• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福岡
  • 中村学園大学
  • 奨学金

【給付型】卒業生子女奨学金(全学部共通)

対象
祖父母・父母で二世代以上連続して下記の学校を卒業した者の子女で、三世代目として本学に在学中の学生・生徒
対象校は下記となります。
福岡高等栄養学校(昭和29年4月開校)
中村栄養短期大学(昭和32年4月開校)
中村学園短期大学(昭和42年4月~)
中村学園大学短期大学部(平成10年4月~)
中村学園大学(昭和40年4月開校)
中村学園大学大学院(平成2年4月開設)
中村学園女子高等学校(昭和35年4月開校)
中村学園女子中学校(平成4年4月開校)
中村学園三陽高等学校(昭和61年4月開校)
中村学園三陽中学校(昭和63年4月開校)
給付額
年額240,000円
各学校の修業年限を支給期間とします

【給付型】大学院一般教育訓練給付指定(全学部共通)

対象
雇用保険の被保険者期間が3年以上ある方(過去に給付制度を利用したことがない方は1年以上)で、大学院修士課程(博士前期課程)に入学し修了した方。
※教育学研究科社会人修士課程1年制は、講座の指定を受けていません。
学種
大学院
給付額
授業料等の一定の割合に相当する額〔納付金(入学金、授業料)の20%。但し、上限10万円〕

【給付型】大学同窓会奨学金 リーダー的人材育成のためのスポーツ・文化活動の向上の目的に基づく奨学金(全学部共通)

対象
中村学園大学に在籍する学生及び学内の団体のうち、大学同窓会が認定した学業成績を収めた者、または大学同窓会が認定した各大会等で優秀な成績を収めた個人または団体
選考基準(活動成績等)
評価A
(1) オリンピック出場
(2) 世界大会出場(スポーツ・文化)
評価B
(1) 全国大会1位
(2) 日本代表に選出
(3) 文化活動における全国的な大会での優勝、およびそれに匹敵する国からの表彰
評価C
(1) 全国大会2位
(2) 文化活動における全国的な大会での準優勝、およびそれに匹敵する国からの表彰
(3) 地域貢献や地域連携を目的とした学習活動、ボランティアおよびその他の活動において、新聞に記事として大学名とともに掲載され、大学の名声を高める業績をあげたもの
評価D
(1)九州大会1位
(2)全国大会3位
(3)日本代表選考会に選出・参加
(4)スポーツ、文化、ボランティアおよび地域貢献や地域連携を目的とした学習活動において、優れた取組状況であり、更なる発展が期待されるもの
給付額
評価A: 1人・1団体につき300,000円
評価B: 1人・1団体につき200,000円
評価C: 1人・1団体につき150,000円
評価D: 1人につき50,000円 1団体につき100,000円
備考
注1)各評価(A~D)とも、いずれかの項目を満たす個人または団体とする。
注2)上記の活動成績等は、個人または学内の団体で参加したものとする。
  ただし、評価Dにおいては、学外の団体に所属し参加したものも含める。
  (※この場合の給付金額は、1人当りの金額とする。)
注3)基本的に学外機関が行う大会や行事に参加したものとする。

【給付型】大学同窓会奨学金 リーダー的人材育成のための勉学奨励の目的に基づく奨学金(全学部共通)

対象
中村学園大学に在籍する学生及び学内の団体のうち、大学同窓会が認定した学業成績を収めた者、または大学同窓会が認定した各大会等で優秀な成績を収めた個人または団体
選考基準
次の項目を全て満たし、中村学園大学学長が推薦する者とする。
(1)大学4年次に在籍し、3年次までの総合GPAが上位25%以内の者
(2)翌年度4月に中村学園大学大学院に進学予定の者
給付額
1人につき200,000円
人数
原則として各学部1名、合計3名

【給付型】中村学園大学 大学院奨学金(全学部共通)

対象
本学卒業生
学種
大学院
給付額
入学金の全額

【給付型】中村学園大学同窓会奨学金(全学部共通)

対象
中村学園大学大学院(博士後期課程は除く)に進学する優秀な中村学園大学生
学種
大学院
給付額
200,000円

【給付型】特別給付奨学金(全学部共通)

対象
本学大学・短期大学部に在籍する学生のうち、天災地変による被災や破産、事故などにより生計を維持する者の家計が急変し、経済的理由のため修学が困難となった者
・生計を維持する者の失職、破産、事故、病気、死亡、災害等により家計が急変したことを証明できること
・原則として、申請時における総合GPAが下位20%以下に該当せず、且つ、原級留置が確定していないこと
・家計急変事由から6か月以内であること
・学則による懲戒処分を受けていないこと等
給付額
授業料の半額相当

【給付型】特別研究費(全学部共通)

対象
大学院生が修士論文または博士論文を作成するための経費
学種
大学院
給付額
栄養科学研究科
博士前期課程:200千円(年額)
博士後期課程:280千円(年額)別途学会旅費80千円あり
教育学研究科 修士課程:130千円(年額)
流通科学研究科 修士課程:130千円(年額)

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
住民税非課税世帯、およびそれに準ずる世帯の学生
減免額
・授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)
・給付型奨学金

【貸与型】後援会奨学金(全学部共通)

対象
人物・成績ともに良好であり、家庭の経済的事情が急変し学業の継続が困難となったもの
貸与(総額)
他の奨学金をうけていない者は、前学期または、後学期納付金の全額
他の奨学金を受けている者は、前学期または、後学期納付金の半額を限度
備考
家計急変時の場合、まずは、学生部へ相談してください

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用(全学部共通)

対象
家計支持者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡、火災・風水害等による家計急変時により、奨学金が必要となった場合
奨学金の種類
第二種
募集時期
随時
家計急変発生時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用(全学部共通)

対象
家計支持者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡、火災・風水害等による家計急変時により、奨学金が必要となった場合
奨学金の種類
第一種
募集時期
随時
家計急変発生時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難であり、優れた学生
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円又は88,000円内
利子
無利子
募集時期
毎年4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年(学年指定の場合有)
人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な者
選考基準(1)学力
1年生:高校または専修学校高等課程2・3年生の成績が3.5以上
2年生以上:所属学部・学科の上位1/3位内
選考基準(2)家計
家計支持者(父母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者)の年収・所得金額から規程で定められた特別控除額(家族構成・家庭事情等により異なる)を差し引いた金額が、定められた収入基準額以下であることが必要。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年(学年指定の場合有)
人物・学業ともに特に優れ、経済的理由により著しく修学困難な者
選考基準(1)学力
1年生:高校または専修学校高等課程2・3年生の成績が3.5以上
2年生以上:所属学部・学科の上位1/3位内
選考基準(2)家計
家計支持者(父母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者)の年収・所得金額から規程で定められた特別控除額(家族構成・家庭事情等により異なる)を差し引いた金額が、定められた収入基準額以下であることが必要。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
経済的理由により修学が困難であり、優れた学生
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択
利子
利子
募集時期
毎年4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
全学年(学年指定の場合有)
人物・学業ともに優れ、経済的理由により困難な者
選考基準(1)学力
出身学校または、在籍する学校における成績が平均水準以上とみとめられるもの
選考基準(2)家計
家計支持者(父母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者)の年収・所得金額から規程で定められた特別控除額(家族構成・家庭事情等により異なる)を差し引いた金額が、定められた収入基準額以下であることが必要。
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円~120,000円(10,000円単位)から選択
利子
利子
募集時期
4月
学費(初年度納入金)
中村学園大学/奨学金