• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 齋藤 竜さん(情報工学科/カスタマーエンジニア)

エンジニアとして地元の大企業にも就職できました

先輩の仕事紹介

大規模な生産設備に関わるエンジニアとして、充実した毎日を送っています

カスタマーエンジニア
情報工学科/2020年卒
齋藤 竜さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私が働く出雲村田製作所は、島根県でもかなり大きな会社で、スマートフォンやパソコン、家電などに搭載される無線通信機器用の部品であるセラミックコンデンサで世界トップクラスのシェアを持っています。その中で私が担当しているのは、生産設備やインフラ設備の維持、メンテナンスを行う設備保全です。仕事では、製品の生産を止めることなく生産し続けられるよう、生産設備に異常が無いかチェックすることや、故障やトラブルが起きた時は、スピーディに問題のある箇所を探し出し、修理対応しています。責任も大きく、緊張感もありますが、修理が上手くいき、工場の人から「ありがとう」と言っていただける瞬間は最高にうれしいですね。

学校で学んだこと・学生時代

神戸電子専門学校では、大好きだった機械や電子部品に触れられ、毎日楽しく学べました。特に実習が豊富だったのは、良かったなと思います。実際に電子回路などを製作しながら色々学んだことは、電子部品を製造する今の会社で働く上ですごく役立っています。実習中は黙々と一人でというのではなく、友だちと話したり、先生に相談しながら、楽しく製作できたこともよく覚えています。おかげで、ものづくりの楽しさを学生時代に知ることができ、エンジニアになりたい、ものづくりに関わりたいという気持ちをより強くすることができました。実践的にしっかり技術と知識を身につけられたから、地元の大企業に就職できたんだと今も実感できています。

学生時代は自由な発想でイチからロボット製作に挑戦

これからかなえたい夢・目標

私が携わっている設備保全の仕事は、ただ修理やメンテナンスをするだけではありません。工場の人がより扱いやすく、または生産力をアップするために改良する業務もあるんです。もちろん改良するためには、より深い知識と高い技術力が必要。今後は経験をもっと積みながら、生産設備の改良にもどんどんチャレンジしていきたいです。もちろん、学生時代に学んだ電子回路やロボット製作、プログラミングの知識なども活かせると思うので、学生時代に身につけたこと+今の職場で身につけた力で、工場の生産性向上やスタッフの働きやすさ向上にも貢献できたら最高でしょうね。1日でも早く、みんなのお役に立てるエンジニアになるため頑張ります。

先生たちの丁寧な指導のおかげで未経験からプロに!

齋藤 竜さん

株式会社出雲村田製作所勤務/情報工学科/2020年卒/大好きなものづくりに関われるエンジニアになるため、神戸電子専門学校に進学。在学中は、実習中心のカリキュラムを通して電子回路づくりやロボット製作、プログラミングを経験し、専門性を磨いた。現在は地元の企業・出雲村田製作所に勤務し、生産設備の維持・メンテナンスを行う設備保全職として活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)
RECRUIT