• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 山形大学
  • 奨学金

国立大学/山形

ヤマガタダイガク

【給付型】いわて産業人材奨学金返還支援制度(全学部共通)

対象
・日本学生支援機構の奨学金(一種・二種)の貸与を受けており、将来返還予定であるか、または返還中であること。
・理工系の学位を取得予定または取得済みの者。
・学部3年生以上または修士課程1年生以上。
・岩手県内の対象企業編の就職を希望する者。
給付額
最大250万円,奨学金の返還を助成(詳細は「いわて産業人材賞雅楽金返還支援制度」で検索)。

【給付型】山形県若者定着奨学金返還支援事業(全学部共通)

対象
・大学院修士課程または学部2年生以上。
・日本学生支援機構第一種、第二種奨学金、もしくは県内市町村奨学金の貸与を受けている者。
・卒業後6ヶ月以内に山形県内に居住し、3年以上継続する見込みがあること。
給付額
対象分野に就職した場合、最大124万8千円を支援。

【給付型】山形大学 YU Do Best 奨学金(全学部共通)

対象
奨学生選考の対象者
1.次年度に学部3年生(医学部医学科は5年生)となる山形大学の学生であること
2.成績・人物共に優秀であること
給付額
1人月額30,000円(年額360,000円)2年間
人数
毎学年10名程度

【給付型】山形大学エリアキャンパスもがみ土田秀也奨学金(全学部共通)

対象
・学業が極めて優秀であること
・経済的理由で進学が困難な学生であること
・山形県最上地区の高等学校等を卒業した方または卒業見込みの方で、最上地区の発展に強い意欲を有する方。
給付額
1人月額40,000円(年間480,000円)
4年で1,920,000円(医学部医学科学生は6年間で2,880,000円)
人数
毎年度1人の学部入学者を対象

【給付型】山形大学山澤進奨学金(全学部共通)

対象
奨学生の対象者
・学業が極めて優秀であること
・経済的理由で進学が困難な学生であること
・奨学生の出身地は山形県に限定しないが、卒業後4年間は山形県内で働くことを条件とします。
給付額
1人月額50,000円(年間600,000円 4年で2,400,000円)
(医学部医学科学生は6年間で3,600,000円)
人数
最大6人

【給付型】秋田県内就職者向け奨学金(全学部共通)

対象
・日本学生支援機構の奨学金または秋田県育英会の奨学金の貸与を受けた方。
・平成29年4月1日以降に秋田県内に居住し、同県内で就労していること。
奨学金の種類
返還助成
給付額
最長3年間、年返還額の2/3を助成(上限13万3000円/年)。
・特定業種に就職する方に対しては、最長3年間、年返還額の10/10(上限20万円/年)を助成。

【減免型】授業料免除制度(全学部共通)

対象
本学の学生(国費外国人留学生,外国政府派遣留学生,科目等履修生,研究生等を除く)で,次のいずれかに該当する場合を対象とします。
A.授業料納期前6ヶ月(新入学者については1年)以内において,本人の学資を主として負担していた方が死亡し,授業料の納付が困難な場合
B.授業料納期前6ヶ月(新入学者については1年)以内において,本人若しくは学資負担者が風水害等の被害を受け,授業料の納付が困難な場合
C.経済的理由によって授業料の納付が困難であり,かつ,学業成績優秀と認められる場合
ただし,上記事由に該当する場合でも,以下の者は申請ができません。
・申請期の前の期分までの授業料が完納されていない者
・すでに当該期分の授業料を納付済みの者
・正規の修業年限を超えた者
・懲戒処分を受けた者
・故意又は重大な過失にる虚偽の申請を行った者
手続き
・授業料免除申請は、前期・後期各期ごとに手続きが必要です。
・授業料免除申請希望者は、事前に担当窓口で願書を受け取り、前期及び後期の指定された期間内に、所定の願書を学生センター学生課奨学担当又は所属学部の担当窓口に提出しなければなりません。
→担当窓口
・授業料免除の願書には、市区町村長等の証明書等を添付しなければなりません。
・授業料免除申請者は、決定の公示があるまで授業料の徴収が猶予されていますので、授業料を納付しないでください。

【減免型】入学料免除・入学料徴収猶予制度(全学部共通)

対象
本学に入学または編入学する者(国費外国人留学生、外国政府派遣留学生、科目等履修生、研究生等を除く。)で、次のいずれかに該当する場合を対象とします。
a.入学前1年以内において、本人の学資を主として負担していた方が死亡し、入学料の納付が著しく困難な場合
b.入学前1年以内において、本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、入学料の納付が著しく困難な場合
c.経済的理由により入学料の納付が著しく困難であり、かつ学業優秀と認められた場合(各種ローン返済、負債等は入学料免除に係る経済的理由とは認められません。)
ただし、上記事由に該当する場合でも入学料を納付済みの場合は申請できません。
手続き
・入学料免除又は入学料徴収猶予の申請希望者は、事前に担当窓口で申請書を受け取り、指定された期間内に提出しなければなりません。
→担当窓口
・入学料免除又は入学料徴収猶予の申請書には、市区町村長等の証明書等を添付しなければなりません。
・入学料免除又は入学料徴収猶予申請者は、決定の公示があるまで入学料の徴収が猶予されていますので、入学料を納付しないでください。

【貸与型】山形大学修学支援事業学生支援奨学金(全学部共通)

対象
本学の学部、大学院の正規学生
貸与(総額)
5万円を単位として30万円を上限
返還詳細
返還回数:一括又は分割(12回を限度とする)払いとし、大学が発行する「請求書」に基づき返還してください。 なお、分割払いはいつでも繰り上げ返還することができます。/ 返還期間:貸与翌月から1年以内
利子
無利子
募集時期
随時
備考
返還方法は、一括又は分割(12回を限度とする)払いとし、大学が発行する「請求書」に基づき返還してください。 なお、分割払いは、いつでも繰り上げ返還することができます。
・返還の猶予について
奨学金の貸与を受けた方が、風水害等の災害、疾病等やむを得ない事由により返還が困難になった場合は、願出により奨学金の返還を猶予することがあります
・その他
予算額を越えた場合には貸与を中止します。

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者を対象
奨学金の種類
一種
貸与(総額)
月額3万・5.1万
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
4月初旬

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者を対象
奨学金の種類
二種
貸与(総額)
月額3・5・8・10・12万から選択
利子
利子
募集時期
4月初旬

【貸与型】日本学生支援機構奨学金(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難な者を対象
奨学金の種類
一種
貸与(総額)
月額3万or4.5万
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
4月初旬
学費(初年度納入金)
山形大学/奨学金