• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 千葉 美幸さん(写真学科/カメラマン)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウビジュアルアーツ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

カメラマン  として働く  千葉 美幸さん  にインタビュー!

  • マスコミ・通信業界
  • 旅行・エンタメ業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

人がふと見せる“自然な表情”を切り取る。それが私の作品

この仕事の魅力・やりがい

2008年、それまで勤めていた出版社を辞めて、写真家集団の事務所へ入りました。組織ではなく私個人の名前にお仕事をいただく日々が始まって、自由であると同時に大きな責任を感じています。人を撮影することが多い私がいつも心がけているのは、よそ行きではない「その人らしい」写真を撮ること。そのためにはまず私が自分を出して、被写体の方に信頼してもらうことが大事なんです。撮影の現場では、軽く冗談を言ったり少しお話をしたりして、被写体の方の気持ちをほぐすように努力しています。もちろん、事前にその方の情報も下調べして臨んでいますよ。そうやっていざカメラを構え、自然な表情を引き出せたときに大きな充実感を感じますね。

カメラマンとして働く千葉 美幸さん

事務所の同年代のカメラマンたちと刺激し合う毎日です

カメラマンとして働く千葉 美幸さん
私の学生時代!

サンケイリビング新聞社発刊、『シティリビング』より

私の学生時代!

もともとは音楽が好きだったんです。高校時代に大好きなバンドがいて、彼らの記事を音楽雑誌で追いかけるうちに、「この写真いいな」「ずっと同じカメラマンが撮り続けているんだ」と、写真についていろいろ気づくことがあって。それをきっかけに「写真は面白そうだ」と、カメラを買って友人を撮るようになりました。東京ビジュアルアーツ入学後は、「撮影→現像」の繰り返し。授業の後はよく先生と飲みに行って、写真を土台に生きていくことの心構えを教えてもらいました。作品だけで生きていくのは大変だから、仕事としての写真も撮る。仕事と作品、両方が必要なんだ、と。そのとき聞いたことは、今も私の人生の中に生き続けていますね。

これからかなえたい夢・目標

パノラマ作品『日々をのぞく』の一例

これからかなえたい夢・目標

パノラマ写真の連作『日々をのぞく』を撮り続けていきたいですね。この連作のテーマは「人の妙」。日常生活の中で人が意識せずに取るポーズや表情、その思いがけない面白さを切り取っています。私は、そこに、人間のかわいらしさ・人間の人間らしさが表れていると思うんです。だからカメラを向けるんですよね。パノラマカメラはそれほど大きくないので、被写体も撮られていることを意識しないところがいい。長いサイズの中での配置の面白さも狙っています。それからもう一つ、これからもっと撮っていきたいのが、昔から好きだったミュージシャンの写真。ポートフォリオを持って出版社をプレゼンに回り、撮影依頼が増えるよう頑張っています!

プロフィール

千葉 美幸さん のプロフィール

(株)総合メディア研究所STING 所属/写真学科/2005年3月卒/静岡で過ごした高校時代から写真の面白さに目覚め、東京ビジュアルアーツ入学。卒業後は女性週刊誌の写真部に所属し、芸能人のポートレート、記者会見撮影、生活情報写真など、日本全国を飛び回って撮影を続けた。一方でグループ展や個展にも積極的に参加。特に2008年の「プロデュース:高橋周平、企画・監修:大野純一『新進気鋭の写真家12名によるリレー個展』」は話題を呼んだ。2008年、総合メディア研究所STINGに移籍。「千葉美幸」という独立カメラマンとして、ドキュメンタリー、ポートレート、広告など、様々な分野で写真作品を発表し続けている。

この先輩が卒業したのは…

東京ビジュアルアーツ 写真学科

学校イメージ

授業の中心は、何かのテーマを自分なりに持って撮影すること。テーマや撮影手法は自由であるが、何を撮って、どこへ発表するか、すべてを自分でマネージメントしなくてはならないなど、最も実践的な専攻だ。最高の施設・設備を駆使し、カメラ操作や写真撮影に必要な知識、テクニックも習得する。ストロボライト、タングステンライトなど豊富な機材を完備した本格写真スタジオや暗室は、授業以外にも自由に使うことができる。また、画像処理技術もしっかり身につけられるようMac G4をたっぷり用意。土曜日や放課後は開放されているから自分の作品を、自由に作れる!どんどん使ってウデを磨こう!

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)