• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福島
  • 奥羽大学
  • 先生・教授一覧
  • 金原 淳先生(専門:有機化学I、有機化学演習、化学系実習)

こんな先生・教授から学べます

医薬品をつくる上で欠かせない「有機反応」を追求する先生

専門:有機化学I、有機化学演習、化学系実習
薬学部 
金原 淳先生
先生の取組み内容

みなさんは、身の回りの薬がどのように創られるか知っていますか? 医薬品の“もと”となる「有機化合物」は、自然界にわずかな量しか存在しないため、人工的に合成されています。有機化合物はさまざまな有機反応を経て合成されますが、その反応が効率的で便利なものであればあるほど、スムーズな創薬に繋がります。私の研究分野は、そんな有機反応の新たな開発。便利なだけでなく、環境に優しい反応を目指して実験を行っています。新しい反応が見つかった時のワクワク感は格別のもの。例えるなら、設計図のないプラモデルを作っている感覚に近いかもしれません。人間の体の中は、反応のオンパレードです。有機化合物がどのように人体に影響するかという知識にも繋がるので、将来薬剤師として服用後の挙動などを説明する際にもおおいに役立ちます。

磁力によって成分を撹拌(かくはん)する設備を活用し、起きる反応を確かめていく実験中

授業・ゼミの雰囲気

キメ細かな指導方法で、理解力と自主性を身に付ける

机上で学んだ有機化学の重要事項を、実験を通して実際に確認していきます。特定の官能基(原子団)の反応を検証していく実験中の雰囲気は真剣そのもの。4年生からはいよいよ演習に入りますが、研究室の方針は「理解すること」と「自力で行えるようになること」。一連の実験操作が行えるよう指導するのはもちろん、個別勉強会の実施、定期的な学生面談を行いながら、希望進路への計画も一緒に立てていきます。卒業生の中には薬剤師だけでなく、製薬メーカーの研究職に就く学生もいるそうで、探求心旺盛な学生には興味深い分野と言えます。

有機化合物の構造を確認するために「NMR」と呼ばれる設備を動作。取り扱いに危険を伴う実験は注意が必要

キミへのメッセージ

「面白い」という気持ちを大切に、何でも取り組んでみよう

「強いて勉める(つとめる)」と書く勉強は、字のごとく辛いこともあるかもしれません。しかし、理解すると面白さが感じられ、面白くなると自然に努力ができます。「目的」を持って、今できることを頑張りましょう!

最近の関心事は2歳になる我が子の成長観察。毎日新しい物事を覚えていく様子が興味深い。可能性の塊ですね

金原 淳先生

経歴:東京薬科大学薬学部薬学科修了、北海道大学大学院薬学研究科創薬化学専攻修士課程修了。医療法人社団武蔵野会新座志木中央総合病院にて薬剤師業務に従事した後、再び研究の道へ。 東京薬科大学大学院薬学研究科博士課程を経て、2010年から学校法人晴川学舎 奥羽大学薬学部に勤務。同学部において助手、助教を経て、2018年から講師へ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

奥羽大学(私立大学/福島)