• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 宮城
  • 東北学院大学
  • 奨学金

東北学院大学の奨学金

【給付型】TCS奨学会(全学部共通)

対象
情報系の学科に在籍している学生で、日本国籍を有し2021年4月時点で大学2年生から4年生又は大学院1年生から2年生に進級見込である者
給付額
50,000円/月
募集時期
12月

【給付型】クロサワ育成財団(全学部共通)

対象
経済的事情により修学が困難で学資の支弁が困難と認められる学部学生、大学院生(2023年3月卒業見込み者を除く。ただし、大学院進学予定の者は対象に含む)
給付額
年間360,000円
募集時期
9月30日

【給付型】江頭ホスピタリティ奨学金(全学部共通)

対象
外食産業・観光産業などホスピタリティ産業に興味がある学部学生
給付額
20,000円/月
募集時期
9月

【給付型】江頭ホスピタリティ奨学金(震災給付)(全学部共通)

対象
東日本大震災のため学業の継続に困難をきたしており、外食産業・観光産業などホスピタリティ産業に興味がある学部生
給付額
25,000円/月
募集時期
9月

【給付型】高等教育の修学支援新制度 家計急変学生対象 給付奨学金(全学部共通)

対象
生計維持者の死亡や非自発的失業など特定の理由による家計急変の場合
募集時期
通年
家計急変の事由が発生したときから3カ月以内に申し込む必要があります(家計急変の事由が入学の前々年の1月以降に発生していた場合は、入学月から3カ月以内[6月末まで]に申し込む必要があります)

【給付型】大学女性協会 一般奨学生(全学部共通)

対象
大学院に1年以上在籍している女子学生で、学業人物ともに優れた者
学種
大学院
給付額
200,000円/月
募集時期
8月19日

【給付型】大学女性協会 社会福祉奨学生(全学部共通)

対象
学部・大学院に1年以上在籍している女子学生で、身体に障害があり、かつ学業人物ともに優れた者
学種
大学
給付額
100,000円/月
募集時期
8月19日

【給付型】大学女性協会 社会福祉奨学生(全学部共通)

対象
学部・大学院に1年以上在籍している女子学生で、身体に障害があり、かつ学業人物ともに優れた者
学種
大学院
給付額
200,000円/月
募集時期
8月19日

【給付型】東北学院大学給付奨学金(全学部共通)

対象
全学年の学部学生及び大学院学生で学業成績・人物ともに優良であり、経済的困窮度が高く、修学困難な学生
給付額
150,000円
給付期間:半期〔前期と後期どちらも受給可能(前期採用者も後期申請は必要)〕
人数
前期200名、後期200名
募集時期
前期は4月、後期は9月
備考
高等教育の修学支援新制度(日本学生支援機構給付奨学金、授業料等減免)を年度内に受けている場合でも、停止中の期間は受給可能
東北学院大学予約型入学時給付奨学金〈LIGHT UP奨学金〉受給者は、東北学院大学給付奨学金の前期は受給不可だが、後期150,000円の受給が可能

【給付型】東北学院大学緊急給付奨学金(全学部共通)

対象
全学年の学部学生及び大学院学生で家計支持者の死亡・疾病・失業(定年退職を除く)等により家計状況が急変して修学困難な学生
給付額
当該学期に納付すべき授業料に相当する額
在学中1回のみ
募集時期
家計が急変した事由が発生したときから、1年以内である場合
備考
緊急給付奨学金の申請にあたり、家計急変前と家計急変後の収入に関する証明に加え、家計急変の事由に関する証明書類の提出が必要です

【給付型】東北学院大学予約型入学時給付奨学金〈LIGHT UP奨学金〉(全学部共通)

対象
本学入学者(編入学者及び大学院入学者を除く。)で、経済的困窮状態にあるため修学が困難な方。
※家計支持者(父母または父母に代わって家計を支える人)の年間の収入・所得金額から家庭事情等による特別控除額を差し引いた金額が、定められた収入基準額以下であること。
給付額
入学年度に当該学生が納入すべき入学手続時の学生納付金額(諸会費は除く、入学時納付金額)
給付期間:入学時及び入学年度の前期
人数
学部学科を問わず60名以内
募集時期
Ⅰ期:2022年9月20日(火)~10月11日(火)
Ⅱ期:2022年12月1日(木)~12月22日(木)

【給付型】特待生および優等生制度(全学部共通)

対象
建学の精神を理解し、学業成績が特に優秀な学生
給付額
特待生:30万円、優等生:10万円

【給付型】読売育英奨学会(全学部共通)

対象
1・2年生(学部指定なし)
住み込みで朝刊の新聞配達と集金業務、事務処理などの仕事を行う。住まいは無料で冷暖房完備個室を提供。
給付額
卒業までの学費を立替。年間最大100万円の支援分は返済免除。
学費の立替のほか、毎月約10万円の給与あり。
給付期間:2022年4月から最短修業年限
募集時期
11月

【給付型】日本教育文化財団 育英奨学金(全学部共通)

対象
学業、人物ともに優秀であって、学資の支弁が困難な新1年生の学部学生
給付額
20,000円/月
募集時期
4月

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
1.家計に係る基準
所得要件:住民税非課税世帯及びそれに準じる世帯の学生等
資産要件:本人及び生計維持者の預貯金、有価証券、現金等の資産(土地等の不動産は含まない。)の合計額が基準額(生計維持者が1人の場合 1,250万円、2人の場合 2,000万円)未満であること
2.学業成績に係る基準
学業成績等に係る基準は以下のとおりです。ただし、以下の基準を満たしても、適格認定における成績の基準において「廃止」に該当する場合は、支給対象外となります。
1年生:次のいずれかに該当すること
ア.高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2以上の範囲に属すること
イ.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
ウ.将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
2年生以上:次のいずれかに該当すること
ア.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
イ.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
世帯の所得金額に基づく区分
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
給付奨学金支給額(月額)
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
授業料減免額
第Ⅰ区分:350,000円(前期減免額)・350,000円(後期減免額)
第Ⅱ区分:233,400円(前期減免額)・233,300円(後期減免額)
第Ⅲ区分:116,700円(前期減免額)・116,700円(後期減免額)
入学金減免額
第Ⅰ区分:260,000円
第Ⅱ区分:173,400円
第Ⅲ区分:86,700円
※入学金の減免は、新入生のみ対象(入学時のみ)となります。
自宅・自宅外の別
自宅外

【減免型】高等教育の修学支援新制度(全学部共通)

対象
1.家計に係る基準
所得要件:住民税非課税世帯及びそれに準じる世帯の学生等
資産要件:本人及び生計維持者の預貯金、有価証券、現金等の資産(土地等の不動産は含まない。)の合計額が基準額(生計維持者が1人の場合 1,250万円、2人の場合 2,000万円)未満であること
2.学業成績に係る基準
学業成績等に係る基準は以下のとおりです。ただし、以下の基準を満たしても、適格認定における成績の基準において「廃止」に該当する場合は、支給対象外となります。
1年生:次のいずれかに該当すること
ア.高等学校等における評定平均値が3.5以上であること、又は、入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2以上の範囲に属すること
イ.高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
ウ.将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
2年生以上:次のいずれかに該当すること
ア.GPA(平均成績)等が在学する学部等における上位1/2の範囲に属すること
イ.修得した単位数が標準単位数以上であり、かつ、将来、社会で自立し、活躍する目標を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書等により確認できること
世帯の所得金額に基づく区分
【第Ⅰ区分】本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
【第Ⅱ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
【第Ⅲ区分】本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
減免額
給付奨学金支給額(月額)
第Ⅰ区分:38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:12,800円(14,200円)
※生活保護(受けている扶助の種類は不問。)を受けている生計維持者を同居している人及び進学後も児童養護施設等から通学する人は、カッコ内の金額となる。
授業料減免額
第Ⅰ区分:350,000円(前期減免額)・350,000円(後期減免額)
第Ⅱ区分:233,400円(前期減免額)・233,300円(後期減免額)
第Ⅲ区分:116,700円(前期減免額)・116,700円(後期減免額)
入学金減免額
第Ⅰ区分:260,000円
第Ⅱ区分:173,400円
第Ⅲ区分:86,700円
※入学金の減免は、新入生のみ対象(入学時のみ)となります。
自宅・自宅外の別
自宅

【貸与型】茨城県奨学生(全学部共通)

対象
保護者が茨城県内に居住しており、経済的理由により修学困難な学部学生
貸与(月額)
40,000円
利子
無利子
募集時期
4月

【貸与型】交通遺児育英会(全学部共通)

対象
保護者等が道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害で働けないため、経済的理由で修学が困難な学部学生、大学院生(申込時25歳まで)
学種
大学
貸与(月額)
40,000円、50,000円、60,000円から選択(うち20,000円は給付)
返還詳細
返還期間:20年以内
利子
無利子
貸与期間
最短修業年限
募集時期
2022年10月31日(月)

【貸与型】交通遺児育英会(全学部共通)

対象
保護者等が道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害で働けないため、経済的理由で修学が困難な学部学生、大学院生(申込時25歳まで)
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円、80,000円、100,000円から選択(うち20,000円は給付)
返還詳細
返還期間:20年以内
利子
無利子
貸与期間
最短修業年限
募集時期
2022年10月31日(月)

【貸与型】秋田県育英会(全学部共通)

対象
秋田県出身で2020年4月に入学した高校卒業後3年以内の学部1年生
貸与(月額)
50,000円
利子
無利子
募集時期
8月

【貸与型】新潟県奨学金(全学部共通)

対象
保護者が新潟県内に居住しており、経済的理由により就学が困難と認められる学部学生
貸与(月額)
51,000円
利子
無利子
募集時期
6月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 応急採用第二種奨学金(全学部共通)

対象
家計が急変した事由が発生したときから、1年以内である場合
奨学金の種類
第二種
利子
利子
貸与期間
貸与始期:家計急変の事由が発生した月~2023年3月の間で希望する月
貸与終期:卒業予定期
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 緊急採用第一種奨学金(全学部共通)

対象
家計が急変した事由が発生したときから、1年以内である場合
奨学金の種類
第一種
利子
無利子
貸与期間
貸与始期:家計急変の事由が発生した月~2023年3月の間で希望する月
貸与終期:2023年3月(継続可)
募集時期
随時

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
1)学力基準
1年生:
1.高校または専修学校高等課程最終2ヵ年の成績が3.5以上の者
2.高等学校卒業程度認定試験合格者で上記に準ずる者
2年生以上:本人の属する学科の上位1/3以内の者
2)家計基準
父と母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者の収入額(1月~12月)から控除額を差し引いた額が、日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円・30,000円・40,000円・50,000円または64,000円のいずれかを選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
優秀な学生で経済的理由のため修学困難な者
奨学金の種類
第一種
学種
大学院
貸与(月額)
博士課程前期:50,000円または88,000円のいずれかを選択
博士課程後期:80,000円または122,000円のいずれかを選択
利子
無利子
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
1)学力基準
1年生:
1.高校または専修学校高等課程最終2ヵ年の成績が3.5以上の者
2.高等学校卒業程度認定試験合格者で上記に準ずる者
2年生以上:本人の属する学科の上位1/3以内の者
2)家計基準
父と母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者の収入額(1月~12月)から控除額を差し引いた額が、日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること。
奨学金の種類
第一種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円・30,000円・40,000円または54,000円のいずれかを選択
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
1)学力基準
1.出身学校または大学での成績が平均水準以上と認められる者
2.特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる者
3.学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
4.高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者
2)家計基準
父と母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者の収入額(1月~12月)から控除額を差し引いた額が、日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること。
奨学金の種類
第二種
学種
大学
貸与(月額)
20,000円から120,000円のうち1万円単位で希望月額を選択
利子
利子
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
1)学力基準
1.出身学校または大学での成績が平均水準以上と認められる者
2.特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる者
3.学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
4.高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者
2)家計基準
父と母双方の収入、またはこれに代わって家計を支えている者の収入額(1月~12月)から控除額を差し引いた額が、日本学生支援機構の定める収入基準額以下であること。
奨学金の種類
第二種
学種
大学院
貸与(月額)
50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円の中から希望月額を選択
利子
利子
募集時期
4月

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(全学部共通)

利子
利子
貸与期間
1回のみ
募集時期
定期採用:1年次(編入年次)の4月
緊急採用・応急採用:1年次(編入年次)の随時

【貸与型】東北学院大学キリスト教伝道者養成奨学金(文学部/総合人文学科)

対象
総合人文学科のキリスト教伝道者として献身する意思が強固である全学年の学生
貸与(総額)
授業料の全額または一部
利子
無利子
貸与期間
採用された年の1年間

あおもり若者定着奨学金返還支援制度

やまがた就職促進奨学金返還支援事業【やまがた若者定着枠】

やまがた就職促進奨学金返還支援事業【産業人材確保枠】

三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業

山元町奨学生緊急支援金

山口県高度産業人材確保事業奨学金返還補助制度

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

徳島県奨学金返還支援制度

福島県の将来を担う産業人材育成のための奨学金返還支援事業

学費(初年度納入金)
東北学院大学/奨学金
RECRUIT