高校生の今

“期間×○kg”を徹底調査!みんながやった「マネしちゃいけない」ダイエット

“期間×○kg”を徹底調査!みんながやった「マネしちゃいけない」ダイエット

夏も近づき、薄着になっていくこの頃。「太っちゃって水着を着れない!」「この日までになんとか痩せたい…!」と、ダイエットを考えている人も多いのでは?
 
でも、どんなダイエットをどのくらいの期間頑張ればいいのかわからないと、どうしても挫折してしまうもの。そこで、全国の高校生216人に「今までに成功したダイエット」について「どのくらいの期間で何kg痩せたのか」を詳しく調査!(※)
 
短期集中型ダイエットから長期的に行うダイエットまで、みんなが成功させた方法を“期間×○kg”べつに紹介! 
 
なかにはそのままマネしたらキケンなものもあるので、「健康的なダイエットのプロ」である管理栄養士の先生に、ポイントを解説してもらった!
 


 

ちょっと増えた体重を減らしたい!【2~3kg減】

数日~1週間で2kg減!

・「強い意志をもって断食。3日で2kg落とせた…!」(高2女子・神奈川)
 
・「友達が、お昼と夜の食事をサラダチキンだけにしていた。1週間で2kg減ったらしい」(高1女子・静岡)
 
・「お母さんと二人で、グレープフルーツやゆで卵、野菜しか食べないダイエットをやって、1週間で2kg落とした。心が折れそうになる人は、周りを巻き込むといいと思う」(高1女子・静岡)

ちょっと体重が増えてしまったな…というときは「数日間、何も食べない!」と断食してベスト体重に戻す人も。ただ、間違った方法で断食をしてしまうとかえって太りやすい体を作ってしまうことも。
 
1週間で2kg減を目指すなら、サラダチキンや野菜などの低カロリーなものや、たんぱく質が豊富なゆで卵を中心に食べるといいみたい。
 
間食が習慣化されているのであれば、まずはそこからやめてみては?

<ポイント>
健康的なダイエットの目安は、1カ月に1kgの減量です。
 
間違った方法で断食をすると、体重は落ちるかもしれませんが、必要な栄養素が摂取できず体調不良を引き起こす可能性があります。
 
例えば、女子高校生の場合、鉄分不足になることが多く、体がだるくなってしまうことも。貧血で倒れてしまう原因になりかねません。
 
また、極端な食事制限によって体が飢餓状態と認識してしまうと、消費するエネルギーを少なくしようと省エネモードに入り、かえって痩せにくくなってしまいます。
 
さらに食事制限のストレスで暴飲暴食をしてしまえば、リバウンドを引き起こすこともあります。

1~2週間で3kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「水を1日2リットル飲むことにして、1週間で3kg減。『1時間に1回は水を飲む』と決めてこまめに飲んでた」(高2女子・福岡)
 
・「食事をスープだけにする“スープダイエット”で、1週間で3kg痩せた。水分でお腹が膨れるし、いろんな種類のスープを選ぶようにしたからそこまでツラくなかった」(高2女子・神奈川)
 
・「白ご飯をおかゆに置き換えて、2週間で3kg減らした。お腹はすきやすくなるけど、味はトッピングで変えられるから飽きにくい」(高3女子・埼玉)

ちょっと痩せたいという人には、多めの水を飲んで代謝をアップさせたり、主食を消化のいいおかゆに置き換えたり…という方法も。
 
水分が多い食べ物ならカロリー以上にお腹が満たせるし、「トッピングは自由」などの“余裕”を作っておくと挫折せずに実践できそう!

<ポイント>
短い期間で体重を落とす場合でも、タンパク質をしっかり摂取することで代謝をアップさせたり、野菜や果物でビタミン類を補給することを心がけましょう。
 
水分の摂取する量を増やすことで一時的には体重が落ちるかもしれませんが、その後のリバウンドを防止するためにも、無理な食事制限や、暴飲暴食しないことが大切です。
 
脂肪を燃やして痩せにくい体を作るために筋肉量を落とさないように注意しましょう。

1カ月~半年で3kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「腕立て、腹筋、スクワットを毎日40回と、お風呂上がりにストレッチ。1カ月で3kg減」(高1女子・東京)
 
・「筋トレをしつつ、アプリで体重を記録。記録自体は簡単だし、3カ月で3kg痩せられた」(高2女子・神奈川)
 
・「半年間、食べたものと体重をアプリで毎日記録して、3kg減らした。食べ過ぎたらカロリーメーターに“過剰摂取”と出るから、常に気にするようになる」(高2女子・京都)

「食事はあんまり制限したくない!」という人は、1カ月~半年と少し時間はかかるけど、筋トレなどの運動を中心としたダイエットを選ぶのもアリ。
 
筋肉が増えれば、体重に変化がなくても見た目が引き締まったり、体脂肪率が減ってリバウンドしにくい身体になりそう! 
 
また、長期間のダイエットに挑むなら体重や摂取カロリーを記録する“レコーディングダイエット”も効果的。
 
アプリを活用すれば、体重をグラフ化してくれたりと、日々の変化がわかってモチベーションアップにつながるかも!

<ポイント>
上記のように、食事だけではなく、運動を取り入れたダイエットはおすすめです。
 
ダイエットは体重だけにとらわれがちですが、見た目がひきしまると美しいボディを手に入れることができますし、筋肉をつけることで代謝がアップするので、太りにくい体になります。
 
ただ、脂肪1kgと筋肉1kgでは、見た目は筋肉1kgの方が小さいため、筋肉をつけはじめると体重が増えてしまったように感じます。体重だけでなく、体脂肪率も合わせて管理すると良いでしょう。
 
レコーディングダイエットは、食べたものを記録することでどんな栄養素が不足しているのか確認できますので、こちらもおすすめです。

 

1~2週間で4kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「朝昼は食べるけど、夜は食べないようにして、2週間で4kg減。夜は死ぬほどお腹がすく…」(高2女子・兵庫)
 
・「『食事は野菜だけ』と決めて2週間過ごしたら、4kg落とせた」(高2女子・大分)
 
・「昼と夜をさつまいもだけにするダイエットで、1週間で4kg痩せた。さつまいもは食物繊維が多いし、お腹も膨れる」(高1女子・東京)

短期間で「4kg減」を達成するには、朝ご飯しか食べなかったり、口にする食べ物を野菜などに絞ったり…と、かなり過酷な食事制限が必要みたい。
 
ひとつの食材を食べ続けるダイエットは、調理法を工夫して味や食感に変化をつけないと厳しそう…。

<ポイント>
1週間~2週間同じ食べ物を摂取することはあまりおすすめできません。
 
同じ栄養素ばかり取れてしまい偏ってしまうからです。リバウンドの可能性も大きく出てきてしまいます。
 
また、朝食を抜くと、昼食や夕食のどか食いにつながり、逆効果になることも。食事量を調整するのであれば夕食を減らすのが良いでしょう。

 

わかりやすく痩せたい!【5~6kg減】

1~2週間で5kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「炭水化物の代わりにスルメを食べるようにしたら、1週間で5kg落ちた!」(高3女子・大阪)
 
・「食事のメニューすべてをちょっとずつ減らしていって、2週間で5kg落とした。お腹がすいたらアメを舐めてた」(高1女子・愛知)
 
・「毎日10分走るようにしたら、2週間で5kg落ちた。体力がないからしんどかったけど、音楽を聴きながら走ったから飽きなかった」(高3女子・大阪)

わかりやすく「痩せたね!」と言われそうな5kg減ダイエット。短期間で5kg落とすには、よく噛むことで満腹中枢を刺激するスルメへの置き換えダイエットなどの食事制限と、毎日の運動がポイントみたい!

<ポイント>
1~2週間で5kg痩せるには、とても厳しい食事制限が必要となります。
 
きちんとした方向で行わないと、ダイエットによる貧血や栄養失調、リバウンドが発生する危険があります。
 
また、お菓子は体にとって栄養にはなりません。
 
しっかり栄養素を摂取するために、主食・主菜・副菜をそろえた食事を心がけたうえで運動を行うことが大切です。

 

3カ月~半年で5kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「夜ご飯を抜いて、毎日体重を計るようにしたら、3カ月で5kg落とせた。あまり減ってない日はやる気が下がるけど、『明日は減ってるかも』と想像してモチベーションを保った」(高3女子・東京)
 
・「食べる量を減らして、毎日体重を計って増減を気にするダイエットで、3カ月で5kg減。毎日計ると、減っていくのがものすごく励みになる」(高2女子・神奈川)
 
・「友達と近所をランニングして、半年で5kg痩せた。友達と一緒に励ましあったから乗り越えられたと思う」(高1女子・東京)

3カ月以上かけて5kg程度痩せるには、モチベーション維持のための体重記録が大切! 
 
食事量やカロリーを日々反省&セーブしつつ、ランニングなどの有酸素運動で汗をかくことで、効率よく痩せられそう! 
 
友達と一緒に挑戦するのも、途中で挫折しないためのいい方法かも!

<ポイント>
夜ご飯は抜かず、軽めに摂取しておきましょう。
 
女子高生の1日に必要なエネルギー量は2050kcalほど。
 
部活動で運動している人は2550kcalほど必要な場合もあります。
 
これらを摂取するには1日3食、もしくはプラスで何か食べることも必要になると考えられます。
 
それでも夜ご飯を食べることがどうしても気になるという場合は、朝・昼ご飯をしっかり摂取し、夜は軽めにするなど、バランスを工夫すると良いでしょう。

 

1カ月~半年で6~7kg減!

・「ダイエットのつもりはなかったけど、部活のメニューに『1時間ランニング』があって、1カ月で6kgも痩せた。部活としてやってたから心が折れなかったのかも」(高1女子・東京)
 
・「低炭水化物&高タンパクな食事と、筋トレなどの無酸素運動で、半年で6kg落とした。1週間に一度は好きなものを食べられる日を作ると長続きする」(高2男子・福岡)
 
・「1カ月間、朝と昼は水でごまかしつつ、夕飯だけを19時より前に食べるようにしてた。ずっとお腹がすいてたけど、7kg落とせた!」(高3女子・東京)
<ポイント>
1日1食を高校生で行うのは貧血などの危険があります。
 
女子高校生の場合は、生理不順の原因になることもあります。
 
急激な体重減少は、精神的にもツラく、拒食症や過食症を招く危険もあります。
 
絶対にマネしないようにしましょう。

 
6~7kgも痩せるとなると、どんなに短期間でも1カ月以上は続けることが必要。
 
ただ、ハードな食事制限と運動を両立しようとすると、身体だけでなく精神的な負担も大きくなるので、「1週間に一度はサボってOK」など、自分に合った息抜き方法を見つけるのがダイエット成功の秘訣みたい!

 

相当痩せたい!【8~10kg減】

3カ月~半年で8kg減!

“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」

・「筋トレとダンスを毎日欠かさず続けて、半年で8kg痩せた。ツラいけど、好きなアイドルのミュージックビデオを見ながら運動して耐えた」(高3女子・東京)
 
・「半年間、間食を禁止したら8kg痩せられた! 周りの人が食べてると食べたくなるけど、お菓子のことをとにかく考えないようにした」(高3男子・兵庫)
 
・「体重をこまめに計りつつ、炭水化物を禁止して、半年で8kg減。ご飯が食べたくなったけど、『太る方が怖い』と言い聞かせてた」(高2女子・岐阜)

8kgものダイエットに成功した人は、6人中5人が半年程度の時間を費やしている結果に。
 
大幅に痩せるためには、運動と食事制限、体重記録を半年以上続ける必要がありそう。
 
長期間モチベーションを維持するには、好きなアイドルの協力(?)や思考を操るテクニックも必要!?

<ポイント>
長期間でのダイエットはモチベーションを保つことがとても難しいです。
 
上記のように自分のモチベーションが上がるような何かを見つけておくことはとても大切です。
 
ダイエットをしていくと、途中、どんなに食事制限や運動をしても体重が落ちにくくなることがあります。
 
これは「停滞期」と呼ばれるもので、体がこれ以上体重を落とすことをストップしている状態です。
 
このようなときによく見られる行動として、自暴自棄になってしまい暴飲暴食からリバウンドを引き起こすパターンです。
 
心が折れないようにするためにも、ダイエットの目標を決めたり、モチベーションを保てるようにしておくことが、長期間のダイエットを成功させるコツなのかもしれません。

 

3カ月~1年で10kg減!

・「朝は食べてもいいけど、昼と夜はあまり食べないようにして、3カ月(!)で10kg落とした。誘惑に負けそうになるけど頑張った」(高2男子・兵庫)
 
・「間食せず、食事の量も減らして、1年かけて10kg痩せた!『食え』と周りに勧められても断らなきゃいけないのがツラかった…」(高2男子・福島)

今回のアンケートのなかで、落とした体重が最も多かったのが「10kg」。
 
朝しか食べない生活を3カ月も続けたり、食事やお菓子を1年間制限し続けたりと、かなり強い精神力がないと10kg減は難しそう…。
 
でも、頑張って手に入れた理想の体型なら、「これでリバウンドしたらもったいない!」という気持ちになって、その後もコツコツ続けられるかも!?

<ポイント>
3カ月で10kgも落とすと、急激な体重減少により、太りやすい体になってしまったり、貧血を引き起こしたりといった危険性があります。
 
理想のペースは1kgを1カ月で落とすこと。
 
まずは、自分の今の食事を見直し、無駄な間食があるかどうか、野菜や果物を摂取することができているかなど、きちんと把握することが重要です。

数日の断食で数kg痩せる方法や、運動と食事制限を半年続けて10kg近く痩せる方法など、さまざまなダイエットが現れた今回の調査。
 
この結果を参考にして、「いつまでに○kg痩せたい」という自分の希望に合わせつつ、無理のないダイエットをしてみよう!
 
“期間×○kg"を徹底調査!高校生に聞く「成功したダイエット」
 
監修協力・宮崎奈津季[管理栄養士]
 
※2018年2月/スタディサプリ進路調べ

アオキユウ short cut ライター

アオキユウ/short cut

1991年9月生まれ。新潟県出身。好きなものは音楽とスクーター、そして納豆。大学進学とともに上京し、現在はライター事務所・ショートカットに所属しています。座右の銘は「思い立ったが吉日」。幅広い分野に挑戦していきたいと思っています。

ページのトップへ