• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪ECO動物海洋専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木下 野乃花さん(動物&海洋科(2年制)/動物飼育員)

大好きな動物と関わり、人も笑顔にできる仕事は最高

先輩の仕事紹介

身近に動物とふれあうことで魅力を感じてもらい、お客様も笑顔にしたい!

動物飼育員
動物&海洋科/2019年卒
木下 野乃花さん

この仕事の魅力・やりがい

神戸どうぶつ王国の飼育員としてアザラシをメインで担当しています。就職前は、大好きなナマケモノを担当したかったのですが、ずっとアザラシに関わっているとどんどん可愛く思えてきて・・・。今では誰よりも愛情を注いでいると言えるくらいにアザラシのことが大好きになりました。この仕事で嬉しいのは、自分が担当する動物をお客様も好きになってくれ、何度も見に来てくれたり、実際にふれあって笑顔になっていただけること。園内ではアンケートを実施しているのですが、一人でも多くの方に「アザラシが可愛かった!」「アザラシと触れあって癒やされた」と書いていただけるよう、飼育はもちろん、魅力も伝えられるよう頑張っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の時に家でいろいろな動物を飼っていたことから、「将来は大好きな動物と関わる仕事に就きたい」という夢を持つように。最初は、ペットトリマーや動物看護師など、どれも魅力的に感じてかなり迷いましたが、大阪ECO動物海洋専門学校のオープンキャンパスに参加して、学校内で色んな動物と触れあい、先生や在校生からお話しを聞く内に「やっぱり自分が一番したいのは動物飼育の仕事だ!」と思ったんです。そうして学校に入学し、就職活動の時は、「神戸どうぶつ王国」を運営する会社1本に絞って面接を受けました。神戸どうぶつ王国は、スタッフの方が気さくで、動物とより近くふれ合えるところが魅力だと思いました。

アザラシ担当として、日々愛情を込めて飼育に関わる

分野選びの視点・アドバイス

今の仕事で学生時代に学んだことが活かされていると思うのは、学校内の実習室でウサギやモルモットをはじめ、アルパカやカピバラなど、多種多様な動物の飼育や繁殖を経験できたこと。それぞれ違う習性や飼育方法、コミュニケーションの取り方などを毎日動物と触れあって学べたのは良かったです。それともう一つ、学校でのイベントや入学を考えている高校生の夢をサポートする「オープンキャンパススタッフ」として活動したことも良い思い出です。もともと人前で話すのは得意ではありませんでしたが、「多くの人と話し、交流する経験をしたから、今の職場でも餌をあげながら、お客様に解説ができるようになったんだ」と実感できていますね。

アザラシの魅力を知ってもらうために丁寧に解説

木下 野乃花さん

神戸どうぶつ王国勤務/動物&海洋科/2019年卒/小学生の頃から家で色んな動物を飼っていたことから、動物と関わる仕事に興味を持つ。大阪ECO動物海洋専門学校に入学後は、動物飼育スタッフになるための専門知識をはじめ、ほ乳類やは虫類、鳥類など、多種類の動物の飼育方法を実践的に学んだ。現在は神戸どうぶつ王国で動物飼育員として活躍。アザラシ担当として、日々飼育に関わりながら、担当動物の魅力を来園者に伝えることにも力を注いでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪ECO動物海洋専門学校(専修学校/大阪)