• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 弘前医療福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小山内 彩美さん(保健学部 看護学科/保健師)

私立大学/青森

ヒロサキイリョウフクシダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

保健師  として働く  小山内 彩美さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

この町の保健師として、住民一人ひとりに寄り添い、健康を守っていきたい

この仕事の魅力・やりがい

この仕事の魅力はなんといっても地域住民と直接関わることです。同じ看護職でも看護師とはまた違った角度から、地域のあらゆる年代の住民に向けて健康な生活を考えてもらえるように活動しています。住民の方から「保健師は忙しそうだし大変でしょ、住民みんなの健康のために家庭訪問するんだもんなぁ」「でも保健師さんが時間を割いて1軒1軒家庭訪問してくれてありがたい。だから健診を受けるようになったんだ」という言葉を聞くと、改めて保健師という職業に、やりがいを感じます。また、乳児・妊産婦・成人・高齢者・精神障害のある方などいろいろな場面で住民と関わることができるのも保健師の仕事の大きな魅力の1つだと思っています。

保健師として働く小山内 彩美さん

血圧測定など地域での保健指導が保健師の主な業務

保健師として働く小山内 彩美さん
今の仕事との出会い・きっかけ

役場の保健師はそれぞれ担当地区を受け持っています

今の仕事との出会い・きっかけ

仲の良い友人の母親が保健師だったこともあり、小さい頃から「保健師」という職業についてよく耳にしていて興味がありました。弘前医療福祉大学へ進学し、地域実習させていただいた時に、初めて保健師の業務内容が具体的に分かり、さらに保健師として地域で働きたいと思うようになりました。初めは、保健師という仕事がよく分からず、周りの人にどんな仕事をする人なのか、と尋ねられた時は戸惑いましたが、地域のあらゆる年代の方と関わることができることや、住民と一緒に病気にならない生活について考えることができる、という点で保健師は地域住民と近い距離で仕事ができると思い、この職業に決めました。

私の学生時代!

カルテの整理などデスクワークも正確性が求められます

私の学生時代!

校舎も新しく、快適な学生生活でした。授業の間の空き時間には友人とさくら祭りに行ったり、ご飯を食べに行ったり楽しい思い出がたくさんあります。一方で、看護学科のカリキュラムは実習も多く、いつも必死に実習記録を書いていた記憶もあります。ただ、実習で受け持たせていただいた患者さんとの出会いがあってこそ、たくさんの学びを得る事ができ、良い経験になりました。勉強面においては保健師になりたいという気持ちは人一倍大きかったように思いますが、いざ勉強を始めても成績は思ったように伸びず、苦労しました。これから保健師をめざすみなさんには、勉強と自由時間のバランスをうまくとりながら国家試験に臨んで欲しいと思います。

プロフィール

小山内 彩美さん のプロフィール

板柳町役場 健康推進課 勤務/保健学部 看護学科/2016年3月卒/弘前市出身。弘前中央高等学校卒業後、保健師をめざし同大学へ。看護師、保健師の資格を取得し、現在に至る。板柳町役場の保健師は地区担当制で、小山内さんも担当地区をまかされている。「保健師の主な役割である保健指導は住民との信頼関係がなければ成り立たないものだと考えています。まず地域に足を運び、一人ひとりと直接関わっていきたいと思っています。地域住民が必要としてくれる保健師を目指して努力し続けます!」と意気込みを語ってくれた。今年一年目。気がつけば一日が経ってしまうくらい忙しい日々を送っているが、その表情には常に成長したいという熱意があふれている。

この先輩が卒業したのは…

弘前医療福祉大学 保健学部 看護学科

学校イメージ

看護師、保健師になるために必要な専門知識や技術を習得し、プロの職業人として活動するための実践力を身につけます。病院や施設での看護だけではなく、地域社会の健康、疾病予防、リハビリテーションに連携した教育も重視。在宅ケアなど、他職種と協働するための知識や技術の習得に力を入れています。1年次から4年次まで、講義、演習、実習を系統立てて配置し、基礎看護学から成人期・老年期・育成期看護学そしてヘルスプロモーション看護学へと系統的にかつ理論と実践を統合した教育を行います。公衆衛生看護学や実習など地域ケアを重視。病院などでの実習を通して医療現場で幅広い役割を果たせる人材を育てます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

弘前医療福祉大学(私立大学/青森)