• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立短大
  • 神奈川
  • 鶴見大学短期大学部
  • 奨学金

【給付型】JASSO災害支援金(全学部共通)

対象
次のすべてに該当する方
(1)日本国内の大学、短期大学、大学院に在学中の方
・科目等履修生、研究生、聴講生等は除きます。
・JASSOの奨学金や他団体の経済的支援を受けていても申請することができます。
(2)自然災害や火災などにより、学生本人やその生計維持者が現に住んでいる家が、半壊(半流出・半埋没及び半焼失を含みます)以上の被害を受けたり、床上浸水となったり、自治体からの避難勧告等が1か月以上続いたりした方
・入学前・休学中に発生した災害は対象外です。
・同一の災害につき、申請は1回とします。
(3)学修に意欲があり、修業年限で学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認める方
・成績不振により留年中の方は除きます。ただし、成績自体に問題はなく、留学等のために同一学年を再履修している方は対象となります。
給付額
100,000円
手続き
学生支援課に、申請の希望申し出、申請書及び添付書類の提出を完了してください
募集時期
大学からJASSO(日本学生支援機構)への申請期限は、災害がおきた日の次の月から数えて、6か月以内となっていますので、申請期限日の20日前まで

【給付型】石間奨学生(全学部共通)

対象
卒業年次に在籍する者で、人物、学業成績共に優秀であり、経済的支援を必要としている者
給付額
300,000円

【給付型】同窓会奨学生(全学部共通)

対象
在学生
学業・人物共に優秀であり他の模範となる者、並びに課外活動等に積極的に参加し顕著な活躍をした者
給付額
200,000円

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(家計急変採用)(全学部共通)

対象
生計維持者が死亡・失職等により収入が激減した場合や震災・火災・風水害等に被災したことにより家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった場合
募集時期
事由発生から3ヶ月以内
備考
併せて授業料減免の申請が可能

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
家計基準(収入金額、資産額)及び学力基準(学業成績、学修意欲)などの条件を満たす方
この制度による支援を受けるには、
1.日本学生支援機構の給付奨学金に申請し、採用されること
2.鶴見大学・鶴見大学短期大学部の授業料等減免の申請手続を完了すること
の2つが必須となります。
備考
※授業料等減免と給付型奨学金の支給が一体となった、国による新たな修学支援制度
※支援区分は世帯収入に応じた3段階の基準で決まります。

【減免型】新入生特待奨学生(全学部共通)

対象
新入生を対象に、試験入試の成績が優秀で、心身共に健康で人物良好な者
減免額
入学年度の授業料の半額

【貸与型】学納金特別貸与奨学生(全学部共通)

対象
在学生
学資支弁者の経済的理由により、学納金の納付が困難であると認められる者
貸与(総額)
当該年度の学納金の全額又は一部の額

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
生計維持者が死亡・失職等により収入が激減した場合や震災・火災・風水害等に被災したことにより家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった場合
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円まで選択可能。
(奨学金の種別及び通学形態により上限金額が異なる。)
利子
利子
募集時期
事由発生から12ヶ月以内
備考
※本制度の対象に、大学院生は含まれます

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
生計維持者が死亡・失職等により収入が激減した場合や震災・火災・風水害等に被災したことにより家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要となった場合
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円~120,000円まで選択可能。
(奨学金の種別及び通学形態により上限金額が異なる。)
利子
無利子
募集時期
事由発生から12ヶ月以内
備考
※本制度の対象に、大学院生は含まれます

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学の意欲があるにもかかわらず、学業継続が困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円の中から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
最短修業年限
手続き
高校在学時に申請する予約採用と、大学入学後に申請する在学採用の2つがあります

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学の意欲があるにもかかわらず、学業継続が困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、53,000円の中から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
最短修業年限
手続き
高校在学時に申請する予約採用と、大学入学後に申請する在学採用の2つがあります

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学の意欲があるにもかかわらず、学業継続が困難な学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円(1万円単位)の中から選択
利子
利子
貸与期間
最短修業年限
手続き
高校在学時に申請する予約採用と、大学入学後に申請する在学採用の2つがあります

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由により修学の意欲があるにもかかわらず、学業継続が困難な学生
入学時(編入学者の入学年次を含む)で条件を満たす者
貸与(総額)
100,000・200,000・300,000・400,000・500,000円から選択
貸与期間
最短修業年限

総持学園大本山總持寺奨学生制度

学費(初年度納入金)
鶴見大学短期大学部/奨学金