高校生の今

うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集

うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集

“お母さん”といえば、やさしくてしっかり者だけど…どこか抜けてる!
 
そんなイメージを持つ人も多いはず。
 
そこで、みんなが驚いた「お母さんのおもしろぶっとびエピソード」を、渋谷の街行く高校生95人に聞いてみた!
 
 

お弁当編

 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親の面白エピソード集
 

・「二段になってるお弁当箱を開けたら、上下とも白飯だった! 前日の夜がカレーだったから、下の段はカレーが入ってると思ったのに…」(高2女子・千葉)
 
・「お弁当箱の下の段が全部ブロッコリーで埋めつくされてた! たしかに私の大好物だけど…(笑)」(高1女子・埼玉)
 
・「『お弁当の量が多い』って言ったら、次の日から8割キャベツになった」(高2男子・東京)
 
・「お弁当箱を開けたら、のりで『テスト悪かったの?』って書いてあった! テストの結果が出てるのに私が見せないから、ずっと気になってたんだと思う」(高1女子・東京)

 
フタを開けたら白米だけだったり、ブロッコリーやキャベツがギュウギュウづめだったり…。
 
天然なのか愛情なのか、ナゾが深まる“ぶっとびお弁当”が続出!
 
お母さんの朝は大忙しだからこそ、うっかりミスや一品勝負になる日もある…?
 
また、お弁当は親子のコミュニケーションにもなるようで、直接聞きづらいことを“のり”で書くお母さんまで登場!
 
メモを添えればよかったんじゃ…とも思うけど、そのユーモアと労力が親子の仲をより深めてくれるのかも!
 

LINE&メール編

 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集
 

・「LINEの返事で、『了解』を『りょ』じゃなくて『ぷっ』て返してくる」(高3女子・東京)
 
・「『今日、おばあちゃんちに行く?』を『今日、おばあちゃんち肉?』って送ってきたり、とにかく誤変換が多い!」(高2女子・東京)
 
・「お母さんに『いとこの写真送って』って言ったら、なぜか野球選手のオコエの写真が送られてきた。いとこもオコエも色が黒いから間違えたらしい(笑)」(高1女子・マレーシア)
 
・「自撮りをめちゃくちゃ送ってくる! 結構なキメ顔で、親指を立てて『グッ!』ってポーズしてる。友達と出かけてもなぜか1人の自撮りだから、『そこは友達と撮れよ』って思う(笑)」(高2女子・東京)

 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集
 
LINEやメールでの間違いは、お母さんのおもしろエピソードの定番!
 

・「『今、髪とかしてるから待って』を『今、神と化してるから待って』って送ってきた」(高1女子・東京)

 
というネタみたいなおもしろ誤変換や、
 

・「『女子高生は了解のことを“りょ”って送るんだよ』って教えたら、『ようかい』って返事がきた。話が伝わらなかった…」(高2女子・神奈川)

 
といった、想像の上をいくツッコミどころ満載の打ち間違いなど、爆笑エピソードが多数!
 
そのほか、突然ナゾの自撮りが送られてきたり、
 

「何を送ってもハトにエサをあげてるスタンプが返ってくる」(高1女子・千葉)

 
など、会話が成り立たないことも多いみたい(笑)。
 

天然ドジッ子編

 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集
 

・「買い物に集中しすぎて壁に激突して『あ、ごめんなさい』って謝ってた」(高1女子・埼玉)
 
・「メガネをかけたまま洗顔しようとする。手が当たって『痛い!』って思ってやっと気づくらしい(笑)」(高1女子・埼玉)
 
・「名古屋のおばあちゃんちまで、ケータイと間違えてエアコンのリモコンを持っていってた。しかも『おばあちゃんちでも使えたよ〜』って報告された(笑)」(高1女子・東京)

 
「そんなことある!?」とツッコまずにはいられない天然エピソードが炸裂!
 
でも、お母さん本人はきっと「あら、ヤダ」くらいにしか思っていないところがまたおもしろい!
 
そのほか、
 

・「トイレから出てきたら、スカートのすそがパンツのゴムに挟まってて、パンツが丸見えだった!」(高1女子・東京)

 
なんて、衝撃的なドジッ子っぷりを披露するお母さんも!
 

意味不明な行動編

 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集
 

・「おふろに誰も入らないと『誰か入れ~』ってよつんばいで追っかけてくる。本当怖い。ホラー」(高2女子・千葉)
 
・「私の部屋に友達が来ると、窓ガラスに顔をくっつけて全力でヘン顔してくる!」(高1女子・長野)
 
・「家に帰ったら、いきなりかくれんぼが始まった。LINEに『お母さんを探して』って送られてきたから『どこ?』って返したら、ピコン♪ってお母さんのケータイが鳴って即発見(笑)」(高1女子・東京)
 
・「私が歌ってると必ずハモってくる。しかも『じゃあ今度は、お母さんが歌うから高いところハモって』ってハモりをきわめようとしてくる」(高3女子・千葉)

 
突然奇妙な動きをしたり、歌い出したり…。
 
うちの母ちゃんぶっとび系! 母親のおもしろエピソード集
 
予測不能なお母さんのぶっとび行動に大爆笑!
 
こんなお母さんがいたら毎日が楽しそう。
 
お母さんのナゾの生態(?)が続出した今回のアンケート。
 
ビックリすることも多いけど、いつも家族に笑いを提供してくれる“ぶっとびお母さん”のことが、みんな大好きみたい!
 
あなたのお母さんは、どんなぶっとびエピソードを持ってる?

注目キーワード

榛村季溶子 short cut ライター

榛村季溶子/short cut

1980年4月生まれ。静岡県出身。黒はんぺんが全国共通だと思い込んで育ったため、コンビニのおでん売り場で白いはんぺんを見たときは「メレンゲが浮いてる!」と衝撃を受けました。そんな私も上京して早15年。ライター事務所・ショートカットに所属し、雑誌、web、広告など幅広く執筆しています。

ページのトップへ