• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 聖泉大学
  • 学長

私立大学/滋賀

聖泉大学

セイセンダイガク

聖泉大学の学長

学長名

筒井 裕子(理事長兼学長)

プロフィール/経歴

[専門分野]
成人看護学
[所属学会]
日本看護学会
[主な担当科目]
老年看護学概論、老年看護学演習、老年看護学実習、看護研究
[大学院看護学研究科 担当科目]
生活支援看護学特論Ⅰ・Ⅱ、生活支援看護学特論演習、特別研究
[研究テーマ]
高齢者の機能障害と回復、生活環境と認知機能、高齢者のDM
[研究内容]
●高齢者の糖尿病が進行すると、動脈硬化・高血圧・心臓病、神経症などを併発することが多い。結果、身体機能が低下し、日常生活行動が制限されてくる。そこで、計画的な運動や食事指導により行動変容を期待し、援助方法を検討。
●高齢者は複数の疾患を持ち日常生活活動の機能が低下していき、やがて、寝たきりになる傾向にある。機能回復と心理的援助について取り組んでいる。
●摂食行動に関連するADL行動の分析と訓練内容の検討。
●痴呆性老人の自己効力感を高める因子について検討。
[研究内容キーワード]
高齢前期の認知障害への不安
ADL回復訓練と日常生活動作
高齢者の認知機能と環境関連因子の検討
[主な著書・論文]
●糖尿病患者の自己管理の援助(第五報)-エゴグラムを活用した食事療法への援助-、共著、昭和58年2月、日本看護協会主催日本看護協会滋賀県支部担当昭和57年度近畿地区看護研究学会集録.
●障害者の摂取行動自立援助に対する看護判断の検討、単著、平成元年3月、日本看護研究学会雑誌 12(1)、39-41.
●認知症高齢者の自己効力感が高まる過程の分析とその支援、共著、平成18年3月、人間看護学研究4、1-20.
●高齢者の冷えに関する検討、共著、平成2年12月、日本看護研究学会雑誌 14(4)、72.
●看護職のストレスと魅力についての検討、共著、平成7年6月、日本看護研究学会雑誌18(臨時増刊)、189.
●老人の死に対する考え方について(第1報)エゴグラムを用いての分析、共著、平成元年3月、滋賀県立短期大学学術雑誌第30号、52-56.
●1999-2000看護診断への誘い 高齢者ケアと看護診断、単著、平成12年6月、学研月刊ナーシング20(7)、94-96.



聖泉大学/学長