ビジネス創造学部)
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円(1万円単位で選択)
利子
利子
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
第一種奨学金より緩やかな基準によって選考された学生
大学院博士前期課程・博士後期課程
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
【大学院博士前期課程・博士後期課程】
50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から選択
利子
利子
備考
第一種奨学金と第二種奨学金の併用貸与を受けることもできます。また、家計の状態が急変した場合、緊急採用をうけることができます。
学費(初年度納入金)
嘉悦大学/奨学金