• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 呉竹鍼灸柔整専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大場 幸成さん(鍼灸マッサージ科/スポーツトレーナー)

神奈川県認可/専修学校/神奈川

クレタケシンキュウジュウセイセンモンガッコウ

今の仕事は心底楽しい。試合中など自然とガッツポーズが出てしまう瞬間があります。

先輩の仕事紹介

トレーナーは人を幸せにする仕事。心から感動できる場面に出会えます。

スポーツトレーナー
鍼灸マッサージ科(午後コース)/2016年3月卒業
大場 幸成さん

この仕事の魅力・やりがい

トレーナーという仕事は、人に安心感を提供し、幸せをもたらす仕事です。身体のことに気づきを与え、ケアすることで生活の質を高め、人生を変えるきっかけを作れるのです。スポーツ選手の場合は、ケガが選手生命を左右します。特にアメフトでは深刻なケガが少なくありません。「大場がいたからケガから回復できた、良いプレーができた」と言われると最高にうれしい。苦労は多いですが、これほど一喜一憂でき、心から震えるほど感動できる仕事はないと思います。目標は日本一のトレーナー。常に目の前の人が何を求め、どうなりたいのか、そのために必要なことや自分にできることは何かと必死に考え、その人を幸せにする方法を考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校サッカー部での選手時代に接骨院でお世話になり、身体のケアに興味を持つようになりました。当時から会社員になるより専門職に就きたいと思っており、いろいろ調べて知ったのがアスレティックトレーナーという職業です。選手をサポートする立場でピッチに立つことにカッコ良さを感じました。呉竹鍼灸柔整専門学校に入学したのは、大学在学中に学生トレーナーとして活動する中で、もっとケガのケアについてスキルの幅を広げたいと思ったことと、鍼灸という奥深い世界に憧れたことが理由です。また、当時はプロサッカーの現場で働きたいと考えていて、鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師の資格を取ることが近道だと思ったからです。

5年後10年後の自分の姿を描くと、今やるべきことが見えてきます

学校で学んだこと・学生時代

呉竹鍼灸柔整専門学校を選んだのは、学費がリーズナブルで必要最小限の授業時間数だったからです。学費を稼ぎ、現場で経験を積みたいと考えていたので効率よく学べるのは魅力でした。伝統校としての安心感も決め手になりました。解剖学や生理学の授業を通して身体の仕組みや不調の根本を考える習慣がつき、東洋医学を学ぶことで多角的な視点を得られました。大学時代は気づけなかったケアの知識を得られ、スキルの幅を広げられたと思います。授業でいただいたオリジナルの資料はとても分かりやすく、今も時々見直しています。また、臨床実習で様々な先生方の評価方法を見られたのも役に立ち、話し方やプレゼン力を養うために参考になりました。

授業で積み重ねたものが今の仕事の基盤になっています

大場 幸成さん

「オール三菱ライオンズ」トレーナー/「TEETER TOTTER」スタッフ/鍼灸マッサージ科(午後コース)/2016年3月卒業/高校を卒業後、大学の体育学部に進学。バスケットボール部の学生トレーナーとして現場経験を積む。大学を卒業後すぐに呉竹鍼灸柔整専門学校に入学し、鍼灸マッサージを学びながら母校のサッカー部に帯同。2年次からアメリカンフットボールチーム「オール三菱ライオンズ」のトレーナーに就任し、選手の外傷ケアを担当。現在もチームに帯同するほか平日はコンディショニングルーム「TEETER TOTTER」に勤務し、パーソナルトレーナーとして特に中高年の利用者向けにライフスタイルに寄り添ったコンディショニングを提供している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

呉竹鍼灸柔整専門学校(専修学校/神奈川)