• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 岡山短期大学
  • 学校の特長

私立短期大学/岡山

オカヤマタンキダイガク

歴史や伝統がある

63年の保育者養成の歴史と実績を持つ、保育者育成のパイオニア

本学が開学したのが1951年。1956年には附設幼稚園教員養成所を設置。1958年から保育科がスタートし、幼児教育学科に名称が変わって今に至ります。60年以上もの歴史と伝統が培った教育ノウハウに加え、時代に応じた新たな試みを織り交ぜながら優れた資質と能力を備えた人材を輩出しています。卒業生の輪は中四国に広がり、学生が実習に出る幼稚園や保育所には先輩がいることも多く、安心して実習に取り組めるとの声も。教育実習や保育実習は、本人の希望を尊重して出身地で行うことを基本にしています。その結果、実習先にそのまま就職するケースもあり、地元で先生になりたい学生たちの多くが夢をかなえています。学校の特長1

教育方針や校風が魅力

優れた専門性と、豊かな人間性を併せ持ち、現場に即応できる保育者を養成します

保育者に求められるのは、“子どもたちの身体・知能・情操のバランスのとれた成長を促す力”だと本学は考えます。幼児教育に関する、充実した教育内容や実践力を磨く現場学習を通して、高い専門知識と技術、豊かな人間性を併せ持った保育者を育成することを目標としています。本学では保育専門職として必要な専門的知識と技能の獲得、幅広い教養を修得するために、心理学系、福祉系、教育学系、保育学系、音楽系、美術系など、多彩な専門教育科目と倫理学、経済学、生物学などの一般教育科目を導入。ここで修得した専門性を活かし、幼児の成長および発達について深く理解することで、実践的な指導力ある保育者として活躍することができるのです。学校の特長2

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

地域の子どもたちや保護者と接し、保育実感力を修得します

2012年度から保育実感力の修得を目的に、「模擬保育室」・「保育相談実践室」を新たに設置。授業に活用するとともに、学生が地域の子どもや保護者と接することで保育のありようについて深く学びます。この取組は、文科省の平成24年度「私立大学教育研究活性化設備整備事業」にも採択され、国からも大きな期待が寄せられています。このほか、30室以上あるピアノレッスン室は、授業の空き時間や放課後、土曜日も開放。自分のペースで好きなだけ練習できます。クレヨン画や幼児向けのフィンガーペイントを学ぶ工芸工作室や図画教室、約9万冊の本がそろう図書館など、学習環境が整っています。学校の特長3
岡山短期大学(私立短期大学/岡山)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の特長を見る