• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 岡山科学技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオサイエンス学科

岡山県認可/専修学校/岡山

オカヤマカガクギジュツセンモンガッコウ

バイオサイエンス学科

募集人数:
25人

【職業実践専門課程】中四国の専門学校ではめずらしいバイオサイエンスを学ぶ学科。

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 品質管理・衛生管理

    消費者に安全な商品を提供するための仕組み作りや検査を担当する

    一般消費者に安心安全な製品を提供するために、原材料の仕入れから製造、出荷までのすべての工程で品質の管理をする仕事。必要に応じて衛生検査なども行う。品質管理で重要なポイントの一つは、生産の過程で不良品を生み出さないようにする仕組み作り。原材料の安全性の確認から、生産現場でのチェック体制、出荷時の検品体制、クレームがあった場合に即座に現場の業務改善に反映させる体制などを整えることで、安定的に品質を保つことが可能になる。一方で、生産現場での品質管理・衛生管理も大切な仕事。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 環境保全エンジニア

    公害防止や環境保全に関わる

    自然環境の保全に関わる。メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、調査・分析する仕事に大別できる。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 醸造・発酵製品企画・開発・研究者

    しょうゆ、みそ、酒、チーズなどの醸造・発酵製品を新たに作る仕事

    醸造・発酵製品とは、しょうゆやみそ、酒、チーズ、ヨーグルトなどのこと。これらの製品は微生物や酵素などの働きを利用して作られるため、企画・研究・開発にはバイオテクノロジー、生命科学、生物学などの分野の専門性が求められる。醸造・発酵製品には古くから親しまれているものも多いが、醸造・発酵のメカニズムや酵素の力などに関してはまだまだわかっていないことも多く、人々の健康増進につながる新たな製品の開発が期待されている。

  • バイオ関連商品企画・開発・研究者

    自然の中に存在する生命の力を利用して健康食品、材料、燃料などを開発

    バイオテクノロジーは、エコや健康などにつながる可能性を秘めているため、医薬品以外にも非常に幅広い分野で使われている。例えば、微生物由来の健康食品なども注目されているし、生物から取り出した成分をもとにしたプラスチックなど材料系の研究も進んでいる。また、エネルギーの分野ではサトウキビなどの植物を使ったバイオ燃料なども世界的な需要が伸びている。材料メーカー、エネルギー会社、化学メーカー、製薬メーカー、医療機器メーカー、食品メーカーなど幅広い業種が参入し、研究者、開発者が活躍している。

初年度納入金:2018年度納入金 120万円  (入学金22万円を含む。)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

植物バイオ、微生物、化学、環境の4分野を学ぶ
バイオテクノロジーの基礎から、食品衛生検査、PCR法を用いた遺伝子組み換え食品の検出まで、幅広く実習。実習班は基本的に2人で、教員がきめ細かく指導します。学生の意欲を徹底フォローする少人数制なので理系科目に自信がなくても大丈夫。2年間でしっかり実力をつける、実習中心のカリキュラムで楽しく学びませんか?

授業

身近なものを扱った楽しい実習
食品微生物実習では、市販の食材を実験材料に使って、サルモネラなど食中毒原因菌を検出。バイオテクノロジー実習では、1年生で植物を大量にふやす技術を学び、2年生では遺伝子組み換え食品や、DNAによる品種鑑定などの実験を行います。慣れない実習も、ふだん目にする食品・植物を材料に行い、わかりやすく解説します。

実習

フィールドに出て体で学ぶ
実習の授業は多いですが、なかでも野外で生き物たちと向き合うフィールド実習は人気です。自然保護センターや磯辺など、採集・観察の場所はたくさん。グリーンカーテンやビオトープを通じて、環境学習にも取り組んでいます。その他、酒造会社や食品会社の工場見学も年に数回行っており、楽しみのひとつです。

卒業生

自ら設計・試作したものが商品化されることにやりがいを感じています!
「バイオサイエンス学科の授業や実習を通じて、思考力や行動力・効率よくする方法が自然に身につきました。現在は、植物発酵エキスの製造・販売を行う会社で商品の開発や試作設計を行っており、非常にやりがいを感じています」。((株)機能性食品開発研究所/研究開発/2013年3月卒 澄川 翔一さん 松江農林高校出身)

卒業後

食品・環境・廃棄物処理と「バイオサイエンス」は幅広い分野で活かせる
食品の放射能汚染問題、病原性大腸菌の食中毒などから「食の安心・安全」を守る食品衛生検査をはじめ、大気中の窒素酸化物の測定、水質検査など環境調査に関わる環境分析技術者として活躍します。工業排水の処理や食品の廃棄物を微生物を使って土に戻すなど、バイオサイエンスの技術を活かして、幅広い分野で活躍できます。

資格

いろいろな資格試験にチャレンジ!
資格対策の授業や補習で、難しい資格にもチャレンジ!全員でめざす危険物取扱者乙種4類や毒物劇物取扱責任者、生物分類技能検定、中級バイオ技術者認定試験のほか、危険物取扱者甲種、公害防止管理者(水質)など、より上位の資格にも挑戦します。
学校概要

多彩な11学科をもった専門学校!就職に強いカギセンで「即戦力」に。

好きなこと、やってみたいことを知識も経験も豊富な先生のもとで学ぼう。本校は、より実践的な職業教育を行う「職業実践専門課程」に該当学科全てが文部科学大臣の認定を受けました。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • バイオ技術者認定試験 (中級)

目標とする資格

    • 危険物取扱者<国> (甲種・乙種) 、
    • 公害防止管理者<国> (水質関係)

    生物分類技能検定
    環境社会検定試験(R)(ECO検定) ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    株式会社日本総合科学 、 株式会社機能性食品開発研究所 、 株式会社クラカン 、 株式会社廣榮堂 、 株式会社飛龍 、 株式会社INE検測 、 木下製薬株式会社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒700-0032 岡山市北区昭和町8-10
フリーダイヤル 0120-45-7171
E-mail info@mail.oist.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
昭和町校舎 : 岡山県岡山市北区昭和町8-10 「岡山」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内


岡山科学技術専門学校(専修学校/岡山)