• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 鶴見大学
  • 在校生レポート一覧
  • 加藤 美優さん(文学部 文化財学科/2年生)

有形無形の様々な文化財を見るために、考古学研究会の仲間と毎週のように博物館や美術館を訪れています。知識の豊富な先輩方の話を聞くのも楽しいです。

キャンパスライフレポート

日本伝統文化の着物を学問として突き詰め、後世に継承していきたい

文学部 文化財学科 2年生
加藤 美優さん
  • 神奈川県 釜利谷高等学校 卒
  • クラブ・サークル: 考古学研究会

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    実習で割れた土器の修復を学びました。

  • キャンパスライフPhoto

    キャンパスは緑が多く静かな環境です。

  • キャンパスライフPhoto

    野外発掘実習では発掘調査の技術を習得!

学校で学んでいること・学生生活

実習は細かい作業が多く、集中力も必要です。その中でも古文書の修復が難しいのですが、だからこそ突き詰めていきたいと思っています。先生や助手の方にサポートしていただきながら、技術と知識を修得しています。また、学芸員の資格取得のための授業が必修になっているので、そのための勉強にも力を入れています。

これから叶えたい夢・目標

白無垢や色打掛等の婚礼衣装の文化を伝えるため、ブライダル関係への就職を考えています。結婚式の着物は色の組み合わせにも意味があり、それを伝えることで、自分が着る衣装への理解を深めてから結婚式を迎えられたら素敵ですよね。文化財と言っても様々な分野があるので、オンリーワンを見つけて突き詰めていきたいです。

この分野・学校を選んだ理由

祖母に浴衣を着せてもらうことが多く、自宅に着物がたくさんあったことから着物や和柄に興味を持ちました。文化財指定されることもある着物を、デザインだけではなく日本文化の歴史に注目して学べることを重視しました。

分野選びの視点・アドバイス

大学生活は4年間という貴重かつ長い時間を費やすので、その時に一番興味があることを学ぶのが良いと思います。大学の雰囲気や学べる内容を詳しく知るために、オープンキャンパスに参加するのがおすすめです。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 日本史II 文化財各論IV
2限目 日本文化史II 英語IIIa フランス語IIB
3限目 実習IIA 日本仏教史II 工芸史II
4限目 実習IIA 生涯スポーツII 政治学II
5限目 博物館経営論
6限目

1年次から実習があります。卒業までに多くの実習を経験し、社会で即戦力となる技術を学べます。また、実習が多いので、学生同士はすぐに仲良くなれます。先生の研究室にも気軽に訪ねて質問ができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

鶴見大学(私立大学/神奈川)
RECRUIT