イベント・ニュース

福山市立大学、「防災×多文化共生のまちづくり」2/11開催

福山市立大学は、災害に強いまちづくりのための多文化共生シンポジウムを2019年2月11日(月・祝)に開催する。
 
2018年7月の豪雨災害は,これからのまちづくりのあり方を私たちに問いかけている。
 
福山市には 9,300人を超える外国人住民(10月末以降)が暮らしており,今回の入管法の改正の決定を受けて,これまで以上のスピードで外国人住民が増加することはまちがいない。
 
福山の現状をみつめ,これからも外国人住民とともに暮らし続けるために,何が必要なのかを考える。
 
【概要】
●日時:2019年2月11日(月・祝)13:00~17:00
●会場:福山市立大学 大講義室 ほか
●定員:200名(定員になり次第終了)
●申込方法:申込みフォームまたはメールまたはFAX
●内容:
(第1部)
1.「福山市の多文化共生の現状について」
2.「福山市における外国人労働者の実態,役割と課題に関する調査結果」報告
3.「西日本豪雨災害時の聞き取り調査」報告
4.「ゆるやかなネットワークづくりのロールモデル 京都の取り組み事例から」
(第2部)
ワークショップ「なにができるか 考えよう!」
 
詳細リンク先
 

スタディサプリ進路ニュース

スタディサプリ進路ニュース

ページのトップへ