• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 慶應義塾大学
  • 関連ニュース一覧
  • 慶應義塾大学、2泊3日の合宿「第5回慶應アストロバイオロジーキャンプ2020」募集開始

慶應義塾大学の関連ニュース

慶應義塾大学、2泊3日の合宿「第5回慶應アストロバイオロジーキャンプ2020」募集開始
2020/1/6
慶應義塾大学は、最先端のアストロバイオロジーを体験する2泊3日の合宿「第5回慶應アストロバイオロジーキャンプ2020」の参加者の募集を開始した。



2015年に新たに発足した慶應義塾大学先端生命科学研究所先端アストロバイオロジー研究グループは、NASAに端を発する「宇宙生物学 (アストロバイオロジー)」と呼ばれる学術領域を広く学び体験することに特化した2泊3日の合宿、慶應アストロバイオロジーキャンプ (Keio Astrobiology Camp : KAC)を過去4回にわたって実施してきた。



日本全国の高校生や大学生が最先端の宇宙生物学に触れる機会を創出するために、アストロバイオロジーの基軸となる「宇宙における生命の起源、分布、未来」に関して、国内外の研究者らによる講演、学生と研究者の交流を目的としたグループワークと学生グループによる課題発表を行った。



2016年から2019年にかけて述べ189名の高校生・大学生・大学院生が参加した。



2020年は、慶應アストロバイオロジーキャンプ5周年として1つの節目の年を迎える。



これまでの参加者の中には、本キャンプをきっかけとしてアストロバイオロジー関連の研究室に進学した生徒もおり、慶應アストロバイオロジーキャンプは全国の生徒・学生に向けたアストロバイオロジー研究を伝える機会となっている。



今後このキャンプは、アストロバイオロジー研究を伝える場としてだけではなく、最先端研究に触れて学び、さらに参加者・講師の方の交流を深めてお互いの研究を発展、新たなアストロバイオロジーの研究アイデア創出の場として機能することを目指していく。



第5回慶應アストロバイオロジーキャンプは、参加者・講師それぞれが持つ多岐にわたる興味とバックグラウンドの理解をお互いに深める異分野交流の場を目指す。



KAC2020は"アストロ・オーシャン・ライフ"をテーマとして、宇宙における海、生命を育んだ海、地球と宇宙における生命について深く考える機会にしたいと考えている。



テーマを設定するのは初の試み。

地球にも広く存在する"海"と"宇宙生物学"の繋がりを日本全国から招いた講師の先生による講義と最先端の実験設備を用いた実験実習で体験することができる。

日本全国の"海好き"を、アストロバイオロジーの世界へと誘う良い機会にできるよう全力で取り組んでいく。

また2020年大会は過去に例を見ない"ガチ"要素を新たに取り入れ、キャンプの参加者がお互いに協力し、高めあい、将来のアストロバイオロジー研究を担う人材の育成を画策している。



【概要】

●日時:2020年3月22 日 (日) 13:30 ~3月24日 (火) 15:00

●場所:慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)

●対象:高校生・大学生・修士課程学生 (現時点で高校生以上が対象)

●募集人数:36名

●申込締切:2020年1月31日(金)12:00

●参加費:無料 (別途交通費・宿泊費がかかる)

●応募方法:応募フォームから申し込み





詳細リンク先(https://sites.google.com/view/kac2020/home)
慶應義塾大学(私立大学/東京・神奈川)