• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 大同大学
  • 先生・教授一覧
  • 船橋 仁奈 准教授(一級建築士)

こんな先生・教授から学べます

人々が共有できる価値観を発見・創出する先生

一級建築士
工学部 
船橋 仁奈 准教授
先生の取組み内容

私たちの日常を取り巻く風景の中には、気づかないだけで新しい価値を生み出すヒントがたくさん潜んでいます。私は、少し見方を変えてその「気づき」を明らかにし、そこに価値を見出したり、何をどうデザインしたらその「気づき」を多くの人と共有できるかを検証しています。そんな中、学生には気づく大切さを伝えるようにしています。例えば、ある学生は自分の生まれ育った街は魅力がないといいます。でもそこは写真家の作品になるほどの街。そこで「作品になり得るのは何故?」から探ってみると、気づかなかった何かが必ず見えてきます。また、街の景観委員をしていて感じるのは、活気ある街は、そこに関わる人々が街に対して多様な価値観を自ら見出そうとしていること。私はその価値を共有するきっかけとなるモノやコト、デザインを大切にしています。

先生の作例:日本空間デザイン賞で銀賞を受賞した「パサージュのある事務所の改修」photo(C)谷川ヒロシ

授業・ゼミの雰囲気

イタリアのミラノ工科大学との合同授業や、実際の設計プロジェクトにも参加できる実践的な学びを展開

建築設計4・インテリア設計4では、イタリアのミラノ工科大学との共通課題「C-Scape」に取り組んでいる。2019年度の課題は、2026年にミラノで開催される「冬季オリンピック選手村の設計」。2007年から始まったミラノ工科大学との合同授業では、インターネットを介して話し合える環境も整い、希望する学生はミラノ工科大学で開催される合同講評会にも参加できる。ゼミでは研究室のリノベーションをゼミ生で行なったり、先生が設計を手がけるプロジェクトに参加。楽しみながら多く学び、実務経験も積める取り組みが学生たちに人気だ。

ゼミでは各自が自分たちでテーマを決めて制作に取り組む。何が課題かに気づくことが制作の第一歩

キミへのメッセージ

第一線で活躍する教員が揃っているから、実践的なスキルを楽しく学べます!

あらゆる分野の知識や経験が、建築やインテリアのデザインソースとなります。船橋研究室では、毎年海外へ渡航し、数多くの経験を積む機会を設けています。大同大学で新たな経験や学びの時間を共有しましょう。

船橋 仁奈 准教授

「専門分野」建築設計、空間・インテリアデザイン
大学院修了後、渡英。株式会社シーラカンス アンド アソシエイツを経て、2012年NI&Co.Architects 一級建築士事務所を共同設立。2017年より同大准教授。設計・監理を行った『パサージュのある事務所の改修』が「日本空間デザイン賞」オフィス部門で銀賞、「グッドデザイン賞2019」を受賞したほか、『PIANO HOUSE K.448』では英国のデザイン賞「WAN AWARDS 2017」で入選を果たした。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大同大学(私立大学/愛知)