• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神田外語大学
  • 学校の特長

私立大学/千葉

カンダガイゴダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

英語で考え、英語で情報を伝える力を全員が身につける

本学ではどの専攻であっても、国際共通語である「英語運用能力」を高めることが大きな特徴です。その役割を担うのは、世界中から集まった70名以上の外国人教員。全員が外国語としての英語教育の修士・博士号を持つプロフェッショナルであり、語学教育の研究者です。少人数制で行われるオリジナルの英語の授業は、学生同士が活発に意見を交わすスタイルが基本。すべて英語で行われ、グループワークやディスカッションなどを通して、「英語で考え、英語で情報を発信する能力」を身につけます。さまざまな文献の調査やプレゼンテーション、ディベートなどを「英語で」行うことで、学生が「自ら考えコミュニケーションする能力」を育てます。学校の特長1

施設・設備が充実

2017年春、新校舎8号館完成!国内トップクラスの自立学習施設や異文化施設が充実!

開学以来、学生の自立学習を重視してきた神田外語大学に2017年春、新校舎8号館が誕生します。自ら学ぶためのスペース「SALC(サルク)」をはじめ、グループワーク等多様な学習形態に対応するBLS教室を設置。これら最新設備に加えて英語教育のプロ集団ELI(イーエルアイ)が個々の学習ニーズに応える学習環境など、よりパワーアップした学びの空間が実現します。さらに中国、韓国、インドネシア、スペインなど本学7つの専攻語の国・地域の建築をワンフロアに再現した施設が7号館の「MULC(マルク)」です。外国人教員や留学生が常駐し、各国言語の教材を配置。各地の生活や文化を日常的に肌で感じながら、語学力を伸ばしていきます。学校の特長2

就職に強い

世界各国で、多くの在学生・卒業生が外務省在外公館派遣員として活躍!

語学力をベースに異文化を理解する能力を身につけ、世界で活躍するためのマインドを養う。それが、本学が開学以来一貫して取り組んできた教育です。そして今、数多くの卒業生たちが海外でその能力を存分に発揮しています。例えば外務省の在外公館派遣員として各国で勤務しているのは、この9年間で38カ国81名。そのほかにも航空会社のCA(キャビンアテンダント)として毎年10名以上が採用されており、2017年3月卒業予定者では延べ17名が内定(2017年1月現在)しています。また、卒業生たちで組織する同窓会が世界の各都市で活発に活動するなど、グローバルに広がる「KANDA」ネットワークが卒業後もバックアップしています。学校の特長3
神田外語大学(私立大学/千葉)