• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 青森
  • 弘前大学
  • 奨学金

【給付型】岩谷元彰弘前大学育英基金(全学部共通)

対象
成績優秀でかつ経済的理由により修学が困難な学生
給付額
20万円
人数
学部1~2年次(医学部医学科学生1~3年次):7名程度
学部3~4年次(医学部医学科学生4~6年次):7名程度
大学院生(博士課程及び博士後期課程学生を除く):1名程度
募集時期
10月~11月中を予定

【給付型】弘前大学基金 トヨペット未来の青森県応援事業(全学部共通)

対象
成績優秀でかつ経済的な支援を要する青森県内出身学生
給付額
25万円
人数
4名
募集時期
6月~7月頃(予定)

【給付型】弘前大学基金 弘前大学生活協同組合学生支援金給付事業(全学部共通)

対象
次の各号に掲げる要件を全て満たす者を選考対象者とします。
1.本学の正規の学部学生であること。(申請日時点で休学中の者を除く)
2.令和元年4月以降に、独立行政法人日本学生支援機構(以下「機構」という。)の給付型奨学金に申請したが、家計基準により不採用又は給付停止となった者(令和元年4月以降、本学入学前に予約採用で給付型奨学金に申込み、家計基準により不採用となった者を含む)。
3.機構の貸与型奨学金を利用している者(申請中の者を含む)。
4.申請日の属する年度において、以下の免除及び支援のいずれも受けていない者。
・令和4年度前期授業料免除
・卓越した学生に対する授業料免除
・青森県国民健康保険団体連合会医師修学資金支援事業
・弘前大学医学部附属病院看護学生修学資金
・トヨペット未来の青森県応援事業
・その他、本学で扱う授業料免除及び給付型奨学金
給付額
10万円
人数
30人

【給付型】授業料相当額支援金給付事業(在学生向け)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難であるが、「高等教育の修学支援新制度」への申込み要件を(経済的な理由以外で)満たしていないために同制度の支援を受けられない学部学生
日本人学生(学部在学生)の場合:
(1)令和2年4月以降に本学学部に入学した学部学生であること。(編入学生を含み社会人学生を除く)
(2)最新の「所得課税証明書(内容は令和3年分のもの)」に記載されている本人及び父母(ひとり親世帯の場合は父母いずれか1名)の「市町村民税の所得割額の3人の合計額(ひとり親の場合は2人の合計額)」が51,300円未満であること。加えて、学生本人及び父母の資産額の合計が2,000万円未満(ひとり親の場合は1,250万円未満)であること。(資産には預貯金、株式を含み、動産、不動産を含まない。)
(3)修業年限(医学科は6年間、それ以外は4年間)で卒業できる見込みであること。
(4)令和5年4月入学者については、高等学校卒業時期が2020年(令和2年)3月以前であること。令和4年4月入学者については、高等学校卒業時期が2019年(令和元年)3月以前であること。令和3年4月入学者については、高等学校卒業時期が2018年(平成30年)3月以前であること。令和2年4月入学者については、高等学校卒業時期が2017年(平成29年)3月以前であること。

私費外国人留学生(学部在学生)の場合:
(1)2020年4月以降に本学学部に入学していること。
(2)学生本人及び父母の資産額の合計が日本円に換算して2,000万円未満(ひとり親の場合は1,250万円未満)であること。(資産には預貯金、株式を含み、動産、不動産を含まない。)
(3)「日本国籍を有していない」かつ「法定特別永住者でない」「永住者でない」「永住する意志のある定住者でない」こと。
(4)修業年限(医学科は6年間、それ以外は4年間)で卒業できる見込みであること。
給付額
令和5年度前期分授業料の「全額相当額」又は「3分の2相当額」又は「3分の1相当額」
募集時期
令和5年1月16日(月)~2月21日(火)

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(全学部共通)

対象
本学の学部学生(正規生に限る)で「高等教育の修学支援新制度の支援対象となる要件」を満たしている者。

【給付型】日本学生支援機構奨学金 給付奨学金(家計急変)(全学部共通)

対象
生計維持者(学生の父母等)の死亡や事故・病気による就労困難、失職、災害(※)などにより、家計が急変した学生であって、一定の要件を満たしている者
募集時期
随時
原則として、家計急変事由の発生から3か月以内

【給付型】入学料授業料相当額支援金給付事業(全学部共通)

対象
次の各号の全てに該当する者とします。
(1)令和2年4月以降に本学学部に入学した学部学生であること。(令和5年4月入学者を含む)(編入学生を含み社会人学生を除く)
(2)最新の「所得課税証明書(内容は令和3年分のもの)」に記載されている本人及び父母(ひとり親世帯の場合は父母いずれか1名)の「市町村民税の所得割額の3人の合計額(ひとり親の場合は2人の合計額)」が51,300円未満であること。加えて、学生本人及び父母の資産額の合計が2,000万円未満(ひとり親の場合は1,250万円未満)であること。(資産には預貯金、株式を含み、動産、不動産を含まない。)
また、(1)及び(2)に加えて、以下の(3)か(4)のいずれか(あるいは両方)にも該当していること。
(3)令和5年4月入学者については、高等学校卒業時期が2020年(令和2年)3月以前であること。令和4年4月入学者については、高等学校卒業時期が2019年(平成31年)3月以前であること。令和3年4月入学者については、高等学校卒業時期が2018年(平成30年)3月以前であること。令和2年4月入学者については、高等学校卒業時期が2017年(平成29年)3月以前であること。
(4)「日本国籍を有していない」かつ「法定特別永住者でない」「永住者でない」「永住する意志のある定住者でない」こと。
給付額
令和5年度入学料及び令和5年度前期分授業料の「全額相当額」又は「3分の2相当額」又は「3分の1相当額」
募集時期
「入学手続き時」に申請

【減免型】新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した家庭の学生に対する授業料免除(全学部共通)

対象
新型コロナウイルスの感染症の直接的・間接的な影響で、家計が急変した世帯の学生
本学の正規の学部学生、大学院生であって「国又は地方公共団体が新型ウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者等を対象として実施する公的支援の受給証明書が提出できる家庭の学生」もしくは「新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる家計支持者の令和4年度の所得が令和元年度もしくは令和2年度もしくは令和3年度と比較して2分の1以下になっている家庭の学生」加えて、「日本学生支援機構の給付奨学生に採用されている者(又は、これから(家計急変枠に)申請する者)」であること。
減免額
授業料免除
募集時期
令和5年3月27日(月)~4月21日(金)

【減免型】大学院授業料免除(全学部共通)

対象
文京町キャンパスの学生
大学院医学研究科入学者
大学院保健学研究科入学者
学種
大学院
手続き
必要書類を添えて「入学手続時」に提出

【減免型】大学院入学料の免除(全学部共通)

対象
弘前大学(以下「本学」という。)の学部を卒業し,引き続き本学大学院の修士課程,博士前期課程又は専門職学位課程に入学する者であって,優秀と認められる者
前項に規定するもののほか,次の各号の一に該当する特別な事情により納付が著しく困難であると認められる者
(1) 大学院入学試験合格後において,本学の大学院に入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し,又は本学の大学院に入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
(2) 前号に準ずる場合であって,学長が相当と認める理由がある場合
学種
大学院
手続き
必要書類を添えて「入学手続時」に提出

【減免型】被災学生支援(全学部共通)

対象
東日本大震災や令和4年度以降に災害救助法が適用された災害により被害を受けた家庭の学生
減免額
予算の範囲内において、経済支援(授業料減免)を実施
募集時期
令和5年1月16日(月)~3月3日(金)

【貸与型】弘前大学生活支援奨学金(全学部共通)

対象
一時的に生活が困窮する学生
貸与(総額)
審査の上、必要額を貸与
利子
無利子
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優れ、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、51,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
最短修業年限の終期まで
募集時期
予約採用:入学前(高校等で申請)
在学採用:4月
9~10月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優れ、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、45,000円から選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
最短修業年限の終期まで
募集時期
予約採用:入学前(高校等で申請)
在学採用:4月
9~10月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優れ、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
(修士・博士前期・専門職学位課程)
50,000円又は88,000円
(博士・博士後期課程)
80,000円又は122,000円
利子
無利子
貸与期間
最短修業年限の終期まで
募集時期
予約採用:前年度の10月頃予定
在学採用:4月
9~10月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優れ、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円までの間で選択(10,000円刻み)
利子
利子
貸与期間
最短修業年限の終期まで
募集時期
予約採用:入学前(高校等で申請)
在学採用:4月
9~10月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)予約採用(全学部共通)

対象
人物・学業ともに優れ、経済的理由により著しく修学に困難があり、奨学金の貸与が必要であると認められた者に限ります。
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000・80,000・100,000・130,000・150,000円から選択
利子
利子
貸与期間
最短修業年限の終期まで
募集時期
予約採用:前年度の10月頃(予定)
在学採用:4月
9~10月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

対象
1年次において、第一種奨学金の貸与を受ける者と、入学年月を貸与始期として第二種奨学金の貸与を受ける者
貸与(総額)
100,000・200,000・300,000・400,000・500,000円のうちから選択
利子
利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(第二種)(全学部共通)

対象
家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気若しくは死亡等又は火災、風水害等)で奨学金を緊急に必要とする場合
奨学金の種類
第二種
利子
利子
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(第一種)(全学部共通)

対象
家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気若しくは死亡等又は火災、風水害等)で奨学金を緊急に必要とする場合
奨学金の種類
第一種
利子
無利子
募集時期
随時
学費(初年度納入金)
弘前大学/奨学金
RECRUIT