• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 埼玉学園大学
  • 奨学金

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(全学部共通)

対象
学力基準
入学1年目:①~④までのいずれかに該当すること
①高校の評定平均値が3.5以上であること
②入学試験の成績が入学者の上位1/2以上であること
③高卒認定試験の合格者であること
④学修計画書の提出を求め、学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
入学2年目以降:①・②のいずれかに該当すること
①学業成績が上位1/2以上であること
②次のア・イいずれにも該当すること
ア 修得単位数が標準単位数以上であること
イ 学修計画書の提出を求め、学修意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
家計基準
【第Ⅰ区分】あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
給付額
第Ⅰ区分:38,300円
第Ⅱ区分:25,600円
第Ⅲ区分:12,800円
支給期間:支給開始月から卒業するまでの標準修業年月
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
予約採用:在学する高等学校等へ申請
在学採用:原則4月に大学へ申請

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付型奨学金(全学部共通)

対象
学力基準
入学1年目:①~④までのいずれかに該当すること
①高校の評定平均値が3.5以上であること
②入学試験の成績が入学者の上位1/2以上であること
③高卒認定試験の合格者であること
④学修計画書の提出を求め、学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
入学2年目以降:①・②のいずれかに該当すること
①学業成績が上位1/2以上であること
②次のア・イいずれにも該当すること
ア 修得単位数が標準単位数以上であること
イ 学修計画書の提出を求め、学修意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
家計基準
【第Ⅰ区分】あなたと生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】あなたと生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
給付額
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
支給期間:支給開始月から卒業するまでの標準修業年月
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
予約採用:在学する高等学校等へ申請
在学採用:原則4月に大学へ申請

【給付型】埼玉学園大学奨学金(さいがくサポート奨学金)(人間学部)

対象
指定校推薦型選抜Ⅰ期又は公募推薦型選抜Ⅰ期受験者で、在学中の全体評定平均値が3.8以上の方
給付額
年額500,000円
給付期間:1年間(継続して4年間受給可)
2年次以降は、前年度の成績が学部学科を問わず当該学年の上位10分の1以内であること。
人数
6名(人間文化学科2名、心理学科2名、子ども発達学科2名)

【減免型】授業料・入学料減免措置(全学部共通)

対象
日本学生支援機構給付奨学金の支給対象の学生
減免額
入学金
第Ⅰ区分:26万円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の金額の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の金額の3分の1の額
授業料
第Ⅰ区分:70万円
第Ⅱ区分:第Ⅰ区分の金額の3分の2の額
第Ⅲ区分:第Ⅰ区分の金額の3分の1の額
備考
支援額見直し:給付型奨学金の見直しに応じて、区分の見直しが行われます

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
【学力基準】
高等学校等の2~3年の成績が平均3.5以上
【収入基準】
4人世帯における収入・所得の上限額(あくまで目安であり、世帯の状況によって異なります)
給与所得:747万円
給与所得以外:349万円
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円/30,000円/40,000円/54,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
貸与開始月(4月以降)から卒業するまで
募集時期
予約採用:在学する高等学校等へ申請
在学採用:原則4月に大学へ申請

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
【学力基準】
(大学院修士課程)
大学等・大学院における成績が特に優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること。
(大学院博士後期課程)
大学・大学院における成績が特に優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められること。
【収入基準】
本人の収入・所得の上限額(配偶者があり、定職収入がある場合は合算します)
・修士課程
年額合計:299万円
・博士後期課程
年額合計:340万円
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
大学院修士課程:50,000円/88,000円
大学院博士後期課程:80,000円/122,000円
利子
無利子
貸与期間
貸与開始月(4月以降)から卒業するまで
募集時期
予約採用
在学採用:原則4月に大学へ申請

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
【学力基準】
高等学校等の2~3年の成績が平均3.5以上
【収入基準】
4人世帯における収入・所得の上限額(あくまで目安であり、世帯の状況によって異なります)
給与所得:804万円
給与所得以外:396万円
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/64,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
貸与開始月(4月以降)から卒業するまで
募集時期
予約採用:在学する高等学校等へ申請
在学採用:原則4月に大学へ申請

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
【学力基準】
高等学校等における成績が平均水準以上
【収入基準】
4人世帯における収入・所得の上限額(あくまで目安であり、世帯の状況によって異なります)
・自宅
給与所得:1,143万円
給与所得以外:735万円
・自宅外
給与所得:1,190万円
給与所得以外:782万円
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円から120,000円までの10,000円単位の金額の中から選択
利子
利子
貸与期間
貸与開始月(4月以降)から卒業するまで
募集時期
予約採用:在学する高等学校等へ申請
在学採用:原則4月に大学へ申請

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
【学力基準】
(大学院修士課程)
①②のいずれかに該当すること
①大学等・大学院における成績が優れ、将来、研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を備えて活動することができると認められること
②大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること
(大学院博士後期課程)
①②のいずれかに該当すること
①大学・大学院における成績が優れ、将来、研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力を備えて活動することができると認められること
②大学院における学修に意欲があり、学業を 確実に修了できる見込みがある方
【収入基準】
本人の収入・所得の上限額(配偶者があり、定職収入がある場合は合算します)
・修士課程
年額合計:536万円
・博士後期課程
年額合計:718万円
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円/80,000円/100,000円/130,000円/150,000円から選択
利子
利子
貸与期間
貸与開始月(4月以降)から卒業するまで
募集時期
予約採用
在学採用:原則4月に大学へ申請

【貸与型】埼玉県保育士修学資金貸付制度(人間学部/子ども発達学科)

対象
・保育士の指定保育士養成施設に在学している方
・埼玉県内に住所を有している方又は埼玉県内に所在する指定保育士養成施設に在学している方
・保育士の資格を取得した後、5年以上県内の保育所等に指定施設において保育士業務に従事する意思を有する方
・成績優秀であり、かつ家庭の経済状況等から真に本資金が必要と認められる方
・他都道府県・指定都市が実施する保育士修学資金または他制度の修学資金等を受けていない方
貸与(月額)
50,000円以内
利子
無利子
貸与期間
2年間を限度
募集時期
原則4月
備考
返還免除:指定保育士養成施設を卒業後、1年以内に保育士登録をして就職し、県内の保育所等の指定施設で保育士業務に5年間従事した場合
学費(初年度納入金)
埼玉学園大学/奨学金
RECRUIT