• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福島
  • 郡山女子大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 実習で気付いた、わたしが目指したい道。食育から、健康な食生活を伝えていきます。

実習で気付いた、わたしが目指したい道。食育から、健康な食生活を伝えていきます。

佐藤 由佳さん
 食は人の体をつくるもの。食べ物はあふれていても、選ぶものによって健康を害する可能性もあります。私は食を通して多くの人を手助けしたいと思い、食物栄養学科に進学しました。なかでも栄養教諭を目指したきっかけとなったのは、大学時代の病院での実習でした。「子どもの時に健康的な食習慣を身につけていないから、何を食べたら良いかがわからない」。そんな患者さんの言葉に、子どもへの食育の大切さを痛感させられました。それからは先生方の手厚いサポートのもとで、勉強はもちろん資格取得の補習や情報収集に奔走しました。
 努力が実った今、地元の山形で栄養教諭として、日々、子どもたちの給食の献立作成、栄養管理、そして食事のマナー、栄養の大切さを伝えています。もっと、子どもたちに興味を持ってもらえるような食育ができるよう、さまざまなことに挑戦したいと考えています。

わたしの4年間の学び
1年次
1年次の体験と授業は、すべてが新鮮でした。
入学して間もないころに行われた裏磐梯でのオリエンテーションや、寮生活での先輩とのかかわりあい、苦戦した生化学の授業など、当時はすべてが新鮮で多くを吸収できた時期でした。

2年次
クラスや学年で団結を深める行事がたくさんありました。
もみじ会や大運動会など、クラスや学年がまとまって団結力を深める行事が目白押しでした。また、食品科学クラブで仲間とキノコの生態を研究したことも良い経験になりました。

3年次
先生方のサポートのもとで就職活動をスタート。
3年次の夏休みは就職セミナーを受講し、実際に面接にも行き始めた時期です。先生方には、面接の練習や履歴書の添削、過去問題のチェックなどあらゆる面でお世話になりました。

かかわらないとわからない、初のボランティア活動。
当時三春町にあった仮設住宅を訪問し、そこで生活していた避難されている方のためにクリスマスパーティを開きました。知らない場所で過ごす不安や苦労など、かかわって話してみないとわからないことが多いと、痛感した体験でした。

4年次
1年次からの努力が実を結ぶ。念願の管理栄養士に。
1・2年次に努力していたため、就職活動と国家試験の勉強を両立できました。夜遅くまで大学に残り、夕食を作って仲間と食べ、また勉強に戻るという生活でしたが、無事管理栄養士の資格を取得できました。

就職
郡山女子大学(私立大学/福島)