高校生の今

高校生が思わず涙した「リアル名言集」

高校生が思わず涙した「リアル名言集」

部活の引退や卒業式、落ち込んだ時や不安になった時など…。誰かに言われた一言に思わず涙した…なんて経験はない?

 

リクナビ進学では、高校生400人に「言われて思わず泣いた一言」をアンケート調査(2013年4月実施)。そこに寄せられた珠玉の名言をジャンルごとにご紹介しよう!

 

【先生編】
「この子はウソをつくような子ではありません」
具合が悪くて早退を繰り返していたら、保健室の先生に仮病を疑われて…。そんな時に担任がこう言ってかばってくれた(高2女子・東京)

 

「あなたが頑張ってたのを知ってるよ」
いろいろ悩んで部活を辞めたあとに、担任がこの言葉をかけてくれて思わず涙が…(高3女子・兵庫)

 

「お前らなら強くなれる」
中学の卒業式で、厳しかった部活の顧問が言った一言(高1女子・愛媛)

 

辛い時や別れのタイミングで先生が言ってくれた一言で、「自分のことをちゃんと見てくれてたんだ」と実感して、思わず涙した人が多かった!

 

【友達&部活の仲間編】
「私は〇〇ちゃんの味方やけんね」
友達とケンカして落ち込んでいる時に、別の友達がかけてくれた一言(高1女子・福岡)

 

「また明日も明後日も、このメンバーでバカできる気がする」
卒業式のあと、いつメンと一緒にいた時に、その中の一人がこれを言って、みんなで泣きました(高1女子・東京)

 

「日本一にはなれなかったけど、世界一の仲間だった」
引退試合のあと、キャプテンが最後のミーティングでこの名言を言った瞬間、全員が男泣き!(高3男子・東京)

 

孤独や寂しさを感じている時に、友達の言葉で「一人じゃないんだ」と励まされた人が多いみたい。部活では、引退試合で誕生した名言が多数!

 

【親子編】
「自分の価値は人が決めるんじゃなくて、自分で作るものだよ」
なんとなく生きる意味を見失ってた時、親にそれを冗談っぽく愚痴ったら、この言葉を言ってくれた(高1女子・東京)

 

「お疲れさま、よく頑張ったね」
受験が終わった日に母親が言ってくれた言葉(高3女子・神奈川)

 

「もっと子どもらしく迷惑かけていいんだよ」
親と進路の話をしている時に「私立の大学はお金かかるから…」と私が呟いたら、母親が笑顔でこう話してくれた(高3女子・佐賀)

 

進路に悩んだ時、受験の時など人生の節目で何より力になる親の言葉。深い愛情がじんわり伝わってくる。

 

言葉そのものも大切だけど、言われるタイミングもとても重要みたい。“名言”は日常の中に転がっているのかも。

岡本温子 short cut ライター

岡本温子/short cut

1984年1月生まれ。佐賀県出身。体育系大学卒、保健体育の教員免許アリと経歴は体育会系ですが、見た目は色白もやしっこ(中身は少し体育会系)。ライター事務所・ショートカット所属し、webメディアや雑誌で原稿を執筆しています。

ページのトップへ