• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 名古屋文理大学
  • 奨学金

私立大学/愛知

ナゴヤブンリダイガク

名古屋文理大学の奨学金

【給付型】一般入試Ⅰ期(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
成績上位者
[条件]2年目に見直し、成績上位50%以内を満たすこと。
給付額
2年間授業料半額
人数
若干名

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(2科目型)(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点140点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(3科目型)(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点200点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】特別入試<スポーツ奨学生入試>(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
●スポーツで優れた活動成績を有し入学後も本学でその活動発展が期待できるもの
[条件]1年毎に見直し、スポーツ特待生の条件を満たしていること。
給付額
4年間施設設備費
人数
若干名

【給付型】特別入試<フードビジネスあとつぎ奨学入試>(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
フードビジネス業界の健全な発展を担う人材を育成するため、食品製造業・食品流通業・外食産業などの家業を継承することを希望している者
給付額
入学金相当額(200,000円)
人数
若干名

【給付型】特別入試<ワークショップ参加型>(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
別に開催される指定のワークショップに参加し、そこでの成果や意欲・積極性などと面接を併せて総合的に評価する入試です。本学フードビジネス学科または情報メディア学科の学修に強い意欲を持ち、所定のテーマに沿ったワークショップに参加することで、主体性・能動性を含めた評価
給付額
入学金相当額(200,000円)
人数
若干名

【給付型】特別入試<資格取得型>(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
本学フードビジネス学科または情報メディア学科の専門分野に関連し、優れた専門的能力を持っていることを示す、所定の資格を取得していることに対して専門的知識・技能の評価を行い、面接試験での意欲や積極性・主体性とともに総合的に評価
給付額
入学金相当額(200,000円)
人数
若干名

【給付型】特別入試<専門課程生徒対象奨学生入試>(健康生活学部/フードビジネス学科)

対象
●本学での勉学を強く希望する専門課程及び総合学科の生徒
●評定平均値が3.8以上のもの
給付額
1年次授業料半額
人数
若干名

【給付型】一般入試Ⅰ期(健康生活学部/健康栄養学科)

対象
成績上位者
[条件]2年目に見直し、成績上位50%以内を満たすこと。
給付額
2年間授業料半額
人数
若干名

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(2科目型)(健康生活学部/健康栄養学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点140点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(3科目型)(健康生活学部/健康栄養学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点200点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】特別入試<スポーツ奨学生入試>(健康生活学部/健康栄養学科)

対象
●スポーツで優れた活動成績を有し入学後も本学でその活動発展が期待できるもの
[条件]1年毎に見直し、スポーツ特待生の条件を満たしていること。
給付額
4年間施設設備費
人数
若干名

【給付型】一般入試Ⅰ期(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
成績上位者
[条件]2年目に見直し、成績上位50%以内を満たすこと。
給付額
2年間授業料半額
人数
若干名

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(2科目型)(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点140点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】大学入試センター試験利用入試Ⅰ期(3科目型)(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
合格者のうちセンター試験成績得点200点以上の者(1科目100点換算)
給付額
1年次授業料半額
人数
対象者全員

【給付型】特別入試<スポーツ奨学生入試>(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
●スポーツで優れた活動成績を有し入学後も本学でその活動発展が期待できるもの
[条件]1年毎に見直し、スポーツ特待生の条件を満たしていること。
給付額
4年間施設設備費
人数
若干名

【給付型】特別入試<ワークショップ参加型>(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
別に開催される指定のワークショップに参加し、そこでの成果や意欲・積極性などと面接を併せて総合的に評価する入試です。本学フードビジネス学科または情報メディア学科の学修に強い意欲を持ち、所定のテーマに沿ったワークショップに参加することで、主体性・能動性を含めた評価
給付額
入学金相当額(200,000円)
人数
若干名

【給付型】特別入試<資格取得型>(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
本学フードビジネス学科または情報メディア学科の専門分野に関連し、優れた専門的能力を持っていることを示す、所定の資格を取得していることに対して専門的知識・技能の評価を行い、面接試験での意欲や積極性・主体性とともに総合的に評価
給付額
入学金相当額(200,000円)
人数
若干名

【給付型】特別入試<情報メディア未来のクリエイター入試>(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
高校時代に作成された作品制作、卒業作品として手掛けている作品(未完成でも可)、外部コンテストへの出展や、社会の未来に貢献する活動を審査。
給付額
200,000円
人数
若干名

【給付型】特別入試<専門課程生徒対象奨学生入試>(情報メディア学部/情報メディア学科)

対象
●本学での勉学を強く希望する専門課程及び総合学科の生徒
●評定平均値が3.8以上のもの
給付額
1年次授業料半額
人数
若干名

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年
人物・学業とも優秀で経済的理由のため修学困難な学生
1年 高等学校2、3年の評定平均が3.5以上
2年以上 大学における学業成績が上位1/3以上(学部、学科)
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与始期から卒業までの最短修業期間
手続き
1.奨学金説明会に参加する(4月上旬)
2.申込用紙(確認書)を教学課に提出する(4月中旬)
3.スカラネット(インターネット)で必要事項を入力し申し込む(5月上旬)
4.6月~7月にかけて奨学金交付開始(採用結果による)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年
人物・学業とも優秀で経済的理由のため修学困難な学生
1年 高等学校2、3年の評定平均が3.5以上
2年以上 大学における学業成績が上位1/3以上(学部、学科)
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円より選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与始期から卒業までの最短修業期間
手続き
1.奨学金説明会に参加する(4月上旬)
2.申込用紙(確認書)を教学課に提出する(4月中旬)
3.スカラネット(インターネット)で必要事項を入力し申し込む(5月上旬)
4.6月~7月にかけて奨学金交付開始(採用結果による)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年
人物・学業とも優秀で経済的理由のため修学困難な学生
1年 出身学校における学業成績が平均水準以上
2年以上 大学における学業学業成績が平均水準以上
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
20,000円~120,000円までのうち1万円単位で選択
利子
利子
貸与期間
貸与始期から卒業までの最短修業期間
手続き
1.奨学金説明会に参加する(4月上旬)
2.申込用紙(確認書)を教学課に提出する(4月中旬)
3.スカラネット(インターネット)で必要事項を入力し申し込む(5月上旬)
4.6月~7月にかけて奨学金交付開始(採用結果による)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

対象
1年生
人物・学業とも優秀で経済的理由のため修学困難な学生
貸与(総額)
100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円より選択
利子
利子
貸与期間
初回交付日のみ増額して振り込まれる

名古屋文理大学奨学金 第一種

名古屋文理大学奨学金 第五種

名古屋文理大学奨学金 第三種

名古屋文理大学奨学金 第四種

名古屋文理大学奨学金 第二種

学費(初年度納入金)
名古屋文理大学/奨学金